close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門

Git 入門 研修コース に参加してみた


2020-05-12 更新

今回参加したコースは Git 入門です。

SE カレッジでは 2013 年に 「はじめての Git 」 というコースを開催しましたが、当時は参加人数がコンスタントに集まらず、開催を休止していた時期がありました。

それから数年、DX ( Developer Experience [開発体験] ) の盛り上がりをうけ、この 2019 秋冬のコースで復活です!

おかげさまで、3 回開催全てで満員です。ようやく Git や GitHub がエンタープライズ領域でも使われるようになってきたのかも知れません。

このコースでは、 Git 入門として、 Git の誕生背景、特に Subversion との違い、基本コマンドを CUI / GUI で演習しました。

 

では、コースの内容をレポートします。

コース情報

想定している受講者
  • コマンドプロンプトの基本操作を知っている人
受講目標
  • Git と Subversion の違いを知る
  • Git の基本コマンドが使える
  • エクスプローラ上で Git が使える

講師紹介

以前のレポートでも登場された 藤丸 卓也 さん が講師です。

Python で ディープラーニング 入門 研修コースに参加してみた

またコースの冒頭で、藤丸さんから現在使っているバージョン管理システムは何か、受講者にアンケートしたところ、

  • Subversion が 6 割

というところでした。また藤丸さんの印象としても大手は Subversion を使っている印象があるとのことで、 Git の導入はこれからなのかも知れませんね。

バージョン管理システムとは

まずは、「バージョン管理システムとは何か」からスタートです。

  • バージョン管理システムとは?
    • ファイルの作成日時、変更日時、変更点などの履歴を管理
    • 以前のバージョンに復元可能
    • ソースコードだけでなくドキュメントや設定ファイルなどの管理も可能
    • ↑ この集まりをリポジトリという
  • 管理の流れ
    • 管理したいファイルをリポジトリ(データベース)に登録
    • ファイルをリポジトリからローカルに取得(チェックアウト、クローン)
    • ローカルでファイルを修正
    • リポジトリに反映(コミット、プッシュ)
  • 管理方式は大きく「集中型」と「分散型」の 2 種類

集中型、分散型それぞれのメリット、デメリット

メリット デメリット
集中型 管理がシンプル 作業を把握しやすい サーバ障害時の影響が大きい
分散型 サーバ障害時でも作業を継続可能
ローカルで試行できる
学習コストがかかる

Git とは

Git の誕生から開発フロー、Git リポジトリのホスティングサーバなどを紹介いただきました。

  • Git は分散型
  • Linux の開発者 linus が 2 週間で開発したと言われる
    • Subversion が嫌いで開発
      • ネットワーク接続してないと開発できないなど柔軟性がないのがイヤだったとか・・・
  • リビジョン管理はユニークな 40 桁のハッシュ値
    • Subversion は 1, 2 ・・・ と連番
  • Git は大まかに言うと差分管理を保管していない
    • 差分を含めてファイルそのものを保管
    • リンクで差分をつなげる
      • これによりコミットの diff が見やすくなる
      • Subversion は diff しか見れない
  • このため容量が大きくなる

Git のアーキテクチャは 3 層

  • 作業ディレクトリ
    • ローカル (開発者) のリポジトリ
  • ステージングエリア
    • コミットするファイルを配置し、.git ディレクトリにコミット
  • .git ディレクトリ (リモートにある)
    • OK なら本番などの環境にプッシュする

Git の開発フロー

  1. ローカルでリポジトリを作成
    • すでにあるディレクトリを .git にする
      git init
  2. or リモートにあるリポジトリをコピー
    • ローカルにコピーする
      git clone
  3. ローカルリポジトリを変更
    1. 変更したいファイルをステージングエリアに追加
      git add
    2. .git リポジトリに追加したいファイルを確定
      git commit

      • ここでコミットメッセージを入れる git commit -m "メッセージ"
  4. リモートリポジトリに追加
    • ステージングでコミットしたファイルをプッシュ
      git push
  5. 変更された .git リモートリポジトリを取得
    • git pull

変更のやり方

  1. ブランチを切って変更を行う
    • .git リモートリポジトリにあるものが master
      • リビジョン番号 ( 40 桁のハッシュ値)
    • master から変更したいときにブランチ作成
      • git branch
  2. プッシュされた変更を反映する
    • git merge

Git サーバ

  • .git リポジトリを保管するところ
  • いろいろあるが GitHub がよく使われる
    • GitLab もある
  • ツールを入れると、開発効率が上がる
    • テスト自動化フロー ( CI ) ツール
      • 変更察知・取り込み -> ビルド -> テスト
      • バグ管理まで含めることも出来る

Git コマンド

いよいよ Git コマンドを使って演習します!

このコースでは Alice と bob が Git を使って開発するというシーンを想定して演習します。

環境構築と演習準備

今回は Git for Windows を使います。

  • 初期設定
    $ git config global user.name "(ユーザー名)"
    $ git config global user.email "(メールアドレス)"
    $ git config global color.ui auto
    $ git config global list
  • アリスとボブの作業用ディレクトリ( /work )を作成
    • その中に /remote, /alice, /bob を作成
      $ mkdir work
      $ cd work
      $ mkdir remote alice bob

  • /remote ディレクトリ内に /git-ex.git を作成 -> remote リポジトリとして初期化
    cd remote
    $ mkdir git-ex.git
    $ cd git-ex.git
    $ git init --bare --shared # --bare は空のリモートリポジトリ, --shared は共有のオプション
    Initialized empty shared Git repository in c:\Work\remote\git-ex.git\
  • /alice ディレクトリに /remote/git-ex.git を git-ex.alice として git clone
    $ cd ..\..\alice
    $ git clone ..\remote\git-ex.git git-ex.alice
    Cloning into 'git-ex.alice'...
    warning: You appear to have cloned an empty repository.
    done.

ファーストコミット!

ディレクトリと Git の準備が整ったところで、いよいよ開発開始です!

  • alice が空の README.txt を作成 -> ローカルリポジトリにファーストコミット
    $ cd git-ex.alice
    $ copy nul README.txt
    $ git status
    ブランチ master
    
    最初のコミット
    
    追跡されていないファイル:
      (use "git add ..." to include in what will be committed)
    
            README.txt
    
    nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)
    $ git add README.txt
    $ git status
    ブランチ master
    
    最初のコミット
    
    コミット予定の変更点:
      (use "git rm --cached ..." to unstage)
    
            new file:   README.txt
    
    $ git commit -m "first"
    [master (root-commit) 51cdbb1] first
     1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-)
     create mode 100644 README.txt
    $ git status
    ブランチ master
    Your branch is based on 'origin/master', but the upstream is gone.
      (use "git branch --unset-upstream" to fixup)
    nothing to commit, working directory clean
    $ git log
    commit 51cdbb1ace28d2c4c689207b17503153d2b8f279
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:06:25 2020 +0900
    
        first
    $ git branch
    * master
  • alice が master ブランチをリモートにプッシュ
    $ git push origin master # 慣習的に origin と表現されます
    Counting objects: 3, done.
    Writing objects: 100% (3/3), 207 bytes | 0 bytes/s, done.
    Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
    To c:\Work\alice\..\remote\git-ex.git
     * [new branch]      master -> master
    $ git remote -v # -v で remote の状態を確認
    origin  c:\Work\alice\..\remote\git-ex.git (fetch)
    origin  c:\Work\alice\..\remote\git-ex.git (push)

チーム開発!

今度は bob がファイルを修正して、チーム開発を開始です!

  • その前に git clone
    $ cd ..\..\bob
    $ git clone ..\remote\git-ex.git git-ex.bob
    Cloning into 'git-ex.bob'...
    done.
    $ cd git-ex.bob
    $ git branch
    * master
    $ git log
    commit 51cdbb1ace28d2c4c689207b17503153d2b8f279
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:06:25 2020 +0900
    
        first
    $ git status
    ブランチ master
    Your branch is up-to-date with 'origin/master'.
    nothing to commit, working directory clean
  • トピックブランチ issues/#1 を作成
    $ git checkout master # master ですが慣例的に。実行すると すでに master にいると表示されます
    $ git pull  # 何もコミットされていませんが慣例的に。実行すると すでに up-to-date と表示されます
    $ git checkout -b issues/#1 # -b をつけると、ブランチを作って、そのブランチに移動します
    Switched to a new branch 'issues/#1'
    $ git branch
    * issues/#1
      master
  • bob がトピックブランチでファイルを変更 -> コミットメッセージ change1 でコミット
    $ echo change1 > README.txt # change1 というテキストを表示して README.txt に書き加えます
    $ type README.txt # ファイルの中身を確認
    change1
    $ git status
    ブランチ issues/#1
    Changes not staged for commit:
      (use "git add ..." to update what will be committed)
      (use "git checkout -- ..." to discard changes in working directory)
    
            modified:   README.txt
    
    no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")
    $ git commit -a -m "change1" # -a ですべての変更をコミット。なおファイルを追加した場合は入りません (注意)
    [issues/#1 57ac8c7] change1
     1 file changed, 1 insertion(+)
    $ git log # --oneline でコミットが 1 行で表示され、--graph を使うと、ブランチがどこで切られたか視覚的に確認できます
    commit 57ac8c749c05bdfbf51ad2d06169b53801f29e61
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:39:49 2020 +0900
    
        change1
    
    commit 51cdbb1ace28d2c4c689207b17503153d2b8f279
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:06:25 2020 +0900
    
        first

  • bob がリモートにトピックブランチ issues/#1 をプッシュ -> alice にレビューを依頼
    git push origin issues/#1
    Counting objects: 3, done.
    Writing objects: 100% (3/3), 246 bytes | 0 bytes/s, done.
    Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
    To c:\Work\bob\..\remote\git-ex.git
     * [new branch]      issues/#1 -> issues/#1
  • alice がトピックブランチを git pull
    cd ..\alice\git-ex.alice
    $ git branch
    * master
    $ git pull
    remote: Counting objects: 3, done.
    remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
    Unpacking objects: 100% (3/3), done.
    From c:\Work\alice\..\remote\git-ex
     * [new branch]      issues/#1  -> origin/issues/#1
    Already up-to-date.
    $ git branch -a # リモートも含めてブランチを全表示
    * master
      remotes/origin/issues/#1
      remotes/origin/master
    $ git checkout -t origin/issues/#1 3 # -t オプション (track(追跡)という意味) でブランチを取得して移動
    Branch issues/#1 set up to track remote branch issues/#1 from origin.
    Switched to a new branch 'issues/#1'
    $ git branch
    * issues/#1
      master
    $ git log
    commit 57ac8c749c05bdfbf51ad2d06169b53801f29e61
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:39:49 2020 +0900
    
        change1
    
    commit 51cdbb1ace28d2c4c689207b17503153d2b8f279
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:06:25 2020 +0900
    
        first
  • 変更内容を確認
    $ type README.txt
    change1
  • LGTM 👍 だったので alice がローカルの master へ merge
    $ git checkout master
    $ git pull
    Switched to branch 'master'
    Your branch is up-to-date with 'origin/master'.
    $ git log # master にはブランチがまだ取り込まれていない状態
    commit 51cdbb1ace28d2c4c689207b17503153d2b8f279
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:06:25 2020 +0900
    
        first
    $ git merge issues/#1
    Updating 51cdbb1..57ac8c7
    Fast-forward
     README.txt | 1 +
     1 file changed, 1 insertion(+)
    $ git log
    commit 57ac8c749c05bdfbf51ad2d06169b53801f29e61
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:39:49 2020 +0900
    
        change1
    
    commit 51cdbb1ace28d2c4c689207b17503153d2b8f279
    Author: "ユーザー名" 
    Date:   Tue Feb 04 10:06:25 2020 +0900
    
        first
  • トピックブランチ issues/#1 を merge した master をリモートにプッシュ (ここは開発チームにおいて誰が merge するか分かれるところです)
    $ git push origin master
    Total 0 (delta 0), reused 0 (delta 0)
    To c:\Work\alice\..\remote\git-ex.git
       51cdbb1..57ac8c7  master -> master

Git におけるブランチのマージ

ここで、いったんGitの操作から離れ、先程のマージ merge について補足いただきました。

  • git merge には 2 種類ある
    • Fast-Forward

      • Git のデフォルト
    • Non-Fast-Forward

      • 実際に使う場合は Non-Fast-Forward の方がよい

前の git コマンド演習でも出てきていましたね。

$ git merge issues/#1
Updating 51cdbb1..57ac8c7
Fast-forward
 README.txt | 1 +
 1 file changed, 1 insertion(+)

エクスプローラ上での Git の操作

続いて、エクスプローラと GUI ツールを使ってみます。

  • Git の GUI ツール
    • Git に標準で付属する Git GUI
      • ちょっと使いにくい
    • Source Tree
      • GitHub や Google のアカウントが必要
    • Tortoise Git
  • 今回は Tortoise Git を使用

なお、 Tortoise Git は、Tortoise SVN と同じ UI のため、 Tortoise SVN を利用したことがある人なら、あまり違和感なく使えるそうです。

GUI で操作

Turtoise Git を使って先の演習でやったコマンドをやってみましたが、ここでは簡単にどんな雰囲気だったのか、キャプチャで紹介します。

  1. git clone
  2. git commit
  3. git push
  4. git pull

コンフリクトの発生と解消

チーム開発していると宿命的に発生するのがコンフリクト (競合) です。

  • コンフリクトとは
    • 複数人が同じファイルに対して異なる変更 -> プッシュ -> 齟齬が発生する

実際に先の GUI ツールを使って、コンフリクトを発生させ、解消してみました。

  1. コンフリクト発生 ( README.txt で発生)
  2. コンフリクトを確認
  3. コンフリクトを解消 (alice のコミットに変更)

チーム開発を行なっているとコンフリクトは常なので、こまめにローカルリポジトリを更新する習慣が必要のように見えます。

この Tortoise Git に加えて、Eclipse から Git を利用できるプラグイン EGit でもやってみたところで、このコースは修了しました。

まとめ

このコースでは、およそ 3 時間で Git の基本的な使い方を学びました。

冒頭の通り、Git にはコマンドがたくさんあり、オプションも多く学習コストが高い ( = やらかしも多い) のですが、このコースでは主要なコマンド絞にり、また視覚的に理解しやすい GUI ツールを使って、とにかくハードル低く入門できるようにしました。

今回の GUI ツールをはじめ GitHub for Desktop など GUI ツールは、とにかく敷居を下げてくれるので、GUI で出来ないことを徐々に CUI でやって慣れていくのも一つなのだなぁと感じました。

次は GitHub などを使って、実際に Pull Request -> Merge して、コンフリクトもバシバシ発生させたあと、日常的に git rebase するようなチーム開発編、受講してみたいですね。

 

 

label SE カレッジの無料見学、資料請求などお問い合わせはこちらから!!


SEカレッジについて

label SEカレッジを詳しく知りたいという方はこちらから !!

SEcollege logo
SEカレッジ
IT専門の定額制研修 月額28,000円 ~/ 1社 で IT研修 制度を導入できます。
年間 670 講座をほぼ毎日開催中!!

午前免除 FAQ

タグ一覧