3週間で仕上げる 高度試験共通 午前Ⅰ[午前1]


2018-10-09 公開

平成21年から開始されている午前Ⅰ試験の30問は,その回の応用情報技術者試験の午前問題80問の中から選択されて出題されます。

 

それゆえ“レベル3”の問題なので,それほど難しい問題は出題されませんが,応用情報技術者試験の試験範囲と同じなのでとにかく範囲が広いのです。

 

午前Ⅰには免除制度があるので(応用情報技術者試験に合格するか,高度系区分の午前Ⅰ試験で60点以上を取れば,そこから2年間免除される),それを狙うのが一番なのですが,そうでない場合には,この範囲の広さをどうするのかを考えなければなりません。

Check-1.各分野の比率を把握して戦略を練る

各分野の比率を,最近の傾向で分類すると次のようになります。中には複数分野を対象にしたものもあるので,そのあたりは“おおよそ”の比率として考えてください。

分野 問題数
テクニカル系 16
基礎理論
コンピュータシステム
組込み系
システム設計
データベース
ネットワーク
情報セキュリティ
システム開発
マネジメント系
プロジェクトマネジメント
ITサービスマネジメント
システム監査
ストラテジ系

この比率を意識しながら,当該分野の問題は午前Ⅱで仕上げるとして,それ以外の問題で得意,不得意があるのかどうか,どの問題を解けば最短の時間で60点以上見込めるのか,そのあたりを考えて準備しましょう。

Check-2.時間が無くても午前Ⅰではなく応用情報技術者試験の問題

利用するツールは,過去の午前Ⅰ問題ではなく応用情報技術者試験の問題を使いましょう。

 

午前Ⅰ試験によく出題される問題というのはあります。しかしそれは応用情報技術者試験によく出題されるということを表しているわけで,特に“午前Ⅰだから”というわけでは無いように思えます。数もそんなに多くはありません。

 

しかも平成21年からのものなので,過去9年半で19回しかありません。絶対数も少ないので,今から直前対策として行うのであれば,応用情報技術者試験の過去問題を中心に数多く目を通しておくことをお勧めします。

label 関連タグ label これまでの『高度情報処理技術者試験』の記事一覧 label 著者

ご案内

人気記事

タグ一覧