close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ

講師は見た! 上手くいった IT 新人研修 、上手くいかなかった IT 新人研修(1)


2020-05-19 更新

筆者は、これまで長年に渡って、様々な企業で、新人研修の講師を務めてきました。

担当したのは、

  • IT 基礎(ハード、ソフト、データベース、ネットワーク、セキュリティ)
  • アルゴリズム
  • プログラミング
  • Web アプリ開発

などです。

筆者の講師経験から、上手くいった新人研修、上手くいかなかった新人研修、それぞれの理由を振り返ってみます。

新人研修の教育担当者様の参考になれば幸いです。

上手くいった事例(その 1 )中心となる新人を巻き込む 😇

対象 大手システムインテグレータ
内容 Java プログラミング
うまくいったこと クラス全体で研修を楽しめたこと
うまくいった理由 リーダーとなる受講者と頻繁に相談したため

上手くいくときには、偶然が重なるものです。

偶然、20 人ほどのクラスの中に、リーダーシップを発揮してくれる受講者がいました。偶然、彼と筆者は、コーヒーが好きだったので、休憩時間に何度も自動販売機コーナーの前で一緒になりました。

「先生、何となくクラスが盛り上がっていませんよね」
「それじゃあ、こういうことをしたらどうだろう」

といった話を何度かしている内に、彼がクラスをまとめ、講師がサポートする、という体制ができあがりました。

そして、クラスは、とても良い雰囲気になりました。眠そうな人など、ひとりもいません。お互いに教え合い、質問や意見があれば遠慮なく発言し、クラス全体で研修を大いに楽しんでくれました。

 

そして、最終日に、彼は「先生のお陰で楽しく研修ができました」と言って、クラス全員の寄せ書きと、花束と、缶コーヒーをくれました。

筆者は、感動して涙が出そうになりました。その場では言えませんでしたが、「筆者のお陰ではなく、君のお陰です」ありがとう。

上手くいかなかった事例(その 1 )「聞いてたんと違う」 😱

対象 地方のシステム開発会社様
内容 基本情報技術者試験のJava対策講座
上手くいかなかったこと 準備した内容と受講者の前提知識が合わなかった
上手くいかなかった理由 事前の確認不足

「地方のシステム開発会社で、基本情報技術者試験の Java の直前対策講座があります。内容は、問題演習と解説で 1 日ですが、いかがでしょう?」
「たまには、遠方もいいですね! ぜひやらせてください」

というやりとりで引き受けた研修です。

 

「直前対策講座」「問題演習と解説」ということなので、過去問題と解説資料を用意しました。これで、何の問題もないと思っていました。

ところが、研修当日、受講者に Java の経験を聞いたところ、何とビックリ! ほぼ全員がこの場で Java を初めて学ぶとのことです。

これでは、用意した資料の内容がまったく合いません。大いに焦りましたが、1 日しかないので、「英語と数式だと思って Java のプログラムを読む研修」に切り替えました。

 

事前に、研修の内容だけではなく、受講者の前提知識を確認する重要性を痛感させられた研修でした。

上手くいった事例(その 2 )受講者の興味を知る・並走する 😇

対象 DOJO( SE プラス社の新人研修プロジェクト)
内容 Java による Web アプリ開発実習
上手くいったこと プログラミングの楽しさに目覚めてくれた
上手くいった理由 長時間悩んだバグの原因を見つけられたため

Java による Web アプリ開発実習に、あまり興味を示さない受講者がいました。

彼女は、ある程度、開発が進んだときに「 ○○ という言葉は登録できるのに、△△ という言葉は登録できない」というバグに遭遇しました。

この摩訶不思議なバグに、彼女は、大いに興味を持ったようです。いつもは質問しないのに、この時ばかりは、質問してくれました。

筆者は、彼女と一緒にあれこれ試行錯誤して、バグの原因を探しました。半日ぐらい時間をかけて、1 つのバグの原因を探しました。

そして、ついに原因が見つかったとき、飛び上がって喜び合いました。その日の彼女の日報には「小躍りするほど嬉しかった」と書かれていました。

 

プログラミングの楽しさに目覚めてくれたのです。上手くいきました。

上手くいかなかった事例(その 2 )合わない講師 😱

対象 大手シンクタンク様
内容 基本情報技術者試験を題材とした IT 基礎
上手くいかなかったこと 受講者が講師を受け入れなかった
上手くいかなかった理由 講師がいきなり講義を始めたため

100 人を超える新人さんたちを、複数のクラスに分けて実施した研修でした。

研修開始後の最初の休憩時間に、筆者の教室に別の教室の新人さんたちが、ゾロゾロと入ってきました。

何事があったのかと、セミナー会社の営業担当者に聞くと「別の教室の講師がクビになった!」とのことです。

私たち講師というものは、初対面の受講者の注目を引くために、やや くだけた自己紹介をしたり、「なるほど!」と思わせる小ネタを披露したりするものです。

 

ところが、クビになった講師は、それらを一切しないで、いきなり講義を始めため、受講者が講師を受け入れず、研修が成り立たない雰囲気になってしまったのです。

その講師は、経験豊富なベテラン講師だったのですが、なぜなのでしょう。

 

新人研修の教育担当者様は、講師に任せきりにしないで、ときどき研修の様子をチェックしてください。

上手くいった事例(その 3 )ITを楽しんで好きになる 😇

対象 医薬品開発支援会社様
内容 IT基礎(ハードウェアとソフトウェア)
上手くいったこと 受講者の人生を変えるきっかけを与えられた
上手くいった理由 研修で人生初の体験をしたため

この企業は、IT が専門ではないので、研修開始時の新人さんたちには「なぜ私たちが IT を学ぶの?」という戸惑いが感じられました。

研修の内容は、パソコンの分解実習と、プログラミング実習です。

これらは、「未経験者が 1 日で楽しく IT 基礎を学べる研修を実施してほしい」というリクエストに対して、筆者が提案したものです。

企業の教育担当者様も、その内容で上手くいくかどうか不安だったようですが、いざ研修を始めてみると、皆が目を輝かせて大盛り上がりでした。

そして、研修後に新人さんの 1 人が「 IT 部門に配属してほしい!」と言い出したそうです。

 

その新人さんは、実際に IT 部門に配属され、現在では、どんどん実力を伸ばしているとのことです。

受講者の人生を変えるきっかけを与えられたのですから、最高に上手くいった研修だったと思います。

記事をお読みいただきありがとうございます。

筆者の拙い講師経験から、あれこれ偉そうなことを書いてしまいましが、本音を言うと、新人研修が上手くいうかどうかは、やってみるまでわかりません。

あれこれ工夫してカリキュラムを考えて、最適と思われる教材を用意しても、それがピッタリと合うかどうかは、実際の受講者に触れるまでわからないからです。

 

受講者に合わせて、その場で研修内容の調整ができる講師に依頼すること。これが上手くいくために最も重要なのだと思います。

そういう講師になれるよう、これからも精進を続けてまいります!

午前免除 FAQ

タグ一覧