close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門 Z世代 クラウドネイティブ 技術教育 Windows server 2019 XSS CSRF クリックジャッキング ビジネスパーソン VPC IAM AWS Fargete ECS 問題発見力 問題分析力編 Access 流通業界 金融業界 ネットワーク設定 トラブル対応 評価 ソフトウェア品質 クレーム対応 呼吸法 戦国武将 エンジニアリング 組織論 SpreadSheet GAS ゼロトラスト Express 3D Arduino

講師インタビュー 後藤 洋平「プロジェクトマネジメントをもっとシンプルに教えたい」


2021-10-20 更新

研修で「何を学ぶのか」も重要ですが、 「誰から学ぶのか」も重視される時代。SEプラスの研修で登壇する講師がどんなことを思いながらコースを実施しているのか、講師にインタビューしています。

今回はプロジェクトマネジメントの分野で数多く登壇する 後藤 洋平 さんです!

実は、研修嫌いだった後藤さんが自身で多くの研修に受講してわかった「研修で受講者を変える秘訣」や、 PMBOK ® など教科書通りでは上手くプロジェクトマネージャを育成できないとお悩みの方に、独自の「プ譜」を使ったシンプルな育成方法を紹介いただいています。ぜひご覧ください !!

講師紹介
後藤 洋平
株式会社ゴトーラボ代表。「プロジェクトコンサルタント。世界で一番わかりやすく、実際に使えるプロジェクト推進フレームワーク」プロジェクト工学を提唱し、プロジェクトマネジメント教育、ハンズオン支援に取り組んでいる。著書に『予定通り進まないプロジェクトの進め方』(宣伝会議)など。東京大工学部システム創成学科卒。

インタビュアー: SEプラス 寺井 彩香

プロジェクトは「管理」では 100 点にならない!「プ譜」誕生秘話

―― 後藤さんと言えば、お馴染みの「プ譜」ですが、どういうキッカケで生まれたのでしょうか?

プロジェクトマネジメントを学ぶ必要に気づき、勉強を始めると、多くの場合、 PMBOK ® やアジャイル、スクラムといったプロジェクト管理手法と出会い、学び、活用するようになるんですね。私自身、プロジェクトマネージャをしているときも実践してきました。

これらの手法は、究極的には、顧客やスポンサーと約束した QCD を満たすことを目的としたものです。実際、私もそうした手法のおかげでプロジェクトの QCD を外したことはなかったんですね。

でも プロジェクトを「管理する」という発想ではプロジェクトが 100 点満点にならない、 QCD を守るために何かを妥協している感覚があったんですね。

確かに成果物は作り上げたけれど、本当に相手を幸せにしているプロジェクトなのか、どこか疑問に残ってしまうことがよくありました。 100 点満点で言えば、 70 点、 80 点。決して不合格ではないんですけど、もっといい仕事をしたい、 100 点、いやそれ以上の 120 点にしたい、と常々思っていました。

―― 100 点にならないのは、なぜだと後藤さんはお考えになったのですか?

まず「なぜ、プロジェクトはこんなに管理しないといけないのか」、それから紐解いてみました。すると、当たり前のことですが、プロジェクトとは プロジェクト管理手法を知っている人だけでやることはなく、大多数の知らない人と一緒に進めるのが通常です。

そんななかであらゆるリスクや変更、コストや進捗を管理しようとすると、当然ながら、沢山の資料、沢山の会議を必要とします。当たり前なんですが、これは、大変な労力がかかることなんです。

―― なるほど、進め方や言葉の理解が通じ合っている人同士であれば、少ない情報を共有するだけで、管理しなくても動けますものね

そこで、もっとハードル低く、もっとシンプルにプロジェクトの情報を表現できて共有しやすく出来ると、プロジェクトマネジメントを知らない人にもわかりやすく、もっとプロジェクトマネジメントが楽になると考えたんです。

それで生まれたのが「プ譜」(ぷふ)です。

―― そういうモチベーションで生まれたのですね!プ譜をご存知ない方もいらっしゃると思うので、簡単にどんなものか紹介いただけますか?

プ譜とは将棋の「棋譜」や音楽家の「楽譜」のように、プロジェクトの進め方を「誰にでもわかりやすく表す図」です。今の現状と将来の姿、未来への過程を直感的に読んだり書いたりできるようになっています。

プ譜のサンプル

―― ご紹介ありがとうございます。このプ譜は後藤さんが発案されたんですか?

共著者である前田 考歩さんと一緒に提唱しているものです。

―― 以前の弊社で開催したウェビナーでも前田さんと一緒に登壇されていましたね。
前田さんとは元々、会社や大学が何かでお知り合いだったんですか?

いえ、まったく接点はなく SNS で知り合いました (笑) 。

知り合った当時、前田さんは事業企画やプロジェクトの支援をされていて、私も新規事業の立ち上げを支援する仕事をしていて、お互いの仕事のことをたまたま SNS でつぶやいていたんですね。それをエゴサーチしたときに互いに見つけて、会うようになったんです。

―― それはまた変わったキッカケですね!

前田さんも同じようにプロジェクトが思ったように進まないことに考えを巡らせていて、プロジェクトマネジメントを肴に、年に何度か、食事したり、お酒を飲むようになりました。

―― それで「プ譜」が考案されたのですね。
それを出版社に持ち込んで書籍「予定通り進まないプロジェクトの進め方」 (宣伝会議刊) になったと …

いえいえ、当時はプロジェクトマネジメントでは無名の 2 人ですから、本にするということは思いもしなかったですね。

―― とすると、どのようにして本になったのですか?

そういったプロジェクトマネジメントに関するモヤモヤをお互い抱えていたところ、前田さんの紹介で起業家コミュニティのセミナーに 2 人で登壇することになったんです。

そこで、これまでのジレンマをぶつけるかのように「あらゆるプロジェクトは失敗する!」とバーンと発表したんですね。

無名の 2 人の登壇だったのにそのセミナーの集客はなぜか良くて、通常のキャパシティが多くても 50 名ぐらいのところ、 100 名を大幅に超える参加申込がありました。

―― それはスゴい !!

プロジェクトマネジメントというと IT や建設がよく挙げられますが、参加者の方の業種は様々で、都市開発、メーカー、製薬など IT を超えて、沢山の方にご参加頂けました。

当時、前田さんは宣伝会議にも面識を持っていらっしゃっていて、セミナー内容を紹介したところ、面白いと思ってくださったのが、本を執筆するキッカケになりました。

―― 業種を超えてそれだけプロジェクトで悩んでいる方が多かったんですね

その本は刊行後、 3 年半で 5 回増刷されるロングセラーとなって、そうすると関連する書籍も 2 冊追加で出す機会をいただき、 3 冊合計で発刊部数は 3 万部を超えました。本当にプロジェクトの「管理」で悩んでいた方がいたんだなぁと実感しています。

本のレビューでも、

「読んで救われた」
「プロジェクトマネージャの自分が悪いと思っていたけど、そうではないと思えるようになった」
「 PMBOK ® ではとっつきにくくて出来なかったけど、プ譜なら書けそう」

と言っていただける読者がいました。そういうレビューを見ると、とてもうれしいです。

「とても緊張しやすい」とハニカミながら話す後藤さん

人生にもプロジェクトマネジメントが必要

―― そんな後藤さんがプロジェクトマネジメントを追究するようになったのは、何かキッカケがあったのでしょうか?

独立する前は 3 社でサラリーマンをして色々な職種を経験したのですが、最後の 3 社目で SaaS 型の基幹システムパッケージの導入業務をするようになって、いわゆる IT プロジェクトマネジメントは、その仕事を通して実践するようになりました。

ただ、それまで研修が嫌いで、プロジェクトマネジメントは勉強したことはありませんでした。研修講師が研修嫌い、というのは褒められたものではありませんね (笑) 。

―― (笑) プロジェクトマネージャになって、研修を受講されたのですか?

実はプロジェクトマネジメントをするようになったあとも、研修は受講せず、周りから PMBOK ® を奨められても読んでなかったんですね。知識はなくても実践できれば構わないと思っていました。

そうしたときに、あるプロジェクトでお客様側の担当者が PMP ® をもっている方だったんですね。

PMP ® ( Project Management Professional ® ) とは
PMI ® が主催するプロジェクトマネージャの国際的な資格試験。 PMBOK ® から出題され、資格を取得できると PMBOK ® を知っているという証明になる。

その方のプロジェクトマネジメントは教科書的に PMBOK ® をなぞったものではなく、それをアレンジして独自の実践的な体系が編み出されていました。PMBOK ® で言うとテーラード、守破離で言うと「離」の境地ですね。

また、PMBOK ® よりは PRINCE2 ®  のほうが日本社会にはフィットしやすい、という卓見をお持ちの方でした。

PRINCE2 ® とは
イギリス政府が定めたプロジェクトマネジメント手法。 PMBOK ® と異なり、プロジェクトにビジネス上の価値がなければストップする、経験学習モデルを取り入れている、などの特徴があり、アジャイルやリーン・スタートアップの影響が見受けられる。

―― そんな方がご担当となると、相当な知識が要求されそうですね?

そうなんですが … 、専門的な勉強をしていないとは言っちゃいけないと思っていたので、「知ってますし、出来ますよ」という顔をしていました。ただ、恐らく見抜かれていたと思います (笑) 。

その方から EVM をアレンジした進捗報告や、リスク分析・管理など様々な要求があり、それに応えているうちに、いつの間にか PMBOK ® の素晴らしさに気付いたんですね。恐らく教育していただいたんだと思います。

それからようやく重い腰を上げて、というより前のめりで PMBOK ® やプロジェクトマネジメントの勉強をするようになりました。

―― 実際、プロジェクトマネジメントを学んでみて、いかがだったのでしょうか?

人類全員が学ぶべきだと思うようになりました。

―― 人類全員ですか (笑)

そうですね (笑) 。プロジェクトは IT だけではないという考えから発展して、人生で直面したことがないことは、それはすべてプロジェクトである、と考えるようになったんです。

初めてのことでも、きちんとうまく進めたい、という動機がプロジェクトマネジメントの出発点であり、究極のゴールでもあります。そうなると、人類全員にそれぞれの人生で必要になります。

―― なるほど!人生そのものがプロジェクトの連続ということですね

例えば、就職活動もプロジェクトです。にも関わらず、自己分析をしましょう、履歴書や職務経歴書も書きましょう、面接対策をしましょう、などのテンプレートに頼ってしまって、あたかもルーチンワークかのような進め方をしてしまう。それで苦労する構図になっています。

そういうときにもプロジェクトを前進させるためのマインドや考え方、知識があれば、成功させるために必要なことを考えられるようになります。

―― 確かに、就職活動もプロジェクトですね。ということはプ譜も使えますね (笑)

はい、キャリアを考えるときにもプ譜は使えます (笑) 。

研修嫌いの自分が研修を受講して気付いた「自分で手を動かす」重要性

―― プロジェクトマネジメントに通暁されるようになって、講師として仕事を行うようになったのは、どのような経緯があったのですか?

3 社目の会社に在籍しているとき、 2 人目の子どもが生まれて、地域貢献活動もして、会社の経営にも参加して、大忙しだったんですが、それで体調を崩してしまったんです。

それで会社を 3 ヶ月休んだら、もしこれで転職したとしても、 4 社目 5 社目も同じようになるのではないかと思うようになって、独立したんです。

―― そのタイミングで独立だったんですね

それを機にライターやプロジェクトマネジメントの請負、 SaaS プロダクトの開発など模索しはじめたところ、以前のお客様から「プロジェクトマネジメントが得意なら、研修講師という道もあるのでは」と提案されて講師も考えるようになりました。

そこで「プ譜」をもとにした研修の企画をまとめて持っていくと、売れたんですね。

―― 講師の実績がないのに、企画が通るとは、それまでの信頼に加えて、需要をしっかり掴んだんですね

本と同様、やはりプロジェクトマネジメントで悩んでいる会社が多かったというのが背景にありました。

それで講師として登壇する機会も増え、独立後も順調に業績も伸ばせたのですが、どうも受講者の満足度が 80 点ぐらいでとどまることが多く、気になり始めました。

―― プロジェクトマネジメント同様、欲張りですね (笑)

(笑) でも、登壇するからには、やっぱり「人生変わりました」という言葉をいただきたいじゃないですか。

それで「研修嫌い」だったのですが、自分でいろいろな研修に申し込んで受講するようになりました。

自分で受講してわかったのですが、立派な講師がありがたい話をしても 80 点ぐらいだなと。いい話を聞けた、とその場では満足するのですが、自分で何かアクションしようとまでは思わず、そのまま忘れてしまうんですね。

―― よく言う “研修あるある” ですね

その受講した研修の中で一番満足したのが、ワークシートに一杯書いて発表するタイプのものだったんです。ワークシートそのものは 3 C などよく知った題材だったんですが、 “自分で考えて書く” という体験がとても良かったのです。

今までの私の研修は「いかに有益な、価値のある話をするか」だと思っていたところ、そうではなかったことに衝撃を受けました。

自分が考えやすい題材が用意され、自分が考えやすいガイドをしてもらって、自分で正解に近づける、という研修プログラムだと、忘れないし、次のアクションに繋がることに気付きました。

それで、これまでやっていた研修に、この要素を取り入れて、全部作り直しました。

―― それでワークシートの演習を中心にした今のスタイルになったんですね。効果はどうだったのでしょうか?

変えてみると、受講者の目も変わり、受講者自身が考えた上で質問をいただくようになり、受講者の次のアクションに繋がったと感じる、これまでにない手応えがありました。

自分でも講師をしていて楽しくなってきて、あるときには「講演をして欲しい」というオーダーのところ、それではもったいない、とそのお客様に伝えて、最短記録ですが座学 5 分、以降はワークシートで演習という研修も実施したこともありました。

―― 座学 5 分!? 講師の自己紹介で終わってしまう時間ですね (笑)

確かに (笑) 。それでもやっぱり、人間が本当に変わるには、やっぱり自分で実践しないとダメなんです。研修という形式ではありますが、そのなかでも、できるかぎり実践する時間を少しでも豊かにしたいんです。

一番初めのセミナーで無名だった自分ですが、このように考えられるようになって、実際に受講いただいた方々の「目からうろこが落ちた」「自分にもできそう」「早速実践します」という感想をいただき「講師としてもプロになった」という感覚になりました。

―― 素晴らしい!
では、受講者や研修ご担当の方に向けて、最後にメッセージをお願いします

これまでお話した通り、研修嫌いだった私のように、人間、研修がなくても、見よう見まねで、ある程度の実践はできると思います。

ですが、必要なタイミングで適した研修を受講すると、その学習曲線の角度を上げることができます。結果、実践だけで身につけるまでにかかる時間から比べると、短縮できるということです。

プロジェクトマネジメントを身につけたいと思われたなら、ショートカットして実践に繋げられるコースを開発しているので、ぜひ受講して下さい!

―― 今日はありがとうございました!

ありがとうございました。

後藤さん(左)とインタビュアーの寺井(右)

午前免除 FAQ

タグ一覧