応用情報技術者試験の難易度が上がるポイントは「よい参考書がないこと」


2020-06-24 更新

 

情報処理技術者試験の中で、唯一の “レベル 3 ” の応用情報技術者試験。

大手 SI 企業では、 ” SE の共通言語” という位置付けで昇格の条件にしているところもあります。 “応用” という名称はついていますが、ここまでが “基礎” ということなのでしょう。

どういう特徴があって、どういう人が合格しやすい(チャンスがある)のでしょうか?

 

応用情報技術者試験の難易度や特徴は?

試験の 4 つの特徴

  1. レベル 3 の試験であり、エンジニアの共通言語とも言える内容
  2. 参考書が無い
  3. 知識面は、基本情報技術者試験と大差なし
  4. 全問マークから 午後に記述式が加わる

(特徴) よい参考書が無い (出版社が作れない構造)

全範囲を対象とした ” IT の真の基礎” が問われている応用情報技術者試験ですが、 残念ながら、いい参考書がありません。

と言っても、応用情報技術者試験の参考書等を書いている著者を dis っているわけではありません。これは、出版ビジネスの構造的な問題です。

 

平成 6 年に過去最大の試験制度改革が行われたのですが、実はその時に、試験を統括する情報処理推進機構から全試験区分の参考書も作成され、市販されていました。

しかし、おそらく採算が取れなかったのでしょう。すぐに終わってしまったのです。

その後、二度と試験の主催者側で市販参考書が作られていないのですが、当時、 応用情報技術者試験の前身の “Ⅰ種” 試験の参考書は、17 ~ 18 冊の分冊で横に並べると 1 m 以上あった のです。

全てそろえると数万円。試験範囲を網羅しようとすると、実はそれぐらい必要なんですね。

 

しかし、それは試験主催者だからできたことで、民間の出版社ではそんなことはしません。

昔は 4 分冊や 2 分冊など、なんとか網羅率を高めようと頑張っていたのですが「分厚いと売れない」、「薄い本の方が売れる」という実績から、どんどん薄くなっていったのです。

民間の出版社では、売れない本は作らないので、その結果、 応用情報技術者試験という 1 冊の参考書で何とかしようという考え方が主流になった のです。

ただ、元々横に並べると 1 m ぐらいの情報量が必要で、そこから 20 年以上経って情報量もかなり増えているのに、1冊の書籍で何とかしようとするのは到底無理なのです。

 

一度チェックしてみてください。

実際の 過去問題の午後の問題のテーマが、その回に市販されていた参考書に載っているかどうか。それが答え です。

(難易度の判断を狂わせるところ) 知識面は、基本情報技術者試験と大差なし

それに、応用情報技術者試験は基本情報技術者試験にプラスされる知識であり、明確な線引きも無いことから、知識面ではそんなに大差はありません。

だから、応用情報技術者試験の市販されている参考書の内容にも、基本情報技術者試験で問われるような内容が普通に入っています。というか入れないと機能しません。それゆえ、1冊にまとめるなんて無理なんです。

(難易度が上がるポイント) 全問マークから 午後に記述式が加わる

では、応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験からどういう点で難易度のレベルがひとつ上がるのでしょうか?

筆者は “表現力” だと考えています。

午前も午後も全問マークの基本情報技術者試験に対し、応用情報技術者試験では、午後問題で「 30 字以内で述べよ」というような記述式の設問 が加わっています。その部分ではないでしょうか?

区分 午前 午後
レベル 2
(基本情報技術者)
マーク マーク
レベル 3
(応用情報技術者)
マーク マーク+記述式
レベル 4
(高度系)
マーク 記述式・論述式

試験の最大の特徴が “学習ツールの無さ” なので、そこさえクリアすれば、基本情報技術者試験と知識面では大差が無いので、普通に合格できます。

label 関連記事: 学習ツールを自作する

応用情報技術者試験対策 ~勉強を始める前の準備 最強の参考書「過去問」の使い方~

合格しやすい人は?

このような特徴を持った試験なので、次のような条件に合致する人は合格しやすいと思います。

受験区分で迷っている方で、次の条件をクリアしている人には、応用情報技術者試験に挑戦することをお勧めします。

そして受験を決めたら、 “強み” になるのか “弱み” になるのかを確認してみてください。

そして、学習計画を立てる際の参考にしていただければ幸いです。

その1:基本情報技術者試験の学習をしていた時に得意分野を作った人

基本情報技術者試験は、午前も午後も全問マークなので、なんとなく合格してしまうことがあります。

そうではなく、基本情報技術者試験の学習を通じて、ひとつふたつの分野を徹底的に突っ込んで学習して得意分野ができた人は、チャンスです。

先に説明したとおり、基本情報技術者試験と応用情報技術者試験の知識面では大差が無いので、基本情報技術者試験で強固な知識を会得しておけば、それがそのまま応用情報技術者試験にも役に立つのです。

それに、応用情報技術者試験の午後問題は、情報セキュリティの 1 問が必須なのですが、それ以外の 4 問は選択です。

つまり 5 つの分野だけを解答すればいいのです。

そのうち 3 つぐらい得意分野があれば安全圏で、それが仮に 2 つでも、その 2 分野が短時間で解けるのなら、かなり合格に近くなります。

その2:コミュニケーションスキルの高い人

これは、この試験から記述式の設問が加わるからです。

と言っても、 “対人” ではなくてもいい ので、いわゆる “コミュ障” だから不利だというわけではありません。

相手は “ドキュメント” です。

問題文と設問に書かれている文章を短時間で正確に理解し、それに対して、初対面の第三者でこの問題の作成者に短時間で正確に、しかも要求する量で表現できるだけのコミュニケーションです。

“国語力” と言った方が適切かもしれませんが、そういう人は記述式の設問で高得点が期待できます。

試験対策や勉強方法は?

合格しやすい人の条件は以上です。

では、具体的にどんな試験対策が必要なのでしょうか?

それを次回、整理してみたいと思います。試験勉強の計画を立案する際に、参考にしていただければ幸いです。

 

応用情報技術者試験の過去問から見た特徴と対策

応用情報技術者試験 午後対策 まとめ ~分野別の特徴と選択の仕方~

 

label 関連タグ label これまでの『応用情報技術者試験』の記事一覧 label 著者

ご案内

人気記事

タグ一覧