close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門

特集1 投影するスライドはそのままでいいのか?を考える


2020-06-04 更新
本特集について

コロナ禍により否が応でも、あらゆる業種・業務でオンライン対応が求められるようになりました。それは研修でも同じです。
では、オンライン研修で講師も変わる必要があるのでしょうか?この特集では、従来のオンサイト研修との違いと、そのオンライン研修で講師に求められるオンライン対応を紹介します。

fast_forward前回の記事はこちら 特集「オンライン研修で講師が求められること」

最初に考えないといけないことは「投影するスライド」を変える必要があるかどうかです。

オンサイト研修(実地研修)でも、パワーポイントなどで作成したスライドをプロジェクタで投影しながら講義を進めることがあると思いますが、それをそのまま使っても同じ効果が見込めるのか、それともそうじゃないので変えなければならないのか?

そこを最初にチェックしてみましょう。

メイン画面は一つで設計しているか?

オンサイト研修では、その空間すべてが研修に活用できます。配布資料、ホワイトボード(時には 2 枚)、受講生用パソコン、小道具等々。グループワークをする場合は、それらに加えて、グループ単位のホワイトボードや模造紙、カードなども使えます。

講師も動き回ることができるので、受講生の目線を大きく動かすこともできるわけです。

 

しかし、オンライン研修の場合は、あくまでも小さなパソコン画面の中だけで…今ならスマホでの視聴も想定しなければなりません。

そうなると、どうしてもメインは一つの画面になりますよね。せいぜい小さなワイプでもう一つ用意するぐらいでしょう。

もちろん、その一つの画面を、(1) (オンサイトで投影している)スライド、(2) PDF資料、(3) Webサイト、(4) ホワイトボード、(5) その他を切り替えながら進めても構いませんが、受講生には “一つの画面” であることに変わりはありません。

オンサイト研修のように、左を見ればホワイトボード、真ん中にスクリーンと講師、右を見れば別のホワイトボードというように、受講生の意思で必要なところにロックオンすることはできないですし、同時に表示させることもできないわけです(技術的には可能ですが複数画面にすればするほど、個々の画面は小さくなるので)。

受講生全員に VR ゴーグルをつけてもらえれば比較的同じような環境が作れるのですが、それはまだもう少し先かなと。今の VR ゴーグルは重すぎて首がつかれますからね。長時間はきつい(笑)。

そのため、講義の全体設計をするときに、 1 画面で設計することを考えなければなりません。

 

具体的には、(オンサイト研修ならホワイトボードに残したり、スライドといったり来たりできるのに対し)オンライン研修では前の画面を残せないので、全体像と表示中画面の位置付けを表現するところに工夫が必要になります。

  • 事前に使用する配布資料をダウンロードして印刷しておいてもらう
  • リード役の配布資料に全体像と、表示している 1 画面の位置付けを表現する
  • 但し、プリンタの無い環境で配布資料を見ることができない受講生が居る場合は、それに対する配慮も必要
  • 全てのスライドに全体像とその位置付けを表現する
  • 体系化に向いたPreziのようなプレゼンテーション作成ソフトを使う
  • 講師がつねに全体像とその位置付けを表現する

メイン画面が小さいことを意識しているか?

それともう一つは、受講生の受講環境の多様化への対応です。

事前に PC 環境に制限をかけて「 ○○ インチのフルスクリーン厳守」のようにすれば、それを想定してスライドを作成すればいいのですが、そういう前提を付ければ付けるほど、オンライン研修の “良い部分” を殺していくことになります。

どうせオンラインにするのなら、非同期にして「いつでも、どこでも、何度でも」に対応しなければもったいないですよね。

 

で、そうなると今のご時世、通勤時の隙間学習なんかも想定すれば… “スマホでの視聴” は必須だと思います。もちろん 縦型 ですよね。縦型で設計すれば、 6 cm × 4 cm の画面を 3 つぐらいは表示することも可能になるので。

でも、そうなると文字の大きさが変わります。

オンサイトの講義で使用する投影スライドは「最低 24 ポイント」というケースが多かったと思います。しかし、スマホの縦画面で見た場合は「最低 60 ポイント」だったりするわけです。その文字の大きさを前提にスライドを作成しなければなりません。

加えて、スライドがメインですから、そこに講師の解説をのっけることを考えて講義の全体像も組み立てなおさなければなりません。画面に表示される情報が少なくなるため、それを講師の話で補うという感じでの再設計です。

 

あとはそう。

オンサイト以上に、スムーズなズームイン・ズームアウトが必要になると思います。オンサイトの場合でも実施していると思いますが、スマホでの視聴を想定すると1画面が小さいので、その機能の利用頻度は高くなるからです。

そこでもたもたしていると集中力も切れますからね。

例えば Zoom で講義をする場合、講師のパソコン画面に複数の画面を表示しておき、それを比較的簡単に切り替えながら進めていくことができますし、個々の画面でもソフトによってはズームイン、ズームアウトができたりもします(ブラウザや PDF や画像の表示ソフトなど)。

しかし、”スムーズ” さで言えば、スマホの方が一歩も二歩も先に進んでいます。ピンチイン、ピンチアウト、スワイプなどほんとスムーズにできるますよね。

したがってオンライン講義をする場合に、スマホをいろいろなシーンで組み込んでいくことは、とても有益なことだと考えています。

それゆえ僕も、スマホ画面をパソコン画面に投影するソフトを使って、スマホを操作しながら講義を進めています。

集中力を切らさないスライドにしているか?

最後の一つは、スライドの表現力に対する工夫です。

オンサイトのように集中できる環境ではないので、投影するスライドを作成する時には「いかに集中力をきらさないようにするのか?」という点を、しっかりと考えて作成しなければならないという点です。

  • どうやって興味を惹くか?
  • どうやってインパクト強く、印象深く、記憶に残すか?

これらを意識して確保できれば、オンライン研修の弱い部分(集中しにくい)を補強することができると思います。

 

それと、「学習効率を追求する」という点においても、オンサイト研修とオンライン研修の違いを意識したものにしなければならないと考えています。オンサイト研修は “その場限り、もしくはその場重視” ですが、オンライン研修は “非同期で、いつでも、どこでも、何度でも” になるからです。その強み(長所)を活かすことも考えないと、それこそ時間がもったいないですからね。

  • いかに短時間で効率よく必要最小限のボリュームにするのか?

こうした点をしっかりと考えて、弱い部分(集中しにくい点)を補いつつ強み(何度も聞いてもらえる)を活かすことができれば、その時初めて、オンライン研修の価値をオンサイト研修以上に高めることができ、緊急避難的な暫定対策としてのオンライン研修から脱却できると考えています。

 

とは言うものの…実際にはとても難しいことですよね。「言うは易し、行うは難し」です。画一的な答えも無いので、追求し続けるしかない永遠の課題だと言っても過言ではありません。

永遠の課題…

  • いかに興味を惹くか?
  • いかにインパクト強く、印象深く、記憶に残すか?
  • いかに短時間で効率よく必要最小限のボリュームにするのか?

僕がそう強く感じているのも…実はこれって、書籍(特に試験対策本)を書くときに考えないといけないことと同じなんですよね。

だから、もう 20 年間考え続けていることになります(まだまだ道半ばですが)。

そして、この 20 年間の試行錯誤でわかったことが…参考にするのは “エンタメ” だということです。

CM 、MV 、YoutTube 、アニメ、ドラマ、映画、漫画などです。

これらを見る時に、次のような点を参考にして応用できるものが無いかを考えています。

  • 編集技術(動き、カット割り等)
  • テロップ(画面に映し出される文字)の使い方
  • 音楽( BGM や効果音)の使い方

僕自身、この分野はまだまだ未熟で素人の域を抜け出せずにもがいていますが、よろしければ皆さんも、一緒に “エンタメ” を見て、魅せる技術を学びましょう。

現状のレベル

という感じで、これまで偉そうに講釈を垂れてきましたが…かくいう僕も、つい最近(今回のコロナ禍で)、オンサイト研修で使っていたスライドをオンライン研修用にカスタマイズし始めたところです。

これまでオンサイト研修ばかりだったので、スライドや配布資料も全てオンサイト研修用のものだったからです。

それを、今、急ピッチでオンライン研修用のコンテンツに切り替えているところです。

だから、まだまだ未熟で大したものは出来ていません。試験対策本も、もう15年以上になるのですが…まだまだ改善したいところが山ほど残っているぐらいなので。

今のレベルはこの程度です。

labelご参考

これで 90 秒です。

オンサイト研修でこの部分の話をすると、軽く5 分~ 10 分は使ってしまうでしょう。学習効率に関しては 3 分の 1 から 6 分の 1 にすることができました。

しかし、表現力はまだまだです。

言い訳ではありませんが…いやガッツリと言い訳ですが、まだ始めたばかりなので …表現力の弱いパワーポイントは止めてkeynote に切り替えただけのものです。今後は、動画編集、アニメーション制作も行い、それらを駆使することで表現力を高めていきたいと考えています。

コンテンツはどんどん進化させていかないと意味がありませんからね。期待していてください。

午前免除 FAQ

タグ一覧