close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ

特集「 IT 新人研修 をふりかえる」


2020-05-19 更新

はじめに

新人研修は IT 企業の研修において、大きなウェイトを占めています。トレタン編集部の肌感覚では、新人研修の予算は、研修予算全体の 50 % は使われているように感じています。

それだけウェイトがある新人研修ですが、なかなか「大成功」と手放しの成果を収められるものはありません。

なぜ上手くいかないのでしょうか?

本特集では、その理由として新人研修にはそもそも構造として矛盾を抱えていて、その矛盾のバランスをどう取るのかがポイントであること、その上で、「講師」というバランサーの視点から「上手くいった事例」「上手くいかなかった事例」を紹介いただきます。

新人研修が成功するヒントにつながれば、幸いです。

 

まずは、特集記事に入る前に、事前知識として新人研修が抱える構造について、少しだけ解説します。

なお、今回の特集では「システム開発の受託企業における新人研修」を想定しています。

新人研修の構造

前回の特集で、研修コースをスモールスタート & テストを行いリリースする、というのが研修の成功には効きやすいパターンと紹介しましたが、こと新人研修にはこのパターンが使えません。

それは、新人研修には以下のような、特有の構造があるためです。

  • 大規模になりがち
  • ステークホルダが多い
  • 新人のスキルレベルは毎年わからない

スモールスタートして、研修コースを成功する確率を高めるには「気軽に失敗する」ことが許容されていることが重要なファクタです。

ただ、新人研修は上記のような構造から失敗への許容度はとても低いため、ビッグバンリリースになり、それだけに失敗確率も高くなります。

では、なぜ、そういった構造になるのか、深堀りしてみましょう。

新人研修は大規模になりがち

以下のニュース記事より、IT 企業で新卒採用数が多い順に 10 社を抜粋した表を作成しました。

新人研修はザックリ言うと従業員数の 5 % という、結構まとまった人数が一斉に受講するイメージです。

たった上位 10 社のサンプル数なので統計的には全く意味がありませんが、参考値として出しています(読者の皆さまの肌感覚と同じでしょうか ? )。

「新卒採用数が多い会社ランキング」トップ300 | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 より一部追記
企業名 2020 新卒採用予定数 従業員数 新人/従業員数 新人研修期間
富士ソフト 650名 7990名 8% 1~2ヶ月
NTTデータ 483名 11263名 4% 2ヶ月
野村総合研究所 390名 6297名 6% 2ヶ月
NECソリューションイノベータ 349名 12289名 3% 不明
システナ 331名 2574名 13% 2~4カ月
TIS 286名 5506名 5% 2ヶ月
SCSK 279名 7435名 4% 2ヶ月
日立システムズ 215名 9823名 2% 2ヶ月
インテック 180名 3666名 5% 不明
伊藤忠テクノソリューションズ 163名 4306名 4% 不明
平均値・中央値 5% 2 ヶ月
  • IT エンジニアだけでない職種が多い製造業などの企業は除く
  • 単体の社員数が非公開の企業は除く
  • 研修期間は企業のホームページより掲載

そして、これもザックリ 2 ヶ月の研修期間ともなると、

  • クラス分の講師費用、教室費用の直接原価
  • 研修運営に関わる人件費などの販管費

こういった費用が膨らみ、研修の中では “大規模” になってしまいます。

新人研修にはステークホルダが多い

“大規模” な研修になると、それだけ予算がかかり、経営陣の承認が必要になります。そうすると、所属部門のステークホルダだけでも 企画者 運営者 部課長 ( n 人) … 担当役員 と増えます。

また、もちろん新人の配属先の各部門からもスキル要求がありますので、現場 OJT 担当や部課長 ( n 人) … 担当役員もステークホルダになります。

それだけでなく、講師にまつわるステークホルダもいます。社内講師を立てるのあれば、社内講師の所属部門の 部課長 ( n 人) … 担当役員 と増え、社外から講師をアサインしたとしても、研修ベンダの営業、研修ベンダがアサインした講師がいます。

大規模になればなるほど、ステークホルダが増えていくことがわかります。

予算承認にまつわるステークホルダ

所属部門
研修ゴールにまつわるステークホルダ

配属先部門
講師にまつわるステークホルダ

外部ベンダ
新人

どこかで見たような構図ですよね。

そう、まるで 大規模な開発プロジェクト のようです。

ということは、これも大規模開発同様に、ステークホルダが増えれば増えるほど、加速度的にステークホルダ間でのコンセンサスが取りにくくなります。

大規模開発ではこれもあってアジャイルが効きにくいのですが、新人研修のカリキュラム開発もアジャイルが効きにくく、ウォーターフォールになりがちです。

例えば、開発プロジェクトで要求変更が相次ぐと、そのプロジェクトが炎上するように、研修ゴール (要求) がコロコロ変わると、研修カリキュラムもそれに応じてコロコロ変わらざるを得ず、そして、開発同様に、カリキュラムの開発工数はどんどん膨らみます。

しかも納期は伸びません。新人が入社する 4 月は死守です。

・・・ ツラくて、胃が痛くなりますね。。 😨 😨 😨

新人のスキルレベルは毎年わからない

IT 新人研修においては「プログラミング」という、覚えて終わりな「知識」だけではない、「習熟」が必要なスキルが研修成果を左右します。

読者の皆さまの所属企業では、事前にこのプログラミングスキルを測るようなものを実施されていますでしょうか ?

 

採用試験はもとより、内定承諾後でも未実施の企業が大半だと思います。また、システム開発の受託企業では、未経験採用を謳うことが多く、そもそもプログラミングスキルを問うていません。

そうすると、いくら基本情報技術者試験などで知識のテストをしたとしても、プログラミングができるかどうかは分かりません。そして、基準がない以上、毎年の採用次第でレベルはコロコロ変わるでしょう。

残念ながら、研修前のスキルレベル ( = プログラミングスキル ) は毎年不明です。

 

不明、つまり不確実性が高い開発では、アジャイルに進めることが推奨されますが、それと同様に、研修カリキュラムも、教室の現場でアジャイルに組み直しながら、実施する必要があります。

例えば、予備校や個別指導塾などでは、この不確実性に向き合うため、前提知識と合格目標に合わせてクラスを小規模に分け、カリキュラムをアダプティブに、つまりアジャイルしやすくしています。

新人研修の構造から見る矛盾

まとめとして、新人研修の構造を整理してみます。

  • 研修カリキュラム開発はウォーターフォールが望まれる
  • 研修現場ではアジャイルが望まれる

矛盾した構造を抱えていることがわかりますね。そして、とっても難問です。

加えて、構造である以上、どちらが良い悪いなどのレベルではなく、自然に矛盾が起こってしまいます(恐らく大規模開発でも同じようになっているのでしょう)。

これに対処するには、矛と盾をバランスさせるほか、ありません。

この特集では、そもそも失敗する構造を抱えている新人研修で、上手くいった事例、上手くいかなかった事例を紹介し、上手くいくコツを探ります。

プレゼンタは、研修ゴールとカリキュラムと、新人のスキルレベルやモチベーションと、両方のバランスを取りながら、教室の現場を司る 講師 です。

そして、いずれも講師経験が長く、かつ人気著者が多い、矢沢 久雄さん、米山 学さんのお二方を本特集にアサインしました!

 

この特集が、社内トレーニングに携わる、すべてのトレタンの新人研修のカリキュラム開発や、教室の現場マネジメントのヒントになることを願っています。

特集記事 目次

講師は見た!
上手くいった IT 新人研修 、上手くいなかった IT 新人研修(1)

講師は見た!
上手くいった IT 新人研修(2)
未経験でもモダンITを1ヶ月で使いこなす

講師は見た!
上手くいかなかった IT 新人研修(3)
上手くいかないアンチパターン

 

午前免除 FAQ

タグ一覧