2週間でゼロから仕上げる 情報処理安全確保支援士 午後Ⅱ[午後2] 対策 「過去問と日経xTEXH(日経NETWORK)などを参考書にする」


2019-10-09 公開

Check-1 .午後Ⅱの問題を参考書代わりに目を通していますか?

システムアーキテクト試験やITストラテジスト試験のように、午後Ⅰが記述式、午後Ⅱが論述式と全く異なる形式の試験区分と違い、情報処理安全確保支援士試験は、午後Ⅰも午後Ⅱもほぼ同じ形式の記述式です。

したがって、基本的に午後Ⅰで説明している通りのチェックポイントや対応で対策できます。

 

ただ、同じテーマの問題でも、午後Ⅱ試験は午後Ⅰ試験よりも深い知識が求められます。

つまり、情報処理技術者試験の中で最も深い知識が “午後Ⅱ” の中にある ということです。

そこで、過去の午後Ⅱ問題(解答例と採点講評を含め)には、しっかりと目を通しておき、参考書代わりに読み込む のがいいでしょう。

筆者のお勧めは、午後Ⅱの過去問題をプリントアウトして、それを徹底的に熟読し、問題文の中にあるキーワードや設問で問われている解答について、そこからさらに深い知識を実務書やネットで入手して、問題文に書き込みます。

そしてそれを、試験直前日に見返して記憶に定着させるという方法です。

Check-2 .午後Ⅱの問題に目を通していない人

現時点で、午後Ⅱ問題よりも深い知識があるかどうかを確認してください。

もしもあるのなら、午後Ⅱ問題に目を通す必要はないかもしれません。それよりも Check-3. に書いているように、実務書やネットの情報を GET したほうがいいでしょう。

しかし、午後Ⅱ問題が難しく感じたのなら、そこは、まずは午後Ⅱのレベルから押さえていかないといけません。

そのためには、過去の午後Ⅱの問題に目を通して覚えていきましょう。

Check- 3 .午後Ⅱの問題に目を通している人

午後Ⅱの問題にすでに目を通している人は、何か実務書を読んでいますか?

特に読んでいないのなら、午前対策、午後Ⅰ対策(解答テクニックの習得含む)との兼ね合いになりますが、午後Ⅱ対策として時間が割けるのなら、もしくは割かないといけないと感じているのなら、次の 2 つの対策も検討してみてください。

(1)ネットで検索

ある程度、苦手なキーワードが把握できていれば、ネットから情報を得るのも有効かもしれません。

(2)日経 × TECH(クロステック)

ある程度仕上がっている場合、あるいは、たっぷりと時間がある場合には、より深い知識を得るために、日経×TECHの活用をお勧めしています。

ここに、雑誌「日経 NETWORK 」の記事(バックナンバー)が掲載されています(日経 NETWORK は休刊が決定済み)。

日経NETWORK | 日経 xTECH(クロステック)

有料にはなりますが、筆者の印象では、新規の問題含めて、ほぼこの日経 NETWORK から出題されています。

 

したがって、古い特集記事は深い知識を得たり、知識を整理したり、理解を深めたりするために有効ですし、試験問題が作成される 1 年前前後の記事を読めば、トレンドを加味した新規問題にも対応できます。

有料なので、そこは自分の眼で判断して決めてください。

 

label 情報処理安全確保支援士 対策記事一覧 [令和元年 秋期]

情報処理安全確保支援士 試験 10分の動画で始める午後対策

情報処理安全確保支援士 試験の過去問から見た特徴と対策

情報処理安全確保支援士試験ガイド 難易度や合格のしやすさ | 令和元年 秋期試験にむけて

label 関連タグ label情報処理安全確保支援士』の [ 人気 / 最新 ] 記事 label 著者

ご案内

"教育担当者" 向け
Web マガジン
配信中!

人気記事

タグ一覧