close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成

はじめてのDocker ( 入門 ) 研修コースに参加してみた


2020-05-12 更新

今回参加した研修コースは はじめてのDocker です。

とても注目の技術だけに教室も満員御礼でした !!

このコースではDockerとその核となるコンテナの解説、Dockerなどコンテナを動かすことに特化したOSをインストール・設定して、実際Dockerを使って色々環境を構築してみました。

参加している方も後半の演習では次から次へと環境を構築しては触り心地を確かめていたので、Dockerってどんなものだろうというものを確かめられていました。

 

ただ、

開発環境をDockerで構築するには?
プロダクションでDockerを投入するには?

と言った開発現場向けではないので、このあたりを希望される方には別となります。
(とはいえSIの領域で実績があるのかどうか不明なので、どこまで求められているんでしょう …)

ということで、タイトル通り、はじめてDockerに触れるという入門者には、コンテナの理解とDockerコマンドでサクサク構築できるので、取っ掛かりとしてとてもオススメの内容でした !

 

では、コース内容をレポートします !!

 

コース情報

想定している受講者 Linuxの基本操作を習得していること
受講目標
  • コンテナ技術の特徴を理解する
  • Dockerの実行環境を構築する方法を習得する
  • Dockerの基本操作とコンテナの実行管理ができるようになる

講師紹介

今回のコースの講師は 岩木慎一 さんでした。 この “参加してみた” レポートでも何度も登場されていますね。SEカレッジでは本当に多くのインフラ系コースで登壇頂いています。

今日わかるAWSサーバ構築入門研修コースに参加してみた

またコースの狙いとして、Dockerを触ってイメージを掴んでもらえればとメッセージされていました。

Docker とは

  • Docker (旧dotCloud) が2013年に発表した、Linuxコンテナを管理・実行するプラットフォームとして発表
    • オープンソースソフトウェア
  • AWS、Google Cloud Platform、Windows Azureなど大手クラウドベンダーが次々と対応を発表
  • 特に Google が開発したオーケストレーションツール として kubernetes (k8s) が注目されている

 

Kubernates を使ったオーケストレーションまで使っているのは、国内ではWebサービス/モバイルアプリでの開発事例で出てきていますね。

 

まだSIなど受託開発では大手各社が2017年後半にソリューションを発表しているので、事例はこれからのようですね。期待です。

私が参加したビッグデータを扱う学生向けハッカソンでも運営側からDockerイメージを配布して、開発環境構築をラクにしていました。

コンテナとは

 

仮想化との違い

  • ハイパーバイザー型はサーバーを仮想化する
  • Dockerはアプリケーションを仮想化する
    • 同じメモリなら軽く動く
    • オーバーヘッドが少ない
  • 通常の仮想化の場合、仮想化ハードウェアを使っている
  • Dockerなどコンテナの場合、ハードウェアをラップしない
    • このためLinux上でwindowsコンテナを動かすことはできない
    • ただユーザーから見ると変わりはない
  • 物理マシンからは何が動いているのかわからない
  • ip a で見ると docker 0 のように表示される
    • Dockerサーバがルーティングしている

 

コンテナを使うとレイヤがこれだけシンプルになるのですね。とはいえ、データセンター側もWindowsと共存できなかったりするので、IaaSやHaaSベンダーには悩ましいかも知れません。

軽量OS

  • コンテナだけが動けばよいので、普通のLinuxではいらない機能が多い
  • 軽量OSというのがある
  • 今日はCentOSとcoreOSとでDockerを動かしてみます

 

最近では2018年5月に Red Hat がcoreOSを買収していますね。

Dockerの構成

一口にDockerといっても幾つかのサービス群を総称しているので、それぞれどんなものがあるか解説です。

 

ここにオーケストレーションが無いので、先の kubernetes などがあるのですね。

演習

ここからは実際にDockerを使った演習です。

 

Dockerを動かしてみましょう

まずは CentOS 上でDockerをインストールして、動かしてみます。その後に、CoreOSで動かした場合を比較します。

  • Docker をインストール # yum -y install docker
  • Docker Hub からイメージをダウンロード # docker pull イメージ名
    • ここでは httpd をインストール
    • イメージ名で user_account/image とあると誰かが作ったイメージ
  • コンテナIDは長くて人間では扱えないので、名前付けができるオプションがある --(name)
  • コンテナを動かしてみます # docker run -d -p 8080:80 --name www httpd
  • 実際立ち上がったサーバーを見たり、停止したり開始したりDockerコマンドを実行
  • Docker Hubから自分が興味のあるものをダウンロードしてさまざまに構築

 

 

CoreOSで動かす

続いて、今度はCoreOSでやってみます。CoreOSでは実際にDockerイメージを作ることもやってみました。

 

  • CoreOSをインストール
  • CoreOSからDockerコマンドで docker pull [イメージ] で動かしてみる
  • 同じように httpd を使ってWebサーバーを立ち上げる
  • 簡単なindexページを作って動かす
  • 今度は構築したwebサーバーを使ってDockerイメージを作成
  • 作ったイメージをもとにビルド docker build -t my-httpd

 

途中、Cent OSとメモリ消費量を比較したところ、やはりコンテナが圧倒的に小さかったです。

 

GUIでDocker

最後におまけとしてCUIではない操作方法として Rancher を使って、GUIでDockerを触ってみて、コースは修了しました。

まとめ

このコースではコンテナと仮想化技術との違いなど基礎的な解説に加えて、後半はDockerを使って、様々に環境を構築してみました。

かなりラクにイメージをビルドできるので、個人的にはハマりポイントがとても少なく構築できたのが印象的でした。一方で、Dockerを使ってどのように開発環境に適用していくのか、アプリケーションを含めたイメージを作ったり、実際に開発チームで更新・運用するときには練度が必要かも知れません。

SEカレッジでも取り上げられそうですが、現場で実践したいというニーズがあるのかまだ未知数です。もし参加してみたいという方がいらっしゃれば、所属企業のご担当者様もしくは参加アンケートから、ぜひお声をお寄せ下さいませ !!

ひきつづき、はじめてのDockerは開催されていますので、ちょっと気になる、今後の参考までに見ておきたい方にはオススメです !!

 

 

label SE カレッジの無料見学、資料請求などお問い合わせはこちらから!!


SEカレッジについて

label SEカレッジを詳しく知りたいという方はこちらから !!

午前免除 FAQ

タグ一覧