close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門

特集1:研修制度 とは ~様変わりする IT 研修


2020-05-22 更新

研修制度とは人材育成システム

制度とは、仕組みであり、英訳すると system です。つまり、研修制度とは、社員を育成する仕組み、システムとなります。

「システム」である限り、「入力」 -> 「処理」 -> 「出力」 という流れがあります。

例えば、会計システムを例にすると、

(入力) 請求明細の束を入力
(処理) 会計システムが仕分け
(出力) 原価表などを出す

このような流れになるのと同様に、人材育成システムでは、

(入力) 寿司職人になりたい人
(処理) 寿司職人育成学校がトレーニング
(出力) 寿司職人になる

こういったイメージですね。

人材育成システムのイメージ

入力
keyboard_arrow_right
処理
keyboard_arrow_right
出力
Icons made by Freepik from www.flaticon.com

 

IT 研修 制度における 入力・出力・処理 とは

では、研修制度を「システム」として考えると、制度を作るにあたって、「入力」「処理」「出力」どれから一番先に考えると良さそうでしょうか。

制度構築手順 1.

一番先に 出力:「育成目標」を考える

そうです、「出力」です。

研修制度に置き換えると、「育成目標: どんな人材 “に” 育成したいか」になり、これを一番最初に考えます。

 

例えば、テック企業において「海外研修制度」というのはよくありますが、この育成目標は様々です。

海外研修制度にみる育成目標の違い
企業名 制度名 育成目標
mercari Mercari Tech Research 現地でサービスを体験し、企画・開発に活かす
クックパッド プログレス プロダクトを展開してる地域で、ユーザーを理解する
Yahoo! Japan トップカンファレンス参加支援 世界の最新技術や情報に触れ学ぶ

もちろん「海外研修制度、導入 (ドン) !!」のように目標ではなく、話題性を狙って、システム導入そのものが目的になることもありますが、基本的には「育成目標」ありきです。

制度構築手順 2.

次に 入力:「育成対象」を考える

そして、次に考えるのは「入力」「処理」どちらでしょうか。

「入力」ですね。

研修制度に置き換えると、「育成対象: どの人材 “を” 育成したいか」です。

 

先程の海外研修制度の一覧がありましたが、「誰でも OK 」と考えられそうでしょうか。恐らく、制度の目標に照らし合わせた対象になっているはずです。

また、この「目標と対象」は研修制度構築・運営コストに密接に関係します。

「新人にマナーを身に着けさせる」のか、「新人を AI 研究者レベルに育成する」とは全く費用のかかり方が異なります。

制度構築手順 3.

最後に 処理:「研修制度」を考える

そして、最後に「処理」です。

これは研修制度そのものです。「育成目標」から「育成対象」のギャップを埋められる制度内容を考えます。

 

研修制度というと、制度内容そのもののアイデアから企画することが多いのですが、そうすると、的を外れた研修制度になりがちです。

例えば、「英語研修制度」を作ろう、というアイデアから企画が始まったとして、

育成目標は「ビジネスレベルの英会話」なのか、「英語のドキュメントが読める」なのか、
育成対象は「若手」なのか、「管理職」なのか、

それによってプログラムも変わりますし、実施方法も、e ラーニングやマン・ツー・マンになるなど変わります。

制度内容から企画すると、そういった様々なことが検討から漏れがちで、あとから制度改定を繰り返すことになってしまい、結果的に使われない制度になります。

 

また、それ以外にも、制度内容から企画・構築することで、弊害が発生します。

一番大きいものは、

「なぜ、その研修制度が必要だったのか」
「企業のどの問題解決に効果があったのか」

これらがわからなくなることです。

では、どこから制度を考えるべきなのか、これは、次の特集記事に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

様変わりする IT 研修制度

研修制度というと、講師 -> 受講者のような研修コースを組み合わせ、体系化したイメージが強いかも知れませんが、これは先の海外研修制度同様に、目標に合致していれば「現地での生活を支援」でも OK です。

最近では、従来のような研修のイメージから離れ、技術情報の共有や、技術をアウトプットする目的で、

「ハッカソン」や「コンテスト」や、
「社内 Podcast 」「開発合宿」「社内勉強会」「部活動」、
スクラムのプラクティスを取り入れた「ペアプログラミング」「モブプログラミング

など様々な形態、手法が増えています。

 

例えば、Google は「イノベーションを起こす」ためには、「学習する文化が必要」ということで、「 g2g ( googler 2 googler )」と呼ばれる社内勉強会が活発に開催されています。( Google re:Work より)

 

また、Web アプリケーションを高速化する「 ISUCON 」というコンテストを題材に、社内 ISUCON を開催し、IT エンジニア同士、切磋琢磨することで技術力を高める、という事例や、オライリー刊行の全書籍をライブラリとして用意する、といったユニークな事例もあります。

社内 ISUCON の例

NTTコミュニケーションズのソフトウェアエンジニア向け研修内容・資料を公開します | NTT Communications Developer Portal

社内ISUCON開催のための構成とノウハウを公開!Amazon Lambdaでサーバレスのベンチマーカーを構築した話 – pixiv inside

インフラ新卒研修と社内ISUCONのはなし – クックパッド開発者ブログ

オライリー刊行書籍 全巻コンプリート

Sales Information – オライリー・ジャパンの在庫書籍全点を導入の猛者あらわる!

ぼくらのオフィスにオライリー・ジャパンの本がやってきた! – Tech Blog – Recruit Lifestyle Engineer

DMMオフィスにオライリー本が全巻導入されました! – DMM inside

 

「育成目標」と「育成対象」から、こういった事例をアイデアの源泉として、柔軟に制度内容を考えられるようになると、トレタン(トレーニング担当者)としてのスキルも上がった、と言えるかも知れませんね。

まとめ

研修制度とは、人材を育成する仕組み、システムのことを指し、システム同様に、出力 = 育成目標、入力 = 育成対象、処理 = 研修制度、と順番に考えることが重要です。

次の特集記事では、研修制度をつくるにあたって、一番最初の「出力 = 育成目標」をどう決めるか、考えてみます。

 

特集2:研修制度で重要な Issue のみつけ方

午前免除 FAQ

タグ一覧