応用情報技術者試験の特徴と難易度 ~よい参考書がない資格~


2021-01-04 公開

応用情報技術者試験は、次のような特徴を持つ試験区分です。

  1. ITSS のレベル 3
  2. 全範囲
  3. システムエンジニア向け

試験区分のレベルで言うと “3” になります。全区分を範囲とする最後の試験区分であり、この後(上位試験が)専門分野に特化していくことを考えれば、ここで問われる知識こそ、我々にとっての “標準” を意味しています。

標準…それはつまり…ここで学んだ言葉は外で使っても恥ずかしくないものだということ。ここで学ぶことは、仕事に関係あろうが無かろうが知っていて当然のこと。仕事と無関係の分野だったら、ここで学んでいないことは知らなくて当然だと自信をもっても構わないということ。質問する相手が、それこそ部下や後輩であっても「えー知らないな。教えてよ」と聞いても全然 OK です。知らないことに自信を持ててはじめて、自分に自信が持てたと言えますからね。それを可能にする資格こそ、応用情報技術者試験だと思います

また、基本情報技術者試験がプログラマ向けであるのに対し、応用情報技術者試験は、端的に言って「 SE (システムエンジニア)の資格」だと言えるでしょう。

受験者層

上記のような特徴により、基本情報技術者試験に合格した人が高度系を受験する前に挑戦するケースが多いです。学生時代に基本情報技術者試験に合格した受験生が入社 1 年目に受験することも少なくありません。また、管理職への昇進や昇格の条件に加える企業もあります。

難易度

難易度が特に高いわけではありませんが、午後対策が難しい試験区分ではあります。

1 冊で網羅性の高い試験対策本(参考書、テキスト)を作るのが難しいからです。各分野ごとにまとまった試験対策本があればいいのですが、今、市販されているもので、そういうものは知りません。

したがって、学習に必要なベストなツールや方法を見つけた人にとっては、そんなに難しい試験でもないのですが、 1 冊で何とかしようと考えていると(その 1 冊を完璧に仕上げたとしても)、試験本番時に知らないことだらけになる可能性が高くなると思います。

合格に必要な対策の概要

とにもかくにも、学習ツールの選択が最重要ポイントになります。

情報セキュリティと、得意分野にしたい 2 区分の過去問題に、ある程度目を通して「どんな問題で、何が問われているのか?」、「自分は何を知りたいのか?」がわかれば、いよいよ参考書選びです。

基本情報技術者試験のところでも説明していますが、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験の参考書を購入する時には、ちゃんと考えて “自分の知りたいこと” が載っているものを選ばなければなりません。そのためには、参考書を購入する前に「何を知りたいのか?」を明確にするために、過去問題を一度解いてから書店に行って選ぶのが鉄則です。ネット通販で適当に「売れているから」という理由だけで購入したりするのは言語道断だし、書店で中身をチェックして選択するにしても過去問題を解かずに(つまり、知りたいことが無いまま)行ったりすると、不適切な参考書を使うリスクが大きくなるので、それだけは避けなければなりません。

そういうわけで、この時期、まずは IPA のサイトから過去問題をダウンロードして解いてみて、ある程度、どんな問題が出ていて、自分は何を知りたいのかが明確にしてから、書店に行って書籍を選びましょう。

これまでの情報処理技術者試験のキャリアが活かせるか?

最後に、これまでの情報処理技術者試験のキャリアが活かせるかどうかを説明しておきます。情報処理技術者試験を “点” ではなく “線” で考えている人は参考にしてください。

過去の受験区分 合格しやすさとおススメ度
なし

(1)
IPIT パスポート

(2)
SG情報セキュリティマネジメント

(合格しやすさ:おススメ度:★★★

基本情報技術者試験を受験せずに、応用情報技術者試験を受験するのも悪い選択ではありません。プログラミング経験がない人にとっては、応用情報技術者試験の方が合格しやすいかもしれませんから。但し、基本情報技術者試験の受験で蓄積した知識がないわけですから、基本情報技術者試験の範囲もカバーする(アルゴリズムやプログラミング言語は除く)だけの勉強時間になることだけは我慢しましょう。

(3)
FE基本情報技術者

(合格しやすさ:★★おススメ度:★★★

レベル 2 の基本情報技術者試験を受験するのが最もオーソドックスな順番でしょう。基本情報に挑戦していた時の蓄積があるので、それを上手く活用しながら挑戦すれば、学習時間も少なくできると思います。

(4)
他の高度区分( 9 区分)

(合格しやすさ:★★★おススメ度:★★★

特に会社から受験を義務付けられていなければ(昇格昇進の条件になっていなければ)、先に高度系区分から取得するというのも悪くはありません。 例えば、情報処理安全確保支援士を先に取得しておけば、特に学習をしなくても、必須の情報セキュリティ分野は高得点を狙えますよね。極端な話、複数区分取得しておけば、何もしなくても合格レベルにあるわけですから。何も順番を守らなければいけないというわけではありません。

label 関連タグ

『定額制』
高度試験対策研修 KOUDO 初公開!

定額制だから、
どの区分でも何名でも
受け放題!!

label応用情報技術者試験』の [ 人気 / 最新 ] 記事 label 著者

ご案内

高度試験対策が
どの区分でも
何名でも
受け放題!

人気記事

タグ一覧