矢沢久雄おすすめの「厳選5題」過去問題集 (解説付き) の使い方

言わずもがなですが、基本情報技術者試験では過去問題の演習が一番の合格の近道です。

なぜなら、過去に出題された問題が再利用される割合が非常に高いからです。

とはいえ、過去問題といっても、その量は膨大です。

 

この記事では、その膨大な過去問をどのように勉強すると、上手く時間を使えるのか、最新の “令和の試験改訂” 情報も含めて、紹介します。

 

午前試験では過去問の再利用率が 80% の年度もある

以下は、2018年度(平成30年度) 春期 基本情報技術者 試験講評 で矢沢久雄さんが独自に調べられた結果です。

テクノロジ系の再利用率 37問/50問 74%
マネジメント系の再利用率 10問/10問 100%
ストラテジ系の再利用率 17問/20問 85%
午前問題全体の再利用率 64問/80問 80%

年度によっても変化がありますが、だいたい 70% の再利用率と言われているので、これだけ再利用されているからこそ、過去問の練習が必要になります。

 

過去に出題された午前試験の問題数はのべ 1600問 以上

基本情報技術者試験は 昭和44年 (1969年) から開始された試験で、その頃は 第二種 と呼ばれていました。

その後、改訂を重ねながら、今に至っていますが、さすがに 50年も運営されているため、それだけ過去問題も膨大にストックされています。

直近では平成21年度 (2009年) 春期試験に改訂されたので、それから問題数をカウントしても、のべ 1600 問 あります。

問題そのものは 1問/1分弱 で解けますが、解くだけではなく、解答を確認し、どこを間違えたのか確認していると、最低でも 1問 5分 は必要になるでしょう。

そうすると、午前試験の過去問題をすべて演習するだけで 135時間 かかる ことになります。

 

令和元年 (2019年度) 秋期試験より試験範囲が改訂

平成最後の試験の講評記事 でも記載したように、令和元年 (2019年度) 秋期試験より試験範囲が改訂されます。

基本情報技術者試験内容の改訂

(1)2019年の秋期試験から、午前試験で数学に関する出題比率を見直し、線形代数、確率、統計等、数学に関する出題比率を多くする。

(2)2020年の春期試験から、午後試験のプログラミング言語でCOBOLを廃止し、新たにPythonを追加する。

(3)2020年の春期試験から、午後試験の出題数、解答数、配点等を見直し、出題数および解答数を、現行の13問出題7問解答から、11問出題5問解答に変更する。

先日、その試験範囲 (シラバスの見直し) が運営元のIPAより発表され、COBOL廃止、Python導入のニュースが目立つ一方で、今回の見直しによって、各分野でも最新動向をふんだんに取り入れ、試験範囲が大幅に広がったことがわかりました。

さながら、レガシー から モダン に転換しようとしているかのようです。

基本情報技術者試験 シラバスの一部内容見直しの詳細 (追加される用語)

試験範囲が広がったからと言って、出題される問題はすぐに変わりませんが、この広がった範囲から、どれだけ出題され、どんな問題になるのか、それは誰にも予想できません。

 

ただし、過去問の再利用比率が下がることが予想されるため、

確実に過去問で正解できるようにしておく
そのため、苦手な問題でも正解できるようにしておく

この2つが必要になるでしょう。

 

午後問題は一つとして同じ問題は出題されない

基本情報技術者試験では、午前問題だけではなく、午後問題もあります。

午前試験は過去問題が再利用されますが、一方の午後問題は一つとして同じ問題が出題されたことはありません。

このため、午前試験とは、また違った学習が必要になります。

つまり、この午後問題にも勉強時間を割く必要があります。

午後問題の歩き方
午前問題と午後問題の学習方法の違い

午後問題の歩き方
午後問題の出題傾向
(2019春期試験 更新)

これらの記事でも記載のように、午前問題でありがちな「この問題は、この選択肢」のような、問題と選択肢の組み合わせを暗記するような勉強は通用せず、しっかりと午前問題で出題された技術・概念を理解することが必要になります。

 

過去問を使った上手な勉強の仕方

これまで述べたことを一度、まとめます。

  1. 午前分野の過去問題すべて 1600問 を勉強するには 約135時間以上 かかる
  2. “令和の試験改訂” により過去問の正解率を高める必要がある
  3. 午後問題を解くには、午前問題で必要となる知識をしっかり理解する

では、どのように勉強すると、良いのでしょうか。

それが、下の勉強方法です。

過去問の取り組み方

「解くべき ( = 練習が必要な) 午前問題に時間を集中する」
「苦手な ( = 理解しにくい) 午前問題を理解できるようにする」

当たり前ですが、午前問題 過去問の1600問の中には、

  • いまの自分の知識で特に勉強しなくても正解できる問題
  • 一度知れば忘れない概念的な問題

という問題があるため、ここに時間を割かずとも、試験当日でも正解できる可能性は高いでしょう。

なので、そこから正解率を上げるためには、練習が必要な、苦手になりがちな問題に勉強時間を割き、しっかり理解できるようにすることが一番です。 それによって、午前の正答率が上がるだけでなく、午後問題の対策にも繋がります。

 

解くべき、苦手にしがちな「厳選5題」だけを集めた過去問題集

この「厳選5題」過去問題集は、長年、基本情報技術者試験対策講師を務めただけでなく、対策書籍も執筆された矢沢久雄さんが、解くべき、5題を年度別にまとめたものです。

どの問題も、練習が必要で、苦手にしがちな問題ばかりを集めています。

やるべき過去問、やる必要がない過去問の見分け方

この「厳選5題」は 数をこなすことが目的ではなく、1時間でも時間をかけて、しっかり理解できることに重点 をおいています。

これにより、例えば、1週間に 10問 を勉強・理解しただけでも、1年分の過去問を練習できたことになります。

 

この「厳選5題」過去問題集が、皆さまのお役に立つことを願っています。

 

label 関連タグ
実は、午前試験を『免除』できます 独習ゼミで午前免除試験を受けた 86% の方が、
午前試験を免除しています。
今なら最大 2 回の
午前免除チャンス
info_outline
今なら最大 2 回の
午前免除チャンス
詳しく見てみるplay_circle_filled
label これまでの『厳選5題 過去問と解説』の連載一覧 label 著者
  • 基本情報技術者試験 の受験勉強をレポート頂ける方を募集中です!
  • ツイッター で過去問を配信しています

姉妹サイト 「IT資格の歩き方」 では応用情報技術者以上の情報処理技術者試験の対策記事があります!

基本情報技術者試験を合格されたら、「IT資格の歩き方」で末永く、スキルアップにお役立てください!