close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ

インフラエンジニアが知っておくべき最新動向 研修コースに参加してみた


2020-05-12 更新

今回参加した研修コースは インフラエンジニアが知っておくべき最新動向 です。

最新動向というと、かなりザックリ幅広いテーマなのですが、抑えておくべきポイントを “クラウド・仮想化” と “自動化” にフォーカスされていたので、集中してキャッチアップできました!!

Kubernatesをはじめとするオーケストレーションの分野はとても動向が速いのですが、その入り口までご紹介頂いたので、とても見通しが良くなりました! (マイクロサービス、サービスメッシュやIstioなどはまだ五里霧中)

また、このインフラの最新動向を扱うコースでも、開発に関するテーマ、CI/CD、DevOpsなどが含まれていて、アプリケーション開発とインフラが混ざり、SRE (Site Reliability Engineer) という新しいポジションが注目されていることを感じられるものでした!! (スキルの過渡期なのかも知れません)

では、どんな内容だったのかレポートします !!

 

想定している受講者

  • TCP/IPネットワークの基礎知識があること
  • WindowsおよびLinuxの基本操作ができること

 

受講目標

  • インフラ分野の最近の動向を理解する
  • OpenStackやDockerなど、利用が進んでいる技術の概要を理解する
  • インフラ管理やアプケーション開発の自動化の動向を理解する

 

講師紹介

本当に多くのインフラ系コースで登壇されている 岩木 慎一さん です。ちなみにお客様から講師登壇の引き合いがあっても、スケジュールの空きは遥か先という状態です。いつもありがとうございます!

今日は実習も含めて、最新動向を見てみます。

 

動向

 

  • オンプレミスからクラウドへ、という流れと、現状のオンプレミス環境もクラウド化する、という流れもある
  • OpenStackやDockerなどOSSが使われている、というのも傾向
    • ちなみに OpenStack と比べられていた Cloud Foundry は動きがほとんど無くなった (!! いつの間に..)
  • スライドの数値は国内の状況

 

仮想化と自動化

 

クラウド・仮想化が可能になったことで、インフラ自動化が出来るようになったことも大きく、このコースでも自動化を扱います。

以降は仮想化の違いや、AWS、Dockerの紹介、Dockerの演習となりましたが、他の “参加してみた” レポートでも紹介していますので、ここでは割愛して、OpenStackだけ紹介します。(AWSは今後レポートします!!)

はじめてのDocker (入門) 研修コースに参加してみた

 

OpenStack

 

  • 大規模なデータセンター向け
    • ローカル環境で動かそうとすると、ちょっと遅くてツライ。。
  • 多くの企業が参加しているOSSなので開発が活発
  • AWSなどと同じく利用者がサーバーを立てられる

 

 

インフラ自動化

クラウド化が進み、物理的な制約がなくなったことで、出来るようになったことが自動化です。ここからはその自動化について紹介いただきました。

 

オーケストレーション

  • オーケストレーションとはハードウェアも含めたアプリケーション構築・設定を自動化する
    • 従来だと明日までに5台ハードウェアを調達し、ミドルウェアやアプリケーション設定するというのは不可能
    • クラウドならほんの数分で出来る
  • ChefならRubyで記述された Recipe と呼ばれる設定を実行すると出来る
    • その他PuppetやHeat (OpenStack対応)といったツールでも出来る
  • Docker でもオーケストレーションできる
    • Swarmというツールを使えば出来る

 

kubernetes

  • Googleが開発したOSSのオーケストレーションツール
  • AWS、Windows Azure、Google Cloud Platform などが続々とフルマネージド対応
  • 「Docker from Mac with Kubernetes」 などGUIツールが充実し、学習コストが下がった
  • CNCF (Cloud Native Computing Foundation) という団体が管理しベンダーニュートラルに
  • 大規模向け

 

Immutable Infrastructure (変更のないインフラ)

  • 修正アップデートやパッチの適用などしない
  • 古いインフラは捨てて新しく作る、というやり方
  • Heroku というPaaSでは git push すると古いコンテナを捨てて、新しく作っている

 

Infrastructure as Code

  • インフラをコード (ソフトウェア) で自動制御するという考え方
  • インフラの自動構築を infrastructure as Code 、出来上がったインフラを自動設定するのを Configuration as Code という人もいる
  • Infrastructure as Code 寄りのツール、AWS Cloud Formation, Azure Resource Manager, Chef-provisioning など
  • Configuration as Code 寄りのツール、Chef, Puppet, Ansible など

 

その他、インフラ自動化を活かしたCIやTDDやDevOpsなどの開発手法についても紹介されました。

冒頭にも挙げましたが、インフラの最新動向に開発手法が入ってくるというのは時勢ですね。最近ではSREという職種が、コードも書いてインフラやCI/CDなどデプロイを自動化し、マイクロサービスなどアーキテクチャを取り入れたり、GraphQLなどAPI基盤を変えるなど、開発の高速化、効率化、拡張性・可用性の向上を行っています。

 

 

 

インフラ自動化の演習 ~Chef

アパッチをインストールして、起動する、という操作をChefで自動化します。

  • /cookbooks というディレクトリに cookbooks を作成する
    • chef generate cookbook [対象ソフトウェア // 今回は apache] でrecipiesやテストなどが入ったディレクトリができる
  • /cookbooks/recipes にある default.rb をviで編集する
  • Chef があるディレクトリで chef-client -z -o [対象ソフトウェア // 今回はapache] を実行する

 

出来ました!!

  • コマンドライン

  • ローカルサーバー

 

 

その他、Docker のオーケストレーションツール Rancher を起動して、GUIでどのように設定するのかデモンストレーションを見て、このコースは終了しました。

 

まとめ

このコースでは最新動向を “クラウド・仮想化” と “インフラ自動化” という2つの観点からウォッチしました。

またインフラ自動化を契機として、アプリケーション開発者に近いスキルがインフラにも求められていることを感じられました。(実際、SREと呼ばれるポジションも登場し、注目されています)

一方で、ネットワークに限った最新動向は触れられておらず、Interopでも目立ったトピックはありませんでした。SDN以降ちょっと寂しい気がしますね。

その代わり (?)、インフラ自動化、オーケストレーション分野の動向は速く、岩木さんもコースで扱っていた製品が1年後には無くなったり、コマンドが変わったりと、目まぐるしく変わっている、とおっしゃっていました。

そんな目まぐるしい動向を体系的にキャッチアップするには、とてもオススメのコースです!

 

 


SEカレッジが気になった方はこちらからお気軽にお問合わせください!!

お問い合わせフォーム

SEカレッジの詳細をご覧になりたい方はこちら!!

SEカレッジ

午前免除 FAQ

タグ一覧