基本情報技術者試験が2023年4月から通年試験になり午後試験が大きく変更。プログラミング言語の選択も廃止

先程、 IPA は 2023 年 4 月以降の試験制度に関する大きな変更を発表しました。

プレス発表 基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験を通年試験化:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

これによると年 2 回試験だったものを通年に変更するほか、これまで難関とされてきた午後試験を簡略化し、選択分野やプログラミング言語選択を廃止、情報セキュリティとアルゴリズム中心に出題が変更されます。

主な変更点

主な変更点は以下のとおりです。

  • 上期 / 下期試験から通年試験へ(受験日時を選ぶ方式へ)
  • 午前 / 午後試験から A 試験 / B 試験へ変更
    • A 試験の主題範囲は従来の午前試験と変更なし
  • fiber_new 午後試験の試験範囲が大きく変更され、情報セキュリティからおよそ 4 問とアルゴリズム(擬似言語)からおよそ 16 問が出題
    • 選択分野を廃止(従来は、テクノロジ系 [ハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワーク、ソフトウェア設計] とマネジメント系とストラテジ系から選択)
    • 従来の Java や Python などプログラミング言語の選択を廃止
  • 試験時間、試験問題数を削減(上記の IPA プレス発表より抜粋)
    変更前 変更後
    変更前午前試験
    (小問)
    試験時間: 150 分
    出題数: 80 問
    解答数: 80 問
    変更後科目 A 試験
    (小問)
    試験時間: 90 分
    出題数: 60 問
    解答数: 60 問
    変更前午後試験
    (大問)
    試験時間: 150 分
    出題数: 11 問
    解答数: 5 問
    ※選択問題あり
    変更後科目 B 試験
    (小問)
    試験時間: 100 分
    出題数: 20 問
    解答数: 20 問
    ※選択問題なし(全問必須)
  • 合格基準を従来の 60 点以上という絶対評価から IRT 方式へ変更(項目ごとに点数を調整)
  • 午前試験免除制度は維持

試験をコンパクトにして受験しやすいように、という意図で変更されました。 この変更に伴い、大きく難易度が変化することとなりそうです。

なお、この試験の改定は 2023 年 4 月 から開始されます。

B 試験のサンプル問題も公開

IPA は B 試験の問題サンプルを合わせて公開しました。

「基本情報技術者試験 科目B試験のサンプル問題」

こちらを確認すると、アルゴリズム 5 問、情報セキュリティ 1 問の合計 6 問が公開されています。

 

後日、受験ナビでは、お馴染みの矢沢久雄さんに依頼し、サンプル問題の解説や難易度、解き方の変化などをまとめた記事を公開する予定です。 しばらくお待ちくださいませ。

 

6 / 2 新規記事追加

試験内容の変更に関して、三好康之さん、矢沢久雄さんに難易度を解説いただきましたので、関連記事も合わせてぜひご覧ください。

ベストセラー対策本の著者が分析! 新・基本情報技術者試験の難易度


新しい基本情報技術者試験は「受験しやすく合格しやすくなる!」 サンプル問題から科目 B 問題の難易度を解説


新しく変更される 基本情報 アルゴリズムとプログラミング(科目 B )の難易度はどうなる?


基本情報技術者試験はどう変わる? 開発者向けから「デジタル人材」向け資格へ ~試験要綱とシラバス変更点(科目 B 試験など)を調査

label 関連タグ
Q. 午前試験を
『免除』するには?
A. 独習ゼミで午前免除制度を活用しましょう。
免除試験を受けた 86% の方が、
1 年間の午前免除資格を得ています。
2022 年 下期 向けコース
早割キャンペーン中!
info_outline
2022 年 下期 向けコース
早割キャンペーン中!
詳しく見てみるplay_circle_filled
label これまでの『資格ガイド』の連載一覧 label 著者