close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門 Z世代 クラウドネイティブ 技術教育 Windows server 2019 XSS CSRF クリックジャッキング ビジネスパーソン VPC IAM AWS Fargete ECS 問題発見力 問題分析力編 Access 流通業界 金融業界 ネットワーク設定 トラブル対応 評価 ソフトウェア品質 クレーム対応 呼吸法 戦国武将 エンジニアリング 組織論 SpreadSheet GAS ゼロトラスト Express 3D Arduino 業務分析法 業務構造 経営者 ストレングスファインダー 発注者視点 情報セキュリティ 顧客体験 エンターテインメント お笑い オンライン学習 オンライン教育 学校教育 情報化社会 スポーツ デジタル戦略 ITフェスティバル2022 GoogleSpreadSheet GoogleAppsScript(GAS) SQL 問題分析力 メタバース NFT 資産形成 資産運用 Typescript WebXR 講師が注目する技術 プラクティス ローコード ホワイトハッカーに学ぶ Google Cloud LinuC レイヤ3スイッチ ホワイトハッカー ハッキング 脆弱性 ビジネススキル キャリア戦略 NFTアート リテンションマネジメント ゲーム制作 トラブル防止 システム外注 食事メソッド コード ソフトウェア設計 ドメイン駆動設計 人事評価制度 報告書 稟議書 契約書 Rails 業務自動化 価値 原則 睡眠 IT用語 DBA 炎上対策 2022年版 パフォーマンス パフォーマンス向上 Kubernetes入門 実践 チューニング 2020年代 2010年代 リモートアクセスVPN VPN構築 Railsの教科書 CCNA試験 ウェビナー 老後 人生設計 OSPF入門 Ruby on Rails 脆弱性対策 説明上手 説明力 システム障害報告 システム障害解決 いまさら聞けない 仕掛けから考える ネットワーク基礎 社会人 基礎知識 今日から変わる 睡眠マネジメント 仕事の成果を上げる 出るとこだけ 情報セキュリティマネジメント試験

講師インタビュー 一戸 英男「達人を育てたい」


2022-03-31 更新

研修で「何を学ぶのか」も重要ですが、 「誰から学ぶのか」も重視される時代。SEプラスの研修で登壇する講師がどんなことを思いながらコースを実施しているのか、講師にインタビューしています。

今回は SE カレッジの OS インフラ分野で主に登壇される 一戸 英男 さんです!

“NetScape Navigator の OSS 化” 、 “ブラウザ戦争” などインターネットの歴史に残る企業でキャリアを積まれた話や、著書が 15 年以上売れ続ける理由は「あえて初級者を狙わなかったこと」と語られるなど、 IT エンジニア育成へのこだわりををインタビューしました。 ぜひご覧ください !!

講師紹介
一戸 英男

1965 年秋田県生まれ。 インターネット黎明期よりサーバ構築、ネットワーク構築を中心に様々な職種に携わる。 家電メーカーからキャリアをスタートし、インターネットの元祖とも言われるブラウザ Netscape Navaigator を生み出したネットスケープコミュニケーションズに転職。 以降もアメリカのテック企業で活躍。
現在は独立し、 Web アプリケーションやセキュリティのコンサルティングをしながら、研修講師をメインに仕事をしている。
著書に、移り変わりの激しいコンピュータ書において異例のロングセラーを誇る「図解でわかる Linux サーバ構築・設定のすべて」(日本実業出版社 刊)があり、 2005 年刊行から 15 年以上を経た今でも増刷を続けている。
プライベートでは、コロナ禍以降、辛いものが好きでお取り寄せにハマっている。 最近のオススメは “辛辛魚 (からからうお)” (寿がきや食品) と海自のカレー。

インタビュアー: SEプラス 寺井 彩香

黎明期から C 言語と UNIX に傾倒。 50 冊の英語ドキュメントで開発

―― 一戸さんというと “サーバ構築” というほど登壇が多いのですが、そういった技術に取り組むようになったのはいつからだったのでしょうか?

大学からですね。 C 言語と UNIX サーバを使って独自の CAD を作っていました。 色をつけたものはできなかったものの、線だけのワイヤーフレームをグリグリ動かすようなことはできました。

ただ、当時所属している学科や先生に C 言語と UNIX を触っている人がおらず、技術的にもまだ黎明期だったこともあって、書籍もなく、開発するのは大変でした。

唯一、参考にできるのは英語のドキュメントだけで 3 cm くらいのものが 50 冊ぐらいあって、それを読みながら実験していました。

―― そんな道なき道のような環境で開発されていたとはスゴイですね。 そこで培った技術が社会人になっても活かされたのですね?

そうですね、平成元年に家電メーカーに入って C 言語と UNIX を使う仕事に就きました。 ちなみに平成元年は商用でインターネット接続サービスが開始されたり、 C 言語も ANSI で標準化されたり、私にとってはエポックメイキングな年でした。

その C 言語と UNIX の技術を見込まれて、会社から課せられたミッションが 3 つありました。

  1. 社内にインターネットを広めて海外拠点も含めて繋げる
  2. 家電のファームウェアに載っているアセンブラプログラムを C 言語にリプレイス
  3. 同じマイコンチップを使っている事業部で共通で使える設計を考えよ

―― どれも新人に任せられるレベルの仕事ではないですね … 。 どのように進められたのでしょうか?

特に厄介だったのがアセンブラプログラムのリプレイスですね。 当時は社内に抵抗勢力が多かったんですよ。

そこで内緒でテレビのマイコンプログラムでリプレイスに取り組んでみて、 3 日間で C 言語で組めて、またアセンブラよりコード量を 2 割削減できました。 当時はプログラムの量によってマイコンの値段が決まっていたので、コストダウンに繋がりました。

それを聞いて、各事業部で優秀な人が手伝ってもらえるようになり、どんどん広まりました。

―― それはスゴイ! 進め方も新人離れしてますね !!

そのミッションは 3 年ほどでようやく成果が出て、そのあとは全社の億単位の設備投資の計画なども行うようになりました。

一戸さんとのインタビュー中のシーン

インターネットの歴史を当事者として経験

―― 出世街道まっしぐらですね! その後どのようなキャリアを積まれたのでしょうか?

その家電メーカーに 10 年間在籍したあと、アメリカのネットスケープコミュニケーションズに転職しました。 インターネットブラウザでは先駆的な Netscape Navaigator を開発した会社で、シェアも圧倒的でした。

―― ネットスケープ … 、インターネットの歴史で聞いたことがあるような気がします … 。

若い方だとそうなりますよね(笑)。 いまはもう開発が終了されて、 Firefox となって残っています。

―― えっ、そうなんですね!

Firefox の原型となった出来事として Netscape Navaigator を、まだ一般的ではなかった OSS として公開するなど、世界に衝撃を与えた企業で、インターネットの基礎を作ったとも言えます。 私にとっても憧れの企業でした。

―― GAFA のようなテックジャイアントだったのですね

そうとも言えるかも知れませんね。 世界各国から集まった沢山のスーパーエンジニアに会えたのは、とても刺激的でした。

―― そんな環境でどのような仕事をされていたのでしょうか?

ネットスケープコミュニケーションズはブラウザだけでなく、 Web サーバなど様々な業務用サーバを提供する企業でもありました。 私はその仕事に携わっていて、主にテクニカルサポートやチューニングをやっていました。

ただ 1 年ぐらいで辞めることになりました。

―― そんな憧れの企業だったのに、どうしてだったのでしょうか?

これも歴史的なものですが、 “ブラウザ戦争” が起こり Microsoft の Internet Explorer に負けたためです。

―― これもインターネットの歴史で見たことがあります! そんな出来事を経験されていたとは … 。

それでネットスケープコミュニケーションズを退職後、これも世界初のインターネットサービスプロバイダーとなった PSINet に転職しました。

―― インターネットの歴史そのままのキャリアですね!

ただ、今度はサーバエンジニアではなく、営業になりました。

―― 営業 … ですか !? 何かお考えが変わったのでしょうか?

当時、技術がわかってない顧客が多かったので、技術がわかる人が製品を案内すると喜ばれると思ったんですね。 実際、まだ存在しないサービスや製品を案内するような新規開拓営業もいましたし(笑)。

ただ営業と言ってもプリセールスエンジニアで、新規開拓営業と一緒にお客様も回りながら、コンサルティングする仕事でした。

―― 初めての営業はいかがでしたか?

最初は言葉が出なかったですね。 でも、 3 ヶ月もすると、営業より私が顧客とよく話すようになりました。

―― さすがです!

その後、 PSInet は日本初のデータセンターを作ったりもしましたが、投資しすぎて、それが回らないようになり、買収されてしまい、私も転職しました。

―― ベンチャーでキャリアを続ける、というのは移り変わりが激しく非常に難しいのですね。
一方で、一戸さんからはサーバやインフラへの変わらぬ愛情を感じるのですが、インフラの魅力はどのようなところにあるのでしょうか?

インフラの楽しさは沢山の人に使ってもらえることですね。 アプリケーションはどちらかというと特定の方に向けたものですが、それに比べるとインフラは全員が使うものなので利用者数が全然違います。

―― 確かにそうですね。 でも、利用者が多いだけにインフラは大変ですよね

そうなんですよね。 昔ですが、所属していた企業で J-PHONE と au のキャリアメールのサーバを構築・運用していたことがあって、サーバが 1 万台ぐらいあって構成するのは大変でした。

―― 今のように自動設定がない時代に、そんな規模を運用するのは、ちょっと想像できないですね

さらに、そこでバージョンアップがあり、ノンストップが条件だったので、順次切り替えながら、 1 日 1 時間ぐらいしか寝れないのが 1 ヶ月続いて、完了させたこともありました。 今の時代では絶対にできないことですが(笑)。

―― インフラの仕事にはそんな大変さと利用者が多いやりがいがあるのですね

笑顔になると雰囲気が変わる一戸さん

達人を育てたい

―― 華麗なキャリアもさることながら、一戸さんは本も書かれています。 そのきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

ファイアウォール製品を提供する会社にいた際、その社長から日本実業出版社を紹介されて、「初心者向けの Linux を書いてほしい」と依頼を受けたのがきっかけでした。

この本は 2005 年に出版されたのですが、 2022 年の今でも増刷を続けています。

著書「図解でわかる Linux サーバ構築・設定のすべて」(日本実業出版社 刊)

―― 発売から 15 年以上経っても売れ続けているとは驚きですね。 長く読まれ続けるポイントはどのようなところにあったのでしょうか?

これまで UNIX の Solaris を使った様々な構築・運用経験が豊富にあったので、それを Linux に置き換えるとどうなるか、という切り口で書きました。

そうすると、教科書のような理論の話は抑えめで、今起こっている現場で困っていることを解決できる内容になりました。 また Linux のプリミティブな設定にこだわったものにしました。

このように初級者ではなく、中級者向けの内容だったこともあって、それが今でも読まれるものになったのだと思います。

―― 確かに、初級者向けのコンテンツは技術の発展の影響を受けやすいので、すぐ売れなくなりますものね

また、当時はコンピュータ書では珍しく amazon の全ジャンル、文芸書やビジネス書、マンガなど全て含めて 27 位に入りました。

―― 全ジャンルで技術書が 27 位になれるんですね! 驚きました

出版社の中でも話題になったそうです。

―― 講師になられたのも、この執筆書があったからなのでしょうか?

いえ、本があったからという訳ではありません。 “教える” という点では、家電メーカーに入社して 1 年目から、お話したように新しい技術を技術を広めることをやっていたので、講師に近いことはやっていました。

本格的に講師を務めるようになったのは、起業してからですね。

起業した直後に起こったリーマンショックの影響で事業を見直したときに、新人研修で補助金が出るようになり、講師として呼ばれるようになりました。 それから講師として登壇することが増えました。

―― 起業した直後にリーマンショックとは … 。 起業後はどのような仕事をされるようになったのですか?

従来のインフラの需要が減ったため、 Web アプリケーションの開発をするようになりました。 旅行や人材業界向けのアプリケーションを行ったり、あとはセキュリティですね。 ある大手企業向けのスパム対策メールフィルターの開発や、自動車のメーカーにペネトレーションテスト(*)をしたり、改ざんされたものを戻したり。

アプリケーションに対する侵入テスト

―― セキュリティといってもお話を聞くと、難易度高めの案件ですね

と言っても、今はシフトして、売上の 8 割は講師です。

―― なるほど。 では、その講師として一戸さんはどのようなことにこだわってらっしゃるのでしょうか?

わかりやすい言葉にする、わかりやすく説明する、というよりは、「なぜ、これが必要なのか」を中心に説明しています。 これは、技術にこだわる方や “なぜ動くのか” 疑問に思ってしまう方には面白いと感じてもらえるからです。

やっぱり、どんどんプロフェッショナルや達人を育てたいですね。

info_outline一戸さんの研修の模様

Docker 入門 ~たった 5 つのコマンドで出来る環境構築 研修コースに参加してみた

―― 先程の本と同じということですね。
では、最後に受講される方へのアドバイスがあればお願いします!

学習していると、結果がすぐにでない時期があり、フラストレーションが溜まりがちです。 学習曲線は線形ではなく非線形なので、我慢して続けられるかどうか、それが重要です。

そういうときも、研修内容を 10 分、 15 分 でも予習すると、「理解できた!」という体験がしやすくなるので、もっと面白くなります。 ぜひやってみてください。

―― 貴重なアドバイス、ありがとうございました!

ありがとうございました。

一戸さん(写真左)とインタビュアーの寺井(写真右)

午前免除 FAQ

タグ一覧