close

~Watson実践編~Pythonで活用するIBM Watson

独習ゼミ

Pythonを用い、Watsonで画像認識モデルとチャットボットを作成します。

Watsonでの画像認識モデル作成と、外部システム連携を含むチャットボットの開発を行います。
Pythonを用い、実践レベルまで知識を深めます。

school前提知識

「Watsonで体感するAIプロジェクト入門」を受講していることが望ましい
基礎的なプログラミング知識があること(Pythonであれば尚可)

star_half受講目標

・Watsonの画像認識APIをPythonから操作できる。
・Watsonのチャットボットを開発し、外部システムと連携できる。

face講師

av_timer所要時間

3時間

monetization_onコース費用

・SEカレッジは月額料金プランで開催されています

・講師派遣等での開催をご希望の場合は、お問合せください

assignment研修プログラム

1. WatsonとPythonの基礎

2. Watson(IBM Cloud Annotations)で画像認識モデルを作成(NotebookとしてGoogle Collaboratoryを活用)

3. チャットボットと外部システムの連携

※現在の開催可否についてはお問い合わせください。

このコースについて する