応用情報技術者試験ガイド 難易度や合格のしやすさ | 令和元年 秋期試験にむけて


2019-05-28 公開
資格紹介

応用情報技術者試験は、端的に言うと「SE(システムエンジニア)の資格」です(下図参照)。ITSS のレベルは “3” 。
情報処理技術者試験の全範囲を対象にする試験としては最後の区分で、この次のステップ(レベル”4″)から専門分野ごとに分かれていきます。
そのため、基本情報技術者試験よりも応用情報技術者試験で問われていることこそ、ITエンジニアにとっての “基礎知識” だと言えるでしょう。

産業構造・市場取引の可視化(METI/経済産業省) より一部加工)

受験者層から見た試験の特徴

基本情報技術者試験の累計合格者数は、国内のITエンジニアの現在の実数と、ほぼ同じ と言われている100万人超ですが、応用情報技術者試験になるとグッと少なくなり、おおよそ3分の1、約35万人 になります。基本情報技術者試験合格者の 約3分の1 がレベル3に勝ち残っているようなイメージですね。

また、受験者層でみると、基本情報技術者試験の応募者の社会人比率が7割(学生が3割)だったのに対し、応用情報技術者試験の応募者は 社会人比率が約9割 になります。

さらに、企業の人事部の方から、応用情報技術者の取得を管理職への昇進条件にしているという話もよく耳にします。この試験で問われていることが”基礎知識”だということは、こういうところからもわかりますよね。

難易度や合格率

応用情報技術者試験の合格率は 20% 前後です。基本情報技術者試験のように25%を超えることはありません。

社会人と学生の合格率の違いは、基本情報技術者試験と同様に、時間のある大学生や大学院生の方が高くなっています。やはりこの試験も”全範囲”と広範囲にわたるため、どうやって多くの勉強時間を確保するのか、そこにかかっていると思います。

 

難易度に関しては、基本情報技術者試験と同様に “個々の問題の難しさ” ではなく、 “範囲が広い” 、 “覚えないといけないことが多い” という点の難しさがあります。加えて、学生があまり受験しないこともあって、試験範囲を網羅した参考書が無い というのも克服しなければ課題になります。1冊や2冊の参考書に収まる”範囲”ではありませんからね。

2019年度 春期試験を受験した人へ

そして最後に、今年の春試験(2019年4月)を受験された方向けに、合格のしやすさとおススメ度を紹介したいと思います。

多忙な社会人にとって “勉強する順番” はとても重要です。知的資産の再利用を考えて上手に順番を組めば生産性が高まる(勉強時間が少なくてすむ)からです。

2019年度春期の受験区分 応用情報技術者試験との関連(3つで評価)
FE

(1) 基本情報技術者

(合格しやすさ: おススメ度:★★★

最もオーソドックスな順番になります。

このケースでは、まずは応用情報技術者試験の午後問題で、どの分野を選択するのかを検討します。もちろん、基本情報技術者試験で選択した分野をそのまま継続して勉強するのが原則です。

そして次に、その分野ごとに基本情報技術者試験と応用情報技術者試験との “差” について把握します。範囲の違い、深さの違いなどです。それがわかれば、後はその差分を中心に学習していきます。

それともうひとつ、午後の問題において「30字以内で述べよ」というように “記述式” の設問が出てくるので、その対応も練習が必要になります。

AP

(2) 応用情報技術者 (不合格)

(合格しやすさ:★★ おススメ度:★★★

基本情報技術者試験同様、時間が必要な試験区分なので、前回不合格でも決して悲観することはありません。受験し続けることでいつか合格できるはずです。知識も蓄積されているはずです。

しかも、初挑戦の方とはスタートラインが違いますから、かなり有利なのは間違いありません。

ただ、自分の得意分野と不得意分野、知っていること知らないことを、自分自身が把握していることが必要です。メタ認知ですね。そして基本は不得意分野、知らないことを中心に時間を割いてバランスよく知識を身に着けていくことを目指します。

あとは、使用している参考書がそれでいいのかどうか?は再度検討する余地があるでしょう。その参考書と実際に出題された問題を比較して、有効性を評価して、そのまま使っていてもいいかどうかを判断してみてください。

そしてダメな場合は、高度系の参考書を揃えた方が良いのか、基本情報技術者試験の参考書を使って基礎固めからした方が良いのか、それとも過去問題を中心に学習するのか、そのあたりも含めて考えましょう。

(3) その他の高度区分 (合格しやすさ:★★★ おススメ度:★★★

高度系区分の資格をいくつか取得した後に応用情報技術者試験を受験するのも、戦略としてはアリだと思います。

ただ変則であることには変わりないので、他の試験区分と十分比較し、今なぜ応用情報技術者試験を受験するのかを考えてから決めるようにしましょう。

SG

(4) 情報セキュリティマネジメント

(合格しやすさ: おススメ度:★★★

すでに基本情報技術者試験に合格しているなら、レベル2からレベル3へのステップアップなので、このルートもオーソドックスな順番だと言えます。

しかも、情報セキュリティに関する知識(テクニカル面を除く)も多少は獲得できているので、基本情報技術者試験からすぐに応用情報技術者試験を受験するよりも有利にはなります。

ただ、基本情報技術者試験に合格していない場合は、何か特別な理由が無い限り、基本情報技術者試験を優先して受験した方が良いと思います。基本情報技術者試験の勉強をしたうえで,さらに応用情報技術者試験の勉強もしないといけないからです。勉強時間が潤沢に取れればいいのですが、そうでなければあまりおススメはできません。

※なお,そのほかは「基本情報技術者試験」の後に受験する場合と同じなので,そちらをご覧ください。

勉強方法や勉強時間

このあたりは、今後の記事にご期待ください。

label 関連タグ label応用情報技術者試験』の [ 人気 / 最新 ] 記事 label 著者

ご案内

"教育担当者" 向け
Web マガジン
配信中!

人気記事

タグ一覧