情報処理安全確保支援士の対策準備 2022 年度 ~ 6 月は参考書を準備しよう


2022-06-14 公開

さぁ 6 月になりました。 今月を含め試験まで約 4 か月です。

一般的に、企業で開催する試験対策講座は 7 月中旬から始まります。 それゆえ、この 6 月という時期は … ほとんどの人が、まだ始動していません。 モチベ―ションの高い人は、既に学習を開始しているでしょうが、それでも … 少なくとも “プロのノウハウ” を得て急成長する時期ではありません。 プロ野球で例えると、ちょうど … キャンプインするまでの自主トレ期間のようなものですよね。

6 月の方針

この自主トレ期間に何をするのかはこの後じっくり考えるとして、少なくとも “心に余裕をもつ” ことはできるのではないでしょうか。 周りが止まっているわけですからね。

試験を(絶対評価とはいえ)相対的なものだと考えれば … この時期、どんなことをしてもプラスになります。 差が詰まる、差を広げることができます。

したがって、 “合格まで遠いかな” と思う人は「今の間に追いつくぞ」という方針で、 “合格に近い” と思っている人は「今の間に差を広げよう」という方針で、それぞれ学習を進めていくといいでしょう。

全体スケジュールの確認

続いて、全体スケジュールの確認を行いましょう。 それはこちらにあります。

info 学習スケジュールに関する記事

情報処理安全確保支援士 学習計画と対策

この記事に書いている通り、この試験では「知識の絶対量」が合格の鍵になります。 そのため、知識を体系化し全体像を把握したうえで、個々のテーマを掘り下げていくきながら知識を習得していくというのが王道の試験対策だと考えていいでしょう。

午前Ⅱの過去問題を使った学習

知識を体系化し(全体像を把握・整理しながら、個々のテーマの位置付けを把握し)、覚えるのに最適なのは、午前Ⅱの過去問題です。

但し、出題年度順に解けるかどうかを見るだけでは「体系化」して整理しながら頭の中に叩き込むことはできません。 テーマごとにまとめ直した過去問題を用いて、まずは午前Ⅱを突破できるレベルの知識を身に着けましょう。

ちなみに、筆者が ITEC 社から出している参考書「情報処理安全確保支援士「専門知識+午後問題」の重点対策 2022 」では、 10 章に分類・体系化したテキストの順番に合わせて、過去に出題された午前問題全 604 問を付録にしています。 それを活用いただければ体系化しながら知識を習得できるでしょう。

日経 NETWORK (日経 XTECH )を使った学習

情報処理安全確保支援士試験の対策として「知識の絶対量を増やす」ことがメインになるということは、すなわち「覚えないといけない知識の量が多い」ということです。

実際、筆者が前述の参考書を書く時にも、最も苦労するのがその点です。

参考書は最初におおよそのページ数を決めます。 筆者が書いている参考書は、おおよそ 800 ページですが … それぐらいでは、説明しなければならない個々の用語を十分に解説できないんですね。 徹底して無駄な表現を省いて、必要最低限覚えることだけに絞り込まなければなりません。

そのため、それ以上に深い知識を得ようとすると、市販されている参考書だけでは不十分です。 これは何も、筆者の書いた参考書特有の話ではなく、物理的にどの参考書の著者も考えていることでしょう。

例えば「無線 LAN 」に関する基本的な用語・動作・脅威・セキュリティ対策などは、筆者の参考書では 6 ページです。 別の参考書を使われている方は、その参考書で「無線 LAN 」のセキュリティを説明しているページ数をチェックしてみてください。 たぶん数ページでしょう。

それに対して、後述している日経 NETWORK のような定期刊行誌であれば、特集が 3 回で 46 ページで説明しています。 フルカラーで図解も豊富で … しかも、ページも倍の大きさなので実質約 15 倍( 6 対 92 )の情報量です。 これだけページを使えれば、それはそれは丁寧にわかりやすい説明が可能でしょう。

したがって、情報処理安全確保支援士試験の対策としては、参考書と午前Ⅱの過去問題を使って「覚えないといけない部分」を把握し体系化しながら覚え、日経 NETWORK (日経 XTECH )などを活用して理解を深めるのがベストでしょう。

日経 NETWORK (日経 XTECH )のおすすめ記事

そういうわけで、最後に日経 NETWORK のおすすめ記事を紹介します。 バックナンバーなので、日経 XTECH の契約をして Web サイトの資料を見る(もしくはプリントアウトする)ことになります。 少々投資が必要ですが、試験対策としては効果抜群なので、多少の投資をしても絶対に合格したいという受験生にはおススメです。

日経 XTECH のご契約に関しては下記です。

日経クロステック ご購読プラン

1 基礎知識の整理

日経 NETWORK の特集記事は毎月 2 つあるのですが、時に「基礎知識」を整理してくれているものがあります。 ここ 7 年では、次のような記事です。

プロトコル関連

2021.3
特集 1 「通信プロトコル徹底入門」 14 p
2022.4
特集 1 「基礎から学ぶ TCP/IP 」 15 p
2020.9
特集 2 「ズバリ解決! IP アドレスの疑問」 8 p
2020.10
特集 1 「 IPv6 の新常識」 16 p
2022.4
「 MAC アドレス 14 の謎」 10 p
2020.9
特集 1 「 DNS の正しい使い方」 16 p
2015.9
特集 1 「 SSL はもう古い TLS がおもしろい」 20 p

無線 LAN

2018.11
特集 1 「無線 LAN の最新技術」 18 p
2021.4
特集 1 「無線 LAN トラブルシューティング」 16 p
2022.2
特集 1 「クラウド時代の無線 LAN 構築術」 12 p

テレワーク関連

2021.7
特集 1 「テレワーク防御術」 14 p
2021.10
特集 1 「 SSH 大研究」 12 p

サーバセキュリティ

2016.10
特集 1 「公開サーバーの守り方」 23 p
2015.8
特集 1 「メールを届ける協力メカニズム」 20 p

認証関連

2021.3
特集 1 「認証のイロハ」 14 p
2021.6
特集 1 「もうパスワードはいらない」 14 p
2019.12
特集 2 「今さら聞けない FIDO のホント」 8 p
2021.4
特集 2 「 IDaaS 完全理解」 8 p

境界防御

2021.5
特集 1 「実機を動かして学ぶ UTM 」 14 p

標的型攻撃

2016.9
特集 1 「まるわかり標的型攻撃」 22 p

過去 7 年間の特集記事をチェックして(筆者は全部保管しているので)、試験対策としての基礎知識の整理に役立ちそうな記事をピックアップしました。 全部で 19 の特集記事と 1 つの特集記事ではない記事です。 総ページ数は 294 ページです。 参考書・午前Ⅱの過去問題と三位一体でチェックしていけば、かなりの知識が身につくでしょう。

2 最新技術 = 新規問題への対応

日経 NETWORK を活用して試験対策を進めると、もうひとつメリットがあります。 それは、新規問題にも十分対応可能なことです。 特集記事には、先に説明した基礎知識の整理に役立つ記事以外に、最新技術の紹介記事もあるからです。 むしろそちらがメインとも言えます。

この秋、何かしら出題される可能性があるテーマや用語を含む記事をピックアップしました。 全部で 5 つの特集記事と、 1 つの特集記事ではない記事です。 総ページ数は 56 ページ。 こちらも目を通すことをお勧めします。

2020.8
特集 1 「ゼロトラストネットワーク入門」 14 p
2020.6
特集 2 「セキュリティー機器大全」 8 p
2019.6
特集 1 「危ない IoT 」 12 p
2022.1
「クラウド保護とデジタル倫理に要注目 プライバシーや DevSecOps も重要」 2 p
2021.11
特集 1 「徹底解説 Web 新技術」 13 p
2021.11
特集 2 「基礎から分かる BYOK 」 7 p
label 関連タグ

『定額制』
高度試験対策研修 KOUDO 初公開!

定額制だから、
どの区分でも何名でも
受け放題!!

label情報処理安全確保支援士』の [ 人気 / 最新 ] 記事 label 著者

ご案内

高度試験対策が
どの区分でも
何名でも
受け放題!

人気記事

タグ一覧