試験1週間前に行う システムアーキテクト 試験対策 ~最後の追い込み~


2018-10-15 公開

さぁいよいよ試験まで残り1週間。最終の超直前点検として,残り1週間でできる最終チェックを考えました。

まずは,10月21日に受験することを再確認しましょう。

情報処理技術者試験は年2回決まった日(4月と10月の第3日曜日)に実施される試験です。それゆえ,繁忙期が重なったり,体調が悪かったりと,常時万全で受験できるものではありません。しっかり仕上げてから申し込んで受験できるベンダ資格とは違い,誰もが満足のいく準備ができないまま受験します。そういう特性を持つ試験なので,次のように考えて向き合うことが重要になります。

  • 不合格でも全然恥ずかしくない。恥ずかしいのは言い訳して逃げること
  • だから年2回,とりあえず申し込むこと
  • 申込後,満足のいく仕上がりまで持っていけた人は,運が良かったので受験すること
  • 申込後,多忙だったが不屈の努力で仕上げた人は,自信をもって受験すること
  • 申込後,満足いく仕上がりでなくても受験はすること(=デフォルト)

10月15日(月)~10月19日(金)

この時期は,午後Ⅰと午後Ⅱの最終確認をする時期です。

試験当日には,午前試験と午後Ⅰ試験の間は60分,午後Ⅰ試験と午後Ⅱ試験の間は20分あります。このうちのいくらかは最終確認の時間として使えるので,その時に最終確認するノートを,この5日間で作成します。

これまでにたっぷりとノートに重要事項を書きしたためてきた人は,それを見返して“忘れそうなこと”を目立つようにマークするか,新たなノートや新たなページに転記するといいでしょう。未だノートを作っていない人はこれから作っていきましょう。

ネタ元の一つとして,筆者のYouTubeなどはいかがでしょう?

三好康之 チャンネル

体系的に整理しているわけではありませんので,上記のURLから自分の受験する試験区分のコンテンツをチョイスする必要はありますが,いつも試験対策講座で話している内容です。まだ聞いていない人がいらしたら,一度聞いてみてください。過去問題の解説として作っているコンテンツですが,聞くだけでも有益だと思います。

他には,こちらのサイトはいかがでしょう?ご存知ですか?

情報処理教科書 高度試験午後Ⅱ論述 読者特典サイト 2018秋

元々は,読者特典として公開していたのですが,別に読者に限らずいいかなと思い普通に公開しています。午後Ⅱ(論文)の問題の解説なのですが,「問題文の読み違えを無くす」目的で,聞き流すだけでもかなり有効です。1問あたり10分程度なので,いろんな問題を聞き流すだけでも。知らなかった人は一度覗いてみてください。

また,この時期は午後Ⅰ・午後Ⅱのまとめの時期ではあるものの,それは午前がある程度仕上がっていることが前提です。まだ午前問題に着手していないという人は,この時期に一通り目を通すようにしましょう。

10月20日(土) 午前の最終確認

試験前日にはあまり体力を使いたくないし,最後にじたばたしないように1週間過ごしてきたので,2時間ほど午前問題の最終チェックをしましょう。

これまでチェックしてきた過去問題のうち,どうしても正解できなかった問題を2時間程度でざっと解いてみましょう。何度も繰り返していれば最大200問ぐらいはチェックできると思います。そして,正解できたかどうか?あるいは,選択肢にわからないものが無いか?を確認し,明日試験直前にもう一度さっと見直せるように“間違えたポイント”にグリグリマークしておきましょう。

午後Ⅰ,午後Ⅱに関しては,昨日までのことを覚えているかどうか,思い出せるかどうかを確認しておく程度で構いません。午後Ⅰと午後Ⅱのポイントを記したノートで確認し,後はイメージトレーニング。

そして早く寝る。短時間勝負の試験において,試験中の“眠気”は最悪ですからね。

10月21日(日) 試験当日

前日にグリグリマークした午前問題と,午後Ⅰと午後Ⅱのノートを鞄に入れて,試験会場へ。これらは,各時間区分の開始前にさっと目を通すためのもの。

会場へ向かう途中で,必要に応じて眠気覚ましの飲食物を購入します。筆者は,いつも必ず栄養ドリンクとチョコレート(糖分)を買っています。

ということで。

これで準備は万全です。後は,当日集中して出し切ってください。合格を祈っています!

label 関連タグ label これまでの『システムアーキテクト』の記事一覧 label 著者

ご案内

人気記事

タグ一覧