close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門

DX に必要な DevX とその向上に研修ができること


2020-11-04 更新

コロナ禍でさらに DX の需要は急増

コロナ禍を機に「 DX(デジタルトランスフォーメーション)」の需要が高まっています。メディアでの DX に関連するニュースはコロナ禍を機に倍増し、皆さまがご覧になるメディアでも「 DX 」にまつわる記事を見ない日はないでしょう。

日経新聞 電子版における “DX” を含む記事数の推移
記事数
2020 年 9月 157
2020 年 8 月 111
2020 年 7 月 102
2020 年 6 月 104
2020 年 5 月 54
2020 年 4 月 57

また、メディアでの露出増加だけでなく、検索ボリュームも 2020 年 4 月から 6 月で増加率が 80 ポイント以上と、急増しています。

デバイス 2020 年 6 月 2020 年 4 月
computer PC 46,885 25,660
smartphone mobile 27,115 14,840

ちなみに、 ERP や CRM のような、どちらか SoR ( System of Record ) に近いキーワードの検索ボリュームは若干増えているものの、 DX ほどの伸びは見せていません( ERP は 19 ポイントアップ 。 CRM は 23 ポイントアップ )。

コロナ以降も IT 需要は減らないという見通しはあるものの、当たり前ですが、分野により増加幅はまだらです。

コロナ禍と DX の関係

なぜ、コロナ禍を境に「 DX 」の需要は伸びているのでしょうか。

コロナ禍によってもたらされたものは、人と人との接触を抑え、極力オンラインで完結することが求められたことです。これにより「全業種で全業務のオンライン化」が検討され始めました。

  • オンライン会議
  • オンライン授業
  • オンライン契約
  • オンライン営業
  • オンライン製造
  • オンラインコラボレーション
  • オンライン…

オンライン ○○ は、まだ最適解が見つかっていないことが多く、まさしく「 IT の浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」というデジタルトランスフォーメーションそのものです。

先程の SoR の代表格として挙げた CRM はコロナ禍以降でも使用目的・効果にほとんど変化はありませんが、その顧客獲得までを支援する SFA はオンライン商談などでまだ最適解が見つかっていないため、コロナ禍を境に検索ボリュームは増加し、増加率で 54 ポイントアップしています。

 

このようにコロナ禍により、より一層 DX が求められるようになりました。

もう一つの DX Developer eXperience が DX に効く

DX のように最適解が見つからない場合、従来の SoR と同じように答えからシステム化する方法では開発できません。

最適解が見つからないときには、たくさんの解法を作って試して失敗して、改善・ピボットを繰り返し、その繰り返すスピードを速くして、最適解らしきものを見つけるしかありません。これが SoE ( System of Engagement ) の開発スタイルです。

例えば、 TikTok の前身 musical.ly は、当初 Twitter とオンライン教育を組み合わせ、短い動画で学ぶことができるアプリを開発・壮大に失敗し、資金の 8 % しか残っていない状態から、ピボットして musical.ly を 30 日間でスピード開発しています。

関連記事
The inside story of Musical.ly – Business Insider

この改善・ピボットを繰り返すスピードを速めることに効くのが、もう一つの DX 、 Developer eXperience (開発者体験) です。

ここではこの 2 つめの DX Developer eXperience を DevX と呼び名を区別して呼ぶことにします。

この DevX 、開発者体験がよいと、気持ちよく開発が進められ、自然と開発スピードが上がります。一方で、開発体験が悪いと、開発が躊躇われ、自然と開発スピードが遅くなります。

関連記事
DX: Developer Experience (開発体験)は重要だ – Islands in the byte stream

この DevX の改善が開発スピードを生み、改善・ピボットのスピードが上がり、結果として DX の成功率を高めます。

DevX に求められるもの。プログラマの三大美徳

DevX を向上させる前に、そもそも開発者が望む、よい体験を知る必要があります。

その原点とも言えるのが、プログラミング言語 Perl を開発した Larry Wall が定義したプログラマの三大美徳です。

  • 怠惰 Laziness
  • 短気 Impatience
  • 傲慢 Hubris

怠惰とは、とにかく無駄なことをしたくない、省力化したい、という気質です。そのために面倒でも自動化プログラムを書いたり、ドキュメントを書く、という行動をとります。

例えば、毎日 10 秒で終わる手動のタスクも、 1 日 1 週間でもかけて自動化したい、という行動を起こしたりします。

 

短気とは、(コンピュータの)パフォーマンスが悪いときに感じる怒りです。機能仕様を満たすだけでなく、処理速度を気にしたプログラムを書こうとします。

例えば、デプロイやテストなどが遅いときにイラッとして、ワークフロー設定ファイルやテストコードなどを見直して書き直したりします。

 

傲慢とは、他から文句を言われないようなプログラムを書くという矜持です。意図がわかりやすい、読みやすい、拡張しやすい、コードを書こうとします。

例えば、ハードウェア性能に起因する問題をバグと言われたり、コードレビュー時にクソコードと揶揄されるようなことには敏感なので、厳禁です。

 

原則的に、開発者がもつ 3 つの衝動が発動しないシステムであれば、 DevX が良いと感じることでしょう。

なお、 DevX がイケてる環境ほど、この 3 つの衝動に忠実な、凄腕の開発者が集まりやすくなります。

研修から DevX の向上をサポートする

DevX の向上の原則に触れたところで、研修担当者ができる具体的な施策を考えてみます。

とはいえ、研修担当者は新しいツールを購入したり、開発環境を決定できるわけではありません。

では、どのようなことができるのでしょうか?

 

エンタープライズ向けシステム ( SoR が多い ) の開発者の多くは、 DevX を向上させる CI / CD, DevOps, Orchestration, MicroServices などを業務で使うことはおろか、研修などを通じても触ることは稀です。

DevX は experience (体験) というだけあって、百見・百聞は一触に如かず、です。業務でも研修でも触れない現状では、多くのエンタープライズ向け開発者は DevX に興味が湧きにくくなります。

このため、これまでは DevX に興味をもったひと握りの開発者が業務時間外や休日を使って、 Web サイトや書籍、勉強会などを通じて学び体験する、細々としたもので、 DevX の向上は個々の開発者のモチベーションに完全に依存していました。

 

ただ、逆に、一触すれば、開発者の 3 つの衝動が発動しない、 Dev X が向上するシステム・ソフトウェアに興味が湧くことでしょう。

今までは、個々の開発者の興味やモチベーションに依存していましたが、企業のリソースを使えば、この一触の機会をスケールさせることができます。それが DevX 向上に研修担当者ができることです。

 

まずは DevX 向上につながる CI / CD, DevOps, Orchestration, MicroServices などに触れられる研修を用意しましょう。

特にコロナ禍により、密を避けるための「リモート開発」はお客様にもメリットがあります。リモート開発環境に必要な Git/GitHub or GitLab, Docker などから入ると、学習コストは低く、成果が得やすいものになるでしょう。

そして、気軽に触れられる雰囲気をつくりましょう。

たとえば、研修を受講するために長々と説明させるような稟議書などはなしにして。これも立派な DevX の向上です。

 

infoお知らせ

SE プラスでも DX 関連コース、はじまってます!

icon_sugano
一押しコースの見どころ紹介!| 保険業界における DX 化

avatar_hata
一押しコースの見どころ紹介!| 令和時代のプロジェクト成果の考え方

午前免除 FAQ

タグ一覧