close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 Junit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上

今日わかる AWS サーバ構築 入門 研修コースに参加してみた

今回参加したコースは 今日わかるAWSサーバ構築入門 (1日開催) です。

この参加してみたレポートでもインフラの様々なコースでサーバを構築しました。Webサーバであれば、OSをインストールして、設定ファイルを書いて、と長いステップがありましたが、このコースでAWSの画面をポチポチすればサーバーが立ち上がりました。。しかもDNSも設定済みです。

ちょっと次元が違うことが肌で感じられるものでした。

このコースではAWSをはじめとするクラウドの基礎はそこそこに、AWSが提供する膨大な数のサービスを少しずつ紹介しながら、実習ではWebサーバーを構築したり、簡単なフォームでレスポンスを返すWebアプリケーションなど構築しました。

受講された中にはサポートや営業の方もいて、エンジニアでなくともAWSでサーバ構築などが出来るようになったことが実感できるコースでした。

そのうちAmazon Echo で「アレクサ、サーバ立ち上げといて」で二言三言の会話で立ち上がるのかも知れません。(すでにスキルにあるかも知れませんね)

では、どんなコースだったのかレポートします!

 

想定している受講者

  • Linuxの基礎知識があり、コマンドによる基本操作ができること
  • Windows PCの基本操作ができること
  • TCP/IPネットワークの基礎知識があること

受講目標

  • AWSでのサーバ構築手順の概要を理解する
  • AWSを利用する際の留意点について理解する

講師紹介

インフラ系でおなじみの 岩木 慎一さん です。

岩木さんは大型汎用機の時代から開発を行っていたので、当時と比べると隔世の感があるとのこと。講師としては楽しいんだけど、仕事としてやるのは大変だなぁ、ということでした。

確かに新人研修のプログラムは増え続けていて、もはや 0 と 1 の2進数の演算から始めると、3ヶ月ではクラウドまで手が回りません。ちなみに、新人研修でクラウドを扱うべきでしょうか。議論が分かれるポイントかも知れません。

個人的には、新人こそクラウドネイティブで進化を享受して、Herokuボタンで1クリックデプロイとか、いい感じの開発体験をしたほうがよい派です。

AWS とは

  • 早い、安い、美味い (?) を実現している
  • PCI DSS レベル1、ISO 27001などの資格も取っていて監査にも合格

 

安全という点では、最近私もAWSを使ったサービスをお客様に使っていただく際、オンプレで自社運用しているというより、AWSで運用してます、ということのほうが効きました。

 

クラウドとは

  • パブリック / プライベート / ハイブリッドの構成形態がある
  • SaaS / PaaS / IaaS のサービス形態

 

クラウドの場合、どこにアプリケーションが配置されているのかは分かりません。このため、どこにデータがあるのか保証すべきシステムの場合は、プライベートクラウドも必要になります。

確かに、以前、金融系システム子会社にお邪魔した際、自社DCをプライベートクラウドに移行中と伺ったことがありました。

パブリックなだけでなくプライベートクラウド構築も需要があるんですね。

 

AWS のサービス分類

 

  • とても変わりやすい。主要なのは上半分ぐらい
    • コンピューティングのEC2が主流、ですかね
    • このあと、コンピューティングやストレージ、DBMSなど詳しく紹介

 

これ以外にもIoTやAIなどのサービスも増えています。

 

コンピューティング1

  • Amazon EC2 Container Resistry -> Elastic Container Resistry に名称変更
  • Amazon EC2 Container Service -> Elastic Container Service に名称変更

 

とりあえず使ってみるならEC2で、DNSもグローバルIPもある状態で構築できます。(!!)

Amazon LightsailはEC2の設定などが面倒であれば、それら無しで手軽に使えるものです。

 

仮想化とは

  • OpenStackはゲストOS型
  • VMwareなどはハイパーバイザー型
  • Dockerはコンテナ型
  • コンテナ型の違いは仮想化システムの上にHW/OSがあるかどうか
  • 一方でコンテナ型ではLinux以外のOSは選べない
  • AWS はどれも選択できる
    • コンテナ型でもフルマネージド対応できる

 

コンピューティング2

  • Auto Scaling が重要なところ
    • chef や Ansible など構築・設定が自動化出来ていることが重要
    • それだけではなくアプリケーションも
    • DBは増やしづらい。。

 

その他、AWS Lambda はサーバレスというキーワードを生み出しました。機能が呼び出されるとサーバが立ち上がり、処理が終わるとサーバも終了するというものですね。

 

その他のサービスストレージやDBMS

  • 規模が大きいと、EC2とストレージ Amazon S3 などと組み合わせる
  • RDBMS (RDS) やNoSQLに対応したDBMS
  • キャッシュ (ElastiCache) やプロキシ (CloudFront) など
  • CodeStarなどデプロイ自動化などに対応したCI/CDツール
  • Redshift などBIツール
  • CloudWatch (モニタリング) など管理ツール
  • AI、IoT、モバイル、メッセージング (プッシュやメール) など

 

とにかくたくさん、たくさん、あって色々紹介いただきました。ちなみにAWSのサービス内で競合しているものもあるようですが、AWSは気にせず開発して、生存競争させているそうです。(怖い。。)

私たちの開発でもAWSを使っていますが、メッセージングなどは無料枠がとんでもなく、製品の初期フェーズは気にせず利用できるのはうれしい限りです。

なお、これだけ膨大にあるので、 AWSクラウドデザインパターン が JAWS Summit 2012 (日本のAWSユーザ会のイベント) で発表され、ここに冗長化やサーバ数の動的な増減ができる組み合わせなどが書かれています。

SEカレッジでも受講ニーズありますかねぇ。

環境構築の例

ここではサービスを組み合わせて、どのように環境構築するのか、その例を挙げていただきました。(先のAWSクラウドデザインパターンでも紹介されているものがあります)

 

静的なサイト

月額、数百円!!

 

ロードバランサーとオートスケーリング

DBのストレージの部分のオートスケーリングが難しいので、オートスケールの上限を設けたり、ストレージ容量を増やしたり、対策が必要です。

 

構築の進め方

サーバの設定も、そもそものサーバイメージと起動後の設定も自動化しておきます。

またコストについても安いという先入観を持たず、利用していない時間を計算したり、再リースの費用のほうがAWSより安いときもあるので、試算しましょう。

実習!!

ここからは実際にAWSにログインして、色々と構築してみます。

EC2 でサーバ構築

 

  • 設定資料を見ながら画面ポチポチ

 

nslookup [DNS名] で確かに動いていました!! ちなみに、ここまで10分弱で終わりました。。

 

WWWサーバ構築

  • 立てたEC2にSSH接続
  • apache をインストール sudo yum -y install httpd
  • /var/www/html に index.html を作成
    • コードサンプル
  • apache を起動
  • ブラウザからDNS名を入力し表示 !!

 

 

なんとDNSも初期設定されているんです。。

 

Webアプリケーション構築

  • 入力フォームから日本語を入力すると、翻訳された英語ページが返ってくるアプリケーション
  • 以下の index.html ファイルを /var/www/html に配置
    • index.html
  • EC2のDNS名にアクセス

 

 

こいつ、動くぞ!

 

応用的な機能

ロードバランサーを試してみる

 

  • Elastic Load Balancing を使う
    • classic Load Balancer ラウンドロビン
    • Application Load Balancer アプリケーションによってルーティング
  • ロードバランサーを作成する

今回は classic でやってみます。

 

  • 受講者同士でペアを組みます
  • 画面から 「ロードバランサーの作成」 を押してポチポチ設定
  • 設定したロードバランサーのDNS名をブラウザからアクセス
  • ペアを組んだサーバー同士で切り替わっている

 

同じURLを叩いて、切り替わってました!!

 

その他、Auto Scalingも触り、

  • 起動設定やオートスケーリング条件などを設定
  • CPUの平均使用率などのパラメータから閾値を設定
  • 通知の設定
  • スケールアップ (サーバー単体の増強) / スケールアウト (台数増加) / スケールイン (台数減少)

 

これらを設定してみて、コースは終了しました。

まとめ

このコースではAWSを実際に使って、EC2を立ち上げ、Webサーバや簡単なWebアプリケーションを構築したり、ロードバランサー、Auto Scaling も設定してみました。

GUIでポチポチしてサーバが立ち上がるのは、ちょっと感動モノです。

また、Auto Scalingも勝手にやってくれるわけではなく、もともと構築や設定の自動化が出来てないといけない、コストもちゃんと試算しないと必ずしも安いという訳ではないなど、当たり前ですが、クラウド初心者には見逃しがちなことも伺え、AWSに入門するにはとてもオススメのコースでした。

 

 

label SE カレッジの無料見学、資料請求などお問い合わせはこちらから!!


SEカレッジについて

label SEカレッジを詳しく知りたいという方はこちらから !!

特集・キャンペーン

よくある質問集

タグ一覧

参加してみた研修参加レポートJavaLinux基礎セキュリティ基本情報技術者プログラミングプロジェクトマネジメントオブジェクト指向PythonネットワークAISQL基礎プログラミング基礎ヒューマンスキル資格コミュニケーションIoTアルゴリズムエンジニアデータベースJavaScriptLinux入門マネジメントC# 基礎テーブル設計仮想化技術ソフトウェアテストプログラミング入門SQL応用パケット解析ビジネスマナーPMBOK®jQueryLinux応用ファイアウォールビジネス文書シェルスクリプトデータサイエンスデザインパターン教育研修担当者向けコンテナ工数見積ER図障害対応プレゼンテーションテック用語RDBMSDocker問題解決技法IT研修制度を聞いてみたデータベース基礎AWSLAN構築Windowsサーバー基礎SEカレッジ導入事例テスト自動化DNS簿記Raspberry Pi要求定義ロジカルライティング新人研修サーバサイドJavaPマークVLAN単体テストトレンドネットワーク入門Javaプログラミング基礎情報処理資格アンガーマネジメントアジャイルプロジェクトマネージャベンダーコントロールコーチングプロトコルIT基礎品質管理GoFJavaプログラミング応用C# 応用データサイエンティストロジカルコミュニケーションロジカルシンキング財務データベース設計ヘルスケアExcelインフラエンジニアマルチスレッドプログラミングCloudインフラ実機演習CCNAテストケースTCP/IP決断力法律知識Modern JavaScriptLVSプロジェクト管理機械学習応用情報技術者WBSActive DirectoryCSS3サーバー構築パフォーマンスチューニング試験対策CentOS7フレームワークリファクタリング営業知識SQLインジェクション新人育成UIスクラムネットワーク構築インデックス設計図解術非エンジニア向け情報漏えい見える化ITパスポートHTML5HTML/CSSRDBJavaScript基礎クラウドOSPFVPNデータベースセキュリティ物理設計(データベース)Python入門ZabbixITILルーティング微分・積分ソフトウェアテスト基礎Vue.js片付け術サイバー攻撃UI/UX犯罪心理学正規化理論Webアプリケーション開発管理職研修JavaEEDHCP会社規模99名まで経営改善CentOSLAMP環境ロードバランサーBGPエンゲージメントマネジメントセキュリティ入門プロジェクト失敗事例システム開発データベース障害セルフマネジメント統計学Deep LearningトラブルシューティングWindowsサーバー応用業務効率化DBA中級リスク管理マーケティングクリティカル・シンキングプロダクトマネージャLPIC-1ブロックチェーンデータベース応用JunitUXCisco情報セキュリティマネジメント内定者研修サーバーサイドJavascript会社の仕組み法改定基本コマンド要件定義コマンド冗長化Windows次世代高度IT人材UMLPHPウォーターフォールモデルM5Stackネットワーク管理顧客ヒアリング関数型プログラミングPDCAOS・システム基盤IT人材マウスで学ぶMVC基礎プロダクトマネジメント論理設計IPアドレスITサービスマネジメントテスト手法CCENT表計算ソフト塗り絵開発環境構築栄養学HTTP会社規模199名までMachine Learningプロジェクト計画リーダーシップ論理設計(データベース)HTTP/2.0サーバーOSI参照モデルPMO失敗から学ぶWeb API財務諸表レビュー情報システム部門向けGit自己分析GO言語ビジネスインダストリインタビュー技法OJTインターネットルーティング応用会社規模49名までDevSecOps仮想通過IPAインターネットルーティング基礎会話術継続的インテグレーション (CI)インバスケットRIP冗長化入門LaravelWebSocketC-CENT自動構築Node.js新人教育画像認識チームビルディング令和時代パケットキャプチャテスト技法並列処理PMP®Apacheシステム設計バージョン管理スタティックルートモダンJS (Modern JavaScript) 基礎概念設計(データベース)インフラ監視ニューラルネットワークWebWorkerSelenidechefコンピュータ数学サーバーダウンnpmやり直し数学Infrastructure as CodeチャットポットRESTful APIHaskellスクリプト言語PDUEC2継続的インテグレーション(CI)GitHubバッファオーバーフローハンズオンプライベートクラウドgulpフロントエンド超上流工程目標設定4Bizリーダブルコード会社規模300名以上アプリ開発Go言語 (golang)LightsailネゴシエーションDoS攻撃IT資格数字力基本設計財務会計アセンブラキャリア形成タイムマネジメントビルドツールChainerつながる工場内部設計見積手法OpenStackデータマイニングリスクコントロールMicrosoft Azureエディタ負荷分散共創AI人材FinTechBootstrapコンピュータ基礎ワークライフバランスモチベーション労働関連法基本用語プロジェクトリーダーシンギュラリティ業務知識/業界知識ソフトウェアテスト応用教養Wireshark

過去の記事