close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門 Z世代 クラウドネイティブ 技術教育 Windows server 2019 XSS CSRF クリックジャッキング ビジネスパーソン VPC IAM AWS Fargete ECS 問題発見力 問題分析力編 Access 流通業界 金融業界 ネットワーク設定 トラブル対応 評価 ソフトウェア品質 クレーム対応 呼吸法 戦国武将 エンジニアリング 組織論 SpreadSheet GAS ゼロトラスト Express 3D Arduino 業務分析法 業務構造 経営者 ストレングスファインダー 発注者視点 情報セキュリティ 顧客体験 エンターテインメント お笑い オンライン学習 オンライン教育 学校教育 情報化社会 スポーツ デジタル戦略 ITフェスティバル2022 GoogleSpreadSheet GoogleAppsScript(GAS) SQL 問題分析力 メタバース NFT 資産形成 資産運用 Typescript WebXR 講師が注目する技術 プラクティス ローコード ホワイトハッカーに学ぶ Google Cloud LinuC レイヤ3スイッチ ホワイトハッカー ハッキング 脆弱性 ビジネススキル キャリア戦略 NFTアート リテンションマネジメント ゲーム制作 トラブル防止 システム外注 食事メソッド コード ソフトウェア設計 ドメイン駆動設計 人事評価制度 報告書 稟議書 契約書 Rails 業務自動化 価値 原則 睡眠 IT用語 DBA 炎上対策 2022年版 パフォーマンス パフォーマンス向上 Kubernetes入門 実践 チューニング 2020年代 2010年代 リモートアクセスVPN VPN構築 Railsの教科書 CCNA試験 ウェビナー 老後 人生設計 OSPF入門 Ruby on Rails 脆弱性対策 説明上手 説明力 システム障害報告 システム障害解決 いまさら聞けない 仕掛けから考える ネットワーク基礎 社会人 基礎知識 今日から変わる 睡眠マネジメント 仕事の成果を上げる 出るとこだけ 情報セキュリティマネジメント試験 狩野モデル 独学 若手向け 若手に受けてほしい ルーティング基礎 ルーティング実践 ネットワークエンジニア はじめての サイバー攻撃対策 2022 機械学習エンジニア 実演 AI基礎 Java開発 HTML Web基礎 JavaScriptフレームワーク Vue.js入門 明日から使える 最新テクノロジー 生産性向上 組織開発 PMBOK®第6版 リスクマネジメント 結合 副問合わせ Linux 実践演習 シェルスクリプト入門 マネジメント変革 押さえておきたい DHCPサーバー DNSサーバー VLANスイッチ レイヤ3 LAN NW技術 ローカルエリアネットワーク 知っておきたい 基本文法 Windowsプログラミング ネットワーク全体像 Git入門 GitHub入門 Pyhtonライブラリ プロジェクト QCD管理 Ruby入門 オブジェクト指向言語経験者向け PMBOK®ガイド第7版 ディープラーニング入門 グラフデータベース LinuC入門 サーバサイドJava入門 基礎編 応用編 AWS入門 AWSサービス ファイアウォール構築 Docker入門 データベース設計技術 オンプレミス オンプレ オンプレAD Windows Admin Centre データベース概念設計 Javaプログラミング 1日プログラミング特訓 AI開発 微分 線形代数 行列 統計検定 統計検定準拠 MySQL データベースメンテナンス データベース論理設計 ファイアウォール入門 副問合せ 顧客の売上アップ 売上アップ Azure入門 自分でつくる Docker実行環境 午後アルゴリズム問題 解き方のコツ FE シェルスクリプト実践 仮題で学ぶ 課題で学ぶ 現場 コミュニケーション管理 DX最新動向 DX推進人材 DX人材 Windows server Django データベース連携 インフラエンジニア最新動向 なんとなくわかるからもう一歩 アルゴリズム入門 アルゴリズム基礎 プログラム ハードウェア Javaアルゴリズム 1日特訓 現場でよく使う Rails入門 データベース障害復旧 Google Cloud Vision AI Dialogflow Cloud Functions Pythonプログラミング 社内資格制度 今日から使える 「仕掛け」から考える ITベンダー 診断ツール Webセキュリティ Webセキュリティ基礎 新任PM 新任PL テスト NW機器 独学できる Windows Admin Center プログラミング体験 Java開発者のための C#開発 RPA RPA入門 NWエンジニア NFT入門 だれにでもわかる サーバサイドJavq サーバサイドJava基礎 サーバサイドJava応用 炎上しないための AWSサーバ プログラム基礎 アセンブラ基礎 人工知能 ICT 課題解決 自律性 システム開発基礎 プロジェクト基礎 Webアプリ パターン別 アプリケーション開発 エンジニア初級 2022年からの 実用的な 発注 受け入れ Microsoft Office AI最新動向 良いSQL 悪いSQL データベース管理 インデックス Webの基本 NW管理 C#開発者のための ルータ TCP/IP通信 積分 数学基礎 NWセキュリティ 基本パターン JavaScriptでつくる DX時代 デザインシンキング入門 データ構造 PHPフレームワーク Linuxで学ぶ 速習 VLAN基礎 ゼロからはじめる jQuery入門 JavaScriptドリル Ruby on rails基礎 テストツール リレーショナルデータベース はじめて学ぶ データベースのしくみ 人生100年時代 令和 デザイン デザイン入門 現場ですぐに使える テーブル設計実践 情シス 外部設計 外部設計基礎 小規模ネットワーク Linux必須コマンド 違いを知ろう AWS CLI AWS CLI入門 CloudFormation NW設計 親子で作る メタバースプログラミング サーバー仮想化入門 DNSサーバー構築 秋冬版 IoT基礎 新人PM マネジメント研修 人を動かす 仕組みづくり イノベーション・マネジメント入門 心理的安全性 チーム チーム運営 3時間で学ぶ OS基礎 サーバー基礎 情報漏えい対策 プロジェクトマネジメント入門 組織改革 やさしいチームのつくりかた 簿記から学ぶ ビジネス基礎 データベースマネジメント 乃木坂46 乃木坂46に学ぶ マーケティング論 なっとく! LinuCレベル1 101試験 LinuCレベル1 101試験 ファイルシステム ディスク管理 データ分析基礎 一発OKを引き出す 資料作成術 プレゼン資料 クラウドサービス NW NW構築 SQL入門 目標達成マネジメント マネジメント基礎 目標管理 行動分析学 人の動かし方 組織の動かし方 科学的な Tableau MongoDB基礎 IoT実践 データ収集 データ自動収集 データ管理 技術者 SEのための 論理的思考 PM PL アルゴリズム再入門 GoFデザインパターン オブジェクト指向未経験者向け 令和版 失敗事例から学ぶ データベース構築 原価管理 業務連動 Access基本操作 クエリ活用 フォーム作成 レポート作成 実務事例で学ぶ 実務 知識活用 ネットワーク管理コマンド PCスキル 最強の習慣 ストレスフリー 作業効率化 Windows 11 webサーバ カラダとココロ ハワイアンストレッチ 身体のケア ストレス解消 パワーアップ リフレッシュ 1日で習得する ユーザ視点で考える 今知っておきたい UX向上 ユーザエクスペリエンス ユーザ体験 比べて学ぶ 仮想化 仮想マシンとコンテナ データサイエンスプログラミング データ視覚化 オリンピックコーチが伝える セルフマネジメントメソッド セルフイメージ 仮想環境 仮想環境で学ぶ セキュリティ実践 サーバーセキュリティ オンライン攻撃事例 質問技法 SE JavaScriptだけでつくる バッチ処理 テストデータ作成 ストアドプロシージャ バッチ テストデータ 実践編 デザイン力 テレワーク時代 収納術 インテリア術 サイバーセキュリティ 無線LAN Wi-FI 人事 BGP入門 ルーティングプロトコル 文系でもわかる 統計学入門 IPv6 IPv6入門 IPv4 人材育成 人が育つ仕組み 売れる仕組み マーケティング入門 セールスパーソン セールスマネージャー セキュリティ対策 計画の立て方 脱TCP HTTP/3 HTTP/3時代 AWS認定資格 Amazon Web Services 作業自動化 顧客折衝 Webサーバー自動構築 JavaScriptコーディング JavaScriptコーダーのための エンジニアのための ここが危ない テレワークセキュリティ サイバー攻撃事例 相手が理解し納得できる プレゼン 図解活用術 図解活用 Webアプリケーション Webアプリケーションセキュリティ クロスサイトスクリプティング OSコマンドインジェクション PowerPointで作る 資料デザイン 見やすい資料 IT業界人 知っておくべき 目の疲れ 眼精疲労 新習慣 習慣 栄養 運動習慣 イノベーション IMS ISO56000 イノベーション・マネジメントシステム 顧客視点 デザイン思考 Excel初級編 オブジェクト指向基礎 Javaでオブジェクト指向 Vue3 Vueアプリケーション FE試験 リーン開発 情報システム 情報システム開発 開発手法 C#プログラミング 応用情報技術者試験 AP AP試験 情報漏えい事例 心理学 E-R図 PMBOKから学ぶ 新人エンジニア 0年目エンジニア Webサービス Webサービス基礎 スコープ・ベースライン スコープ記述書 WBS辞書 ステークホルダ 3Dオブジェクト 3Dプログラミング canvas WebGL Three.js 3D描画 Pythonによる ローコードAI開発 Pandas scikit-learn Pycaret データ前処理 AIエンジニア Windows server基礎 攻撃対策 攻撃手段 マルウェア マルウェア対策 攻撃監視 Power BI Desktop BI ERD SQLマスター SQL実践 特訓講座 Google Apps Script AWSベースサービス Amazon ECS Amazon Elastic Container Service リーダーが知るべき Dockerビルド Docker応用 Docker構築 自動ビルド 伝達力 プランニング ネットワーク仮想化 ストレージ仮想化 達意の文章 書く力 GCP GCP入門 クラウドサービス基礎 伝わる文章 Cloud IAM Cloud Pub/Sub GCP応用 GCPリソース連携 TCP/IPプロトコル Webページ作成 コーディング NW全体像 NW機器の仕組み NW機器の特徴 つながりで理解できる マイクロサービスアーキテクチャ RESTfulアーキテクチャ Web API設計 Web技術 Web API実装 無線LAN基礎 体調快調生活 酸素不足 ITキャリア アプリケーション登録 システム基本設計 システム設計入門 PoC 成果定量化 プロジェクトアンチパターン 要求管理 IoT人材 心理的安全性の高め方 webサイト webサイト制作 タイムマネジメント原理原則 時間管理 時間効率化 時は金なり 時はいのち ECRSの原則 JavaScript実践 JavaScript基本コード NW基礎 サブネット分割 コンプライアンス基礎 情報管理 ハラスメント 社会人基礎 ハラスメント防止 ネットワークセキュリティ基礎 NWセキュリティ基礎 NoSQL基礎 3C分析 セールス 簿記3級 顧客理解 Scratch Scratchで学ぶ プログラミング未経験者向け クイックツアー プログラミング言語の歴史 IT入門 ITの歴史 Ciscoルータ IPv6移行 IPv6ルーティング 小規模NW いちばんやさしい HTML/CSS入門 正規形 JSP サーブレット WindowsServerでつくる IIS Microsoft DNS Server 工数 係数モデル FP法 ボトムアップ法 WBS法 1日で学ぼう PostgreSQL DBA必見 AI活用事例 Gitコマンド バージョン管理ソフト NW設定 RDBMS基礎 レビュー技法 リーディング技法 超特訓講座 Git中級 Git応用 CLI 契約 著作権 アプローチ手法 アプローチ ソフトウェア開発 ユーザ視点 UXデザイナー 最強の週間 IT基本用語 LinuC Lv.1 ロジカル ITパスポート試験 若手エンジニアのための ゼロトラストセキュリティ 派遣 業務請負 知的財産 トヨタ生産方式 リーン開発で学ぶ フロントエンド開発 新価値創造 新価値創造プロジェクト 事業開発 デジタル変革 DB リレーションシップ Tableau基礎 データ可視化 データ可視化ツール クエリ データ加工 Access活用 Webアプリケーションフレームワーク 社内プレゼン 健康

fukabori.fm の中の人 岩瀬 義昌 さんに「プロダクトマネジメント思考を活かした仕事術」について深掘りしました!| NTT コミュニケーションズの変貌を知る(後編)

calendar_month2022-07-20 公開

インターネットでは JTC (Japanese Traditional Company) と「日本の伝統的大企業」を揶揄するミームがあります。

しかし今回は、そんなミームに反して大きな変貌を遂げたテックカンパニー NTT Com をご紹介します。

ソフトウェアエンジニア界隈で話題の記事を測る物差しに はてなブックマーク数(ブクマ数) がありますが、 NTT Com に関連する記事は 2021 年にブクマ数 100 を超える大ヒット記事が 7 本、年間のブクマ数 3000 を超えるほどにソフトウェアエンジニアの界隈で話題になっています(テックカンパニーとして名高いクックパッドさんで 100 ブクマ数以上の記事は 11 本、年間ブクマ数 4000 以上)。

その話題になった NTT Com の多くの施策に関わった 岩瀬 義昌 (iwashi86) さんに、日本の伝統的大企業を Hack する方法、仕事術、ご自身で運営する人気のポッドキャスト fukabori.fm などを通じてアウトプットすることの面白さなど、ロングインタビューしました!

前後編に分けて、そのインタビューの模様をお伝えします。

前編で “日本の伝統的大企業” を Hack する方法を伺いましたが、この後編では、様々なヒット施策を生み出す「プロダクトマネジメント思考を活かした仕事術」を中心に深掘りしました! ぜひご覧ください !!

お話を伺った方

岩瀬 義昌iwashi86

NTT コミュニケーションズ株式会社 イノベーションセンター テクノロジー部門 担当課長
東京大学大学院修士課程修了後、 2009 年 NTT 東日本に入社し大規模 IP 電話システムの開発などに従事。 2014 年に内製、アジャイル開発に携わりたいという思いから、 NTT コミュニケーションズ SkyWay 開発チームに転籍。 以降、カンファレンスでの登壇、記事執筆、技術・組織・マネジメントなどを深掘りするポッドキャスト fukabori.fm の配信など様々なアウトプットがソフトウェアエンジニアの界隈で人気を呼ぶ。 2020 年よりヒューマンリソース部に異動し、人材開発や組織開発に従事し、 2022 年より全社のアジャイル開発・プロダクトマネジメントを支援している。

プロダクトマネジメント思考を活かした仕事術とは

―― 前編の最後で、 HR 部門から次はソフトウェアエンジニア組織に戻り Issue Discovery から始めると伺いました。 ここからは岩瀬さんの仕事や施策の進め方を伺って参ります。 まずはどのように施策を考えているのでしょうか?

プロダクトマネジメントの考え方に倣うことが多く、先程お話した通り、まずは課題発見から始めています。

―― 普段その課題はどのように見つけてらっしゃるのでしょうか?

インタビューですね。 やっぱり人に聞くことです。

次に解くべき課題が本当に存在するのか、引き続き、インタビューして検証します。 この Customer Problem Fit の段階で存在確認ができれば、今度は次の段階 Problem Solution Fit … と、プロダクトマネジメントやアジャイル開発と同じように進めていきます。

―― 課題の存在検証は忘れがちですが、重要ですよね。 ちなみに何度も私はこれをせず失敗しています … 。 では、そのプロダクトマネジメントのように進めた施策には、どういうものがあるのでしょうか?

記事になった NTT Com オンボーディングハンドブックはまさにそうです。

NTT Com には毎年新入社員が 200 人以上、入るのですが、リモートワークが前提になったことで、新入社員から「チームに入った実感がわかない」「質問していいか迷うことがあった」などポツポツ声が上がっていました。

そこで 10 月 11 月ぐらいに新入社員約 20 人にアンケートし、うち 10 人に依頼して「配属されてから何にいちばん時間を使いましたか?」「成果を出す上で困っていることはありますか?」とインタビューして課題を聞きまくりました。

そうすると様々な課題があることがわかったのですが、その中に「オンボーディングとして何をすべきかわからない、そもそもオンボーディングそのものを知らない人がいる」というのがあり、これを解くべき課題として設定しました。 その課題解決で作られたのがオンボーディングハンドブックです。 組織横断チームで執筆しており、各部の知見を合わせたものになっています。

―― プロダクトマネジメントそのものですね。 しかも社外反響も大きく “オンボーディングで困っていた” というバーニングニーズを解決できているのがスゴイところです。 岩瀬さんはいつからプロダクトマネジメントを意識して施策を作るようになったのでしょうか?

技術顧問の 及川 卓也 さんと話し始めてからかも知れません。 及川さんと話していると「誰が、どんな状態になったらいいのか?」「それはどうやったら計測できるの?」とか、及川さんの本 * に書かれていることをめちゃくちゃ聞かれて、考え方を叩き込まれます。

「プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで」(翔泳社刊)

―― 何度も聞かれると自然と考え方が染み付きますよね。 岩瀬さんも及川さんと 1 on 1 をするのでしょうか?

施策の打合せ、壁打ちが一杯ありますし、個人的に人生の相談をすることもあります。

―― なんと贅沢な。 こういう言い方もアレですが、技術顧問を使い倒していますね(笑)

技術顧問の時間が空いていれば誰でも相談できるようにしているので、みんな使い倒していると思います(笑)。 それで「及川さんに聞けて助かった」と言われることも多いですね。

―― 技術顧問、最高の制度ですね!

アウトプットで “信頼貯金” を貯める

―― では、その技術顧問を招聘するにあたって、前編では、岩瀬さんから「アウトプットで “信頼貯金” が貯まっていたから好意的に検討してもらった」と伺いました。 ここからはそのアウトプットについて伺いたいのですが、岩瀬さんは fukabori.fm / 記事執筆 / カンファレンスでの登壇など様々にアウトプットされています。 始められたきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

NTT Com に転籍して一番最初に入ったのが SkyWay * を開発しているチームで、そこに勉強会を開催する・勉強会で発表するカルチャーがあったのですね。 それまではデブサミ * ぐらいしか参加したことがなかったので、「なんだこれは !? 」という衝撃を受けました。

SkyWay: 2013 年末に発表された WebRTC (Web Real-Time Communication: Web だけで映像/音声のリアルタイムコミュニケーションができる技術) を簡単に自社製品やサービスに組み込める SDK (開発者向けツール) 。 発表当初から OSS として公開されている

デブサミ: Developers Summit の略称、愛称。 翔泳社が主催するソフトウェアエンジニア向けカンファレンスの草分け

―― それほどまでに SkyWay のチームは違っていたのですね

SkyWay のマネージャがスタートアップに理解のある方で、その影響が大きかったと思います。 個人の印象ですが、 NTT らしくない働き方をしてきた人の一人ですね。 私はその SkyWay のチームができて半年ぐらいで JOIN しました。

詳しくは fukabori.fm のエピソード 「10. 大企業HACKS! – 大企業で実現するイマドキのサービス開発 」で、そのマネージャである rotsuya さんとお話していますので、ぜひお聞きください(笑)。 その SKyWay のチームは今はもう 40 人ぐらいに成長して、継続的に利益も出しています。

―― 私もそのエピソード拝聴しました! エンタープライズな内幕がわかる、とても刺激的なものでしたね。 その SkyWay で勉強会文化に触発されたと …

2 回目の社外勉強会に参加したときに「楽しそう!、登壇する側になりたい」と思い、 3 回目から登壇し始めました。 また、会社を転籍して社内の知人・友人がゼロからだったので、自分で社内ランチ勉強会( TechLunch )を企画して、最初は自分で登壇し始めました

―― 知人友人獲得のために勉強会開催とは(笑)。 しかも「登壇オレ」なので完全な独演会 …

当時は出社する社員が多かったので、意図的に人がよく通るオープンスペースでやりました(笑)。 Docker が全く普及していない時代だったので、 初回のテーマは Vagrant を使った仮想環境構築をテーマに話したように記憶してます。 私がメインの運営から外れた今も、その勉強会は今も続いていて 148 回開催されてますね。

―― 社内勉強会はなかなか続かないのに 148 回はスゴイ。 岩瀬さんの “周りの巻き込み方法” が垣間見えますね

自分が楽しいと思うことをやること、そのやっていることをできるだけ可視化するようにしています。 例えば、 Slack の times チャンネル * で積極的にアウトプットしたり、やっていることは public なチャンネルに出すようにしたりしています。

脱線ですが、弊社には Microsoft Teams / Yammer を使う MS 勢と Slack + Google Workspace 勢がいます。 情報発信する際は、面倒でも両方に発信できると良いと思います(私もがんばってどっちにも書いてます)。

times チャンネル: 分報とも呼ばれるもので、社内 Twitter のように自身がやっていることや考えていること、困ったことなどをつぶやくチャンネルのこと

―― どっちにも書くのは大変そうですね。 それでも価値があると?

やりすぎと言われるぐらいの見える化と面白そうだという雰囲気を出しておくことが重要で、そうやってはじめて、それを見た人が「楽しそう」と入ってきてくれます。 あと、 NTT Com 単体で社員が 9000 人と多いこともあり、何度も何度も発信しないとなかなか広まりません。

―― 確かに、誰かに言われて受動的に入るのではなく、「楽しそう」と自発的に入ってくることが重要ですね。 そういった岩瀬さんの public なアウトプットの中でも、代名詞ともなった fukabori.fm ですが、どのようなキッカケで始められたのでしょうか?

Rebuild.fm * からの影響です。 実は SkyWay にきたのはその Rebuild.fm とデブサミがきっかけです。

Rebuild.fm: 伝説的なプログラマ、宮川達彦さんが配信するポッドキャスト

―― えっ、そうなんですか?

転籍前の当時、 Rebuild.fm では有名な伊藤直也さんたちが登場して、 Docker などモダンなテクノロジの面白い話をしていました。 当時の環境では、外注による開発が多かったので、モダンテクノロジを自分で使える機会は少なかったんです。

Rebuild.fm を聴いているうちに、それを使える場所に行きたいと思うようになっていきました。

―― Rebuild.fm ではゲストの方々と楽しそうにテクノロジをお話されていて、ライターの私ですら面白そうと思うことが多いので、ソフトウェアエンジニアなら尚更ですね。 では、もう一つのデブサミは?

参加したデブサミで吉羽龍太郎 (ryuzee) さんが Amazon.com ではデプロイが 1 時間に 1000 回以上も行っているというセッションをしてらっしゃいました。

ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA

当時自分は NTT 東日本で日本の IP 電話網を作るプロダクトに携わっていて、デプロイ頻度は遥かに少ないものでした。 プロダクトの種類が違うため、それはそれで理にかなっていると思います。 一方でデブサミで見聞きした話は、世界線がまったく違っていました。 そのセッションで「いつかはデブサミの登壇する側に立ちたい」と興奮したんです。

それで転職も視野に入れて “モダンなテクノロジを使って、内製開発でアジャイルな開発ができるところ” をグループ内の転籍制度のポジションも含めて探している中で、 SkyWay ならそれができそうと思って、転籍しました。

―― そんな熱い想いがあったとは。 いつもの fukabori.fm で聴く落ち着いた口調とは想像がつかなかったです

ちなみに Rebuild とデブサミ の影響で 2 つ目標ができました。 1 つめは ryuzee さんと仕事をすることでした。 これは技術顧問にもなってもらったので叶いました。

2 つめはだいぶ前に Slack の自分の times チャンネル に半分冗談で書いていたものですが、 fukabori.fm の 100 回目に宮川さんに登場してもらって、それで最終回にすることです。 まだ宮川さんとのパスは無いので、ゼロからです(笑)。 あ、今は 101 回以降も続けるので、やめる気はないですよ!

―― その 100 回目は聴きたすぎます! この記事も含めて宮川さんに届くといいですね !! … 最終回と聞いて一瞬ビックリしましたが、引き続き fukabori.fm の継続を願っています!

アウトプットのフィードバックで会社だけでなく日本も変えられると感じた

―― 私は記事を見るのも、ポッドキャストを聴くことも、勉強会に参加するのも好きですが、登壇しよう、アウトプットしようとは思いません。 岩瀬さんは、なぜアウトプットしようと思うのでしょうか?

社内 ISUCON のときもそうだったんですが、小さな行動を積み重ねることによって、小さな成功体験があって、自分の経験上、面白いと思えるようになってるからですかね。 失敗して本当にダメならやめればいいだけですし。

―― 具体的にはどんな成功体験があるのでしょうか

まず聞くだけより、登壇して話すことのほうが色々な情報が得られます。 また話せば話すほど、知名度のある方と話す機会も増えるし、色々なフィードバックもあります。 それをもとにまた発信するようになって、自分の経験学習のサイクルが、より回るような感覚になります。

例えば、 NTT グループ内外の勉強会やカンファレンスで発表していると、 NTT グループ以外の方から「マネしてみたら、出来るようになったんです」といったフィードバックを受けるようになりました。 これを続けていると、思ったより社会に良い影響を与えられるぞと、登壇しはじめて 2 年~ 3 年でだんだん気づいていきました。

社内からも「話を聞かせて」「やり方を教えて」と寄せられることもあり、それで自分への “信頼貯金” が貯まってきている実感がありました。

それだけでなく、会社の文化が変わるように感じました。 それで徐々に会社を変えられそうかな、という感覚になり、それなら日本も変えられるのではと思い始めました。

―― 「日本も変えられる」ですか?

NTT グループが変わると影響力が大きいですから。 NTT グループを変える環境として、 NTT Com はよい環境だと思います。

IT 界隈のプロダクトは Big Tech で作られているものも多いのですが、個人的には日本から良いプロダクトがどんどん出ていけばいいなと思っています。

実際にこの数年で、 NTT Com は大きく変わってきたと思います。まだ道半ばですが。

―― 道半ばと思われるのはなぜでしょうか?

これまで以上に魅力的なプロダクトを提供できる会社だと考えているからです。 例えば、 NTT Com には OCN という ISP サービスがありますが、 OCN のように多くのお客さまに利用してもらえるプロダクトを提供できるポテンシャルがあると考えています。

―― 大ヒットとなるプロダクトが出そうな手応えはありますか?

確度は高まっていると感じています。 最近はデザイン思考やプロダクトマネジメントを適用してプロダクトを作り、リリースサイクルも速いものが増え始めています。

例えば、コロナの中、ほぼ 3 ヶ月でリリースされた NeWork * はいい例で、 10 名ほどのスモールチームで開発されています。 現在もデプロイ頻度が高く週 1 でリリースされています。 社内でもこういうモダンなプロダクト開発ができると評判です。

NeWork (ニュワーク) ASCII.jp:テレワークで失われた“立ち話感覚”を、NTT Comが「NeWork」披露

プロダクトは千三であり、出してみないとわからない部分がありますが、プロダクト数が増えているので、成功する可能性が高まっていると感じますね。

―― 期待しています! また、思わぬ岩瀬さんの情熱の源泉が伺えてよかったです

源泉という意味では、ずっと同じことをやってられない、新しいことをやりたいというソフトウェアエンジニア気質もあるかもしれません。 停滞するのが苦手で、何かしら成長できるように課題を設定しています。

研修担当はプロダクトマネジメント思考を身につけよう

―― 非常に名残惜しいのですが、最後にトレタンへのアドバイスを伺えますでしょうか?

アウトプットすることです。

人事・育成担当者はあまりアウトプットする場所がありませんが、社内のブログなどに「こういう育成プログラムありますよ」と出してみるとか、奇をてらわず研修プログラムの開催報告を会社のブログに載せるとかでも全然いいと思います。 巡り巡って、採用に効くかも知れません。

―― 確かに NTT Com さんは HR 部門なのにブログ発信が多いですよね

私がチームを煽っているのも一端です(笑)。 1 on 1 でも言いまくってます。

それだけでなく、アジャイルのカンファレンスにも登壇するよう持ちかけて一緒に登壇しました。 RSGT (Regional Scrum Gathering℠ Tokyo 2021) はその一例です。

岩瀬さんと HR 植田さんの RGST 2021 での登壇動画( 9 割は植田さんがお話)

さらに「 RSGT にも登壇できたし、次はプロダクトマネージャーカンファレンス( PM Conf )もいけるでしょ」と言って、今度は PM Conf 2021 にも私抜きで登壇してもらいました。

PM Conf 2021 で HR 植田さんと HR 三村さんが登壇

―― スゴイ! しかも HR では珍しい自社事例や失敗談まで。 とても面白い!

このセッションのように、人事・育成担当者もプロダクトマネジメント的な思考を持つと良いと思います。

HR に来てみてから、人事業界一般としてめちゃくちゃバズワードが多い + とりあえずやってみます、という事例が多いことに驚きました。 たとえば、その研修によって「誰がどんな状態になったらいいのか」、「どうやって効果を測定するのか」というのがなく、プロダクトマネジメント的に考えられていませんでした。

今の NTT Com の育成チームの中ではプロダクトマネジメント用語が飛び交うようになっています。 「定量評価の観点でいえば、こういう先行指標があるから、遅行指標のこれが上がるよね」という感じで、研修などの各施策には OKR も入れて作っています。

―― HR でそれはスゴイ! … ただソフトウェア製品では様々なメトリクスが取れて改善に活かせますが、研修は効果測定が非常に難しいとされます。 何か工夫できる点はございますか?

これは立教大の中原先生も記事に書いてらっしゃいましたが、オススメなのは Google Form などで研修申込を受け付けて、研修が修了した 3 ヶ月後などに自動で「行動が変わりましたか?」というアンケートを取ることです。 コスト(工数)もそこそこで済みます。

また、アンケートによるリマインドにより、研修効果も高まります。

さらに、もう一歩踏みこむと、その上長や周りのメンバーにも「研修受講者の行動が変わったかどうか」を聞いてみるとよいと思います。 受講者の主観ではなく、客観データが取れるようになります。 ただ全部の研修でやってしまうとアンケート地獄になってしまいますので、これはという研修に絞るといいでしょう。

研修満足度が高くても行動変容が起きないコースが結構ありますよ。

―― なるほど! とても具体的でマネしやすいですね。 今日は非常に沢山の貴重なお話とアドバイスをいただき、ありがとうございました!

ありがとうございました!

午前免除 FAQ

タグ一覧