ITストラテジスト 試験の特徴と難易度


2020-12-18 公開

この資格は、情報処理技術者試験 13 区分の最高峰だと言われています。それは、プログラマからシステムエンジニア、プロジェクトマネージャと経験して、最後に到達するのが、この IT コンサルタントという位置だからかもしれません。平成 6 年に “システムアナリスト” として初めて登場したその時から、ずっとトップを走っている資格のひとつです。

受験者層

前述の通り、情報処理技術者試験の中でも最高峰だという位置付けで考えられているため、受験生のレベルは相対的に高いという特徴を持っています。

特に、春期試験( 2019 年までは秋期試験)の論文系試験(午後Ⅱが論述式の試験)が、開発者向けのシステムアーキテクトと運用者向けの IT サービスマネージャなので、どちらかに合格した人が少なくありません。あるいは、秋期試験( 2019 年までは春期試験)のプロジェクトマネージャやシステム監査技術者に合格していたり、他の高度系の合格者であったりすることも。ゆえに、高度系複数区分合格者の間での戦いというイメージがあります。

その一方で、例年、実際にコンサルタントとして活動している受験生は多くありません。いつもは開発を担当している SE や PM が、自分の未来への投資的に受験するケースの方が多いという印象です。したがって、 IT ストラテジストとしては “未経験” の受験生の間での戦いだという構図もあります。

難易度

前述の通り、受験生の “情報処理技術者試験高度系区分” に関するレベルが高いため、情報処理技術者試験の中でも相対的にとても難しい試験です。

しかし、他の多くの試験区分と違って、未経験者でも、経験を知識で補うことで合格を手に入れることは可能です。

逆に、経験者でも、準備を怠れば簡単には受からない試験だと言えるでしょう。

合格に必要な対策の概要

この試験の最大の特徴は、しっかりと準備することで合格できる確率がグンと高くなる点です。

午後Ⅰや午後Ⅱは「時間との闘い」です。実務経験が豊富で論文ネタには困らなくても、あるいは、十分な知識があったとしても、制限時間内に解答できなければ合格できません。経験者も未経験者も…自分の解答速度を確認しながら、時間内に解くことが難しければ、本番までに「時間内で解く方法」を練習しておかなければなりません。

特に、この IT ストラテジストには “王道の解き方” というものがあります。それを理解して習得すれば、 “容易に” とまでは言いませんが、比較的簡単に合格レベルの答案にすることができます。

後は、次の知識が必須になります。経験者は知識の棚卸しを、未経験者は知識の習得をしておきましょう。

  1. 経営戦略立案プロセス
  2. BSC (バランススコアカード)と代表的な KPI
  3. 投資効果( 1. + 2. )
  4. 個別システムではなく、中長期で複数システム、インフラ、情報システム部を総合的に視た経験や相応の知識

これらの知識を基礎知識と定義し会得した上で、 IT ストラテジスト特有の “午後Ⅰの問題を時間内に解くための手順” をマスターし、午後Ⅱ(論文)の準備(主に情報収集)をしていくのが、合格に必要な対策になります。

これまでの情報処理技術者試験のキャリアが活かせるか?

最後に、これまでの情報処理技術者試験のキャリアが活かせるかどうかを説明しておきます。情報処理技術者試験を “点” ではなく “線” で考えている人は参考にしてください。

過去の受験区分 合格しやすさとおススメ度
(1)
AUシステム監査技術者

(2)
PMプロジェクトマネージャ

(3)
SAシステムアーキテクト

(4)
SMIT サービスマネージャ

(合格しやすさ:★★おススメ度:★★★

これらの 4 区分(論文系の他の試験)からは、次のステップとして IT ストラテジスト試験を受験するのが王道になります。午後Ⅱ論文の基本的なお作法や “具体的に書く” 、 “第三者に伝わるように客観性をもって書く” という全区分共通の部分も理解できているので、仕上がりが早いからです。同時期に実施されるシステムアーキテクト、 IT サービスマネージャをすっ飛ばして…という場合はなかなか高いハードルになるかもしれませんが、普段実施している業務がコンサルテーションに近い場合(経営に寄与するか否かの視点でシステムを話し合っている人)、それもアリでしょう。但し、午後ⅡはITストラテジスト試験ならではの準備が必要ですし、午後Ⅰも解き方が全然違うのでその練習が必要になります。また、午前Ⅱもストラテジ系の知識が多く、最近ではマーケティング分野の新傾向の問題も多いことから、合格するにはしっかりとした準備は必須になります。コンサルタント経験が豊富でも舐めてかかって準備しないと合格できないかもしれません。

(5)
DBデータベース

(6)
NWネットワーク

(7)
ESエンベデッドシステム

(8)
SC情報処理安全確保支援士

(9)
AP応用情報技術者

(合格しやすさ:おススメ度:★★

これらの区分(レベル 3 とレベル 4 のテクニカル系)からいきなり IT ストラテジスト試験を受験するのは、あまりお勧めできません。これらの区分で練習した午後Ⅰ、午後Ⅱの解答手順とITストラテジスト試験の解答手順は全然違うので、また一から練習しないといけないからです。「合格に必要な対策の概要」のところで説明している必要な知識や経験の 1. ~ 3. も特に、これらの区分で蓄積できるものでもありません。もしも、それでも…これらの区分の後に IT ストラテジスト試験を受験する場合には、全くの別試験を一から勉強する意気込みでいきましょう。

(10)
FE基本情報技術者

(11)
SG情報セキュリティマネジメント

(合格しやすさ:おススメ度:

この 2 区分はいずれもレベル 2 です。レベル 3 の応用情報を飛び越してレベル 4 の、しかも最高峰の IT ストラテジスト試験に挑戦するのは、かなり難しいと考えてください。基本お勧めできません。午前Ⅰから勉強しなければいけませんし。合格は不可能ではありませんが、合格するには “かなりの勉強時間” が必要になることを覚悟しましょう。

label 関連タグ

『定額制』
高度試験対策研修 KOUDO 初公開!

定額制だから、
どの区分でも何名でも
受け放題!!

labelITストラテジスト』の [ 人気 / 最新 ] 記事 label 著者

ご案内

高度試験対策が
どの区分でも
何名でも
受け放題!

人気記事

タグ一覧