2週間でゼロから仕上げる ネットワークスペシャリスト 試験「過去問と解答例で知識をつける」


2019-10-09 公開

まだ間に合うか?

まずは “まだ何の対策もしていない人” ...

受験申し込みはしたものの、いろんな理由で対策が進んでない人...

そんな境遇の人でも受験する価値があるのかどうか?そこを考えていきましょう。

日頃の業務内容や知識による難易度と合格の可能性

ネットワークスペシャリスト試験の受験生は、通常、次のような感じではないでしょうか?

  1. ネットワークスペシャリストとして仕事をしている
  2. ネットワークに興味があって日頃から日経NETWORKのような雑誌を読んでいる
  3. 上記には該当しないが、しっかりと学習が進んでいる。もしくは同等の知識がある

しかし、上記のいずれでもない場合、残念ですが今から挽回する “魔法” はありません。きっぱりと諦めましょう。

しかし、そうではない場合、合格する可能性は十分あるので、ラストスパートをして、残りの期間、合格に向けて頑張っていきましょう。

ネットワークスペシャリスト試験は “知識” 次第

ネットワークスペシャリスト試験(午後Ⅰ・午後Ⅱ)の解答例を改めて見てみてください。何年度のどの問題でも構いません。

記述式特有の 40 字前後で求めている解答が少ない ことに気付くでしょう。

つまり、知識が問われていることが多いので、ざっくり言うと “知っているか” 、”知らないか” によって合否が別れる試験区分だと言えるでしょう。

 

同じテクニカル系でも、データベーススペシャリスト試験のように “解答手順” であったり、情報処理安全確保支援士試験のように “国語力” であったりするのとは違います。

これから準備をする人、準備をしっかりしてきた人

したがって、これから準備をする人も、これまでしっかり準備をしてきた人も、現時点での知識の量を確認することが、これからの最終チェックになります。

そういう意味では、最も試験らしい試験だと言えるかもしれません。

(1)確認する過去問題

まずは、過去問題で “知識の量” を確認 することをお勧めします。

 

少なくとも平成 21 年度~平成 30 年度までの 10 年間の問題には目を通しておきたいところです。

そこからできれば溯って、平成 16 年度までの問題に目を通しておけば万全です。それでも 15 年分ですからね。

 

その結果、難しく感じたのであれば、レベル2(基本情報技術者試験)やレベル3(応用情報技術者)にいったん戻ってもいいでしょう。

応用情報技術者試験 午後対策
ネットワーク編 「過去問を使って知識を増やす」

(2)解答例を見て優先順位を付ける

とはいうものの、過去 15 年分の問題をひとつひとつチェックしていくには、それ相応の時間が必要になります。

しかも、知らないことが多い場合には、そこから調べたり、覚えたりするので、さらに時間が必要になります。そうなると、場合によっては全範囲に目を通す時間が無いかもしれません。

 

そこで、必要になるのが優先順位を付けることなのですが、そもそも優先順位を付けるには問題文を読まなければなりません。

 

そこで、直前対策としておススメなのは、解答例に目を通して優先順位を付ける 方法です。

解答例の出題趣旨を読めばテーマとポイントが確認できるし、解答で使われている単語などを見れば、知っていること知らないことの切り分けもできるはずです。

 

そこで優先順位を付けて、気になる問題から仕上げていきましょう。

(3)専門書を読む

最後になりますが、最も効果がある対策こそ、試験対策から離れて実務で使う専門書を読むことです。

ネットワーク機器のマニュアルでもいいし、ネットで検索するもよし。会社にバックナンバーがあるのなら日経 NETWORK や、そのネット記事の日経xTECH がいいでしょう。特に特集記事は参考になります。

 

筆者の場合、過去に 2 回ネットワークスぺシャリスト試験を受験していますが、いずれも特に試験対策はしていません。

もちろん過去問題に目は通していますが、それは試験対策講座を開催したり、こういう記事を書いたりするためのもので、試験の合格を目指してのものではありません。

 

以前、会社勤めをしていた頃に、一時、ネットワークの部署にいたことがあり、その時から日経 NETWORK をずっと定期購読しています。

試験対策としてはそれだけなのですが、受験した時に、全く見たことのない問題はほとんどありませんでした(忘れていたり、ミスが入ったりで点数は落としていましたが)。

それぐらい有効なんですね。

 

したがって、ある程度「どんな問題が出るのか?」知っている場合には、残りの期間、日経 NETWORK(日経xTECH)を読み漁るというのも効果的でしょう。

詳しくは,午後Ⅰ・午後Ⅱの対策のところに書いています。

午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱ 分野別対策記事に!

さぁ、それでは以上の内容を踏まえて、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱの個別時間区分のチェックにいきましょう。

 

label ネットワークスペシャリスト 対策記事一覧 [令和元年]

ネットワークスペシャリスト試験ガイド 難易度や合格のしやすさ | 令和元年 秋期試験にむけて

ネットワークスペシャリスト試験の過去問から見た特徴と対策

ネットワークスペシャリスト 試験 15分の動画でわかる午後の勉強法

label 関連タグ labelネットワークスペシャリスト』の [ 人気 / 最新 ] 記事 label 著者

ご案内

"教育担当者" 向け
Web マガジン
配信中!

人気記事

タグ一覧