close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門

DX 時代の仮説検証で使えるビジネスモデルキャンバス演習 研修コースに参加してみた


2021-02-26 更新

今回参加したコースは DX 時代の仮説検証で使えるビジネスモデルキャンバス演習 です。

DX という言葉が登場して、しばらくたちました。 DX というと、自分でも気付かなかったようなニーズをうまく発見してイノベーションを起こしたり、これまでの業務プロセスを魔法のように効率化するようなイメージがないでしょうか。私はそうでした。

今回のコースは、そんな DX 時代に必要なデザイン思考や仮説検証を実践する方法を学ぶものです。

単に講義を聞くだけではなく、仮説検証で使えるフレームワーク、ビジネスモデルキャンバスを使ったワークショップ形式のコースで、やってみると既存のビジネスを分析することで新たな問題やアイデアを見つけられそうに感じました!

また、 2 回目の緊急事態宣言の発出を受け、このコースも教室開催からはオンラインに切り替わりました。しかし、まったくオンライン切り替えの不安を感じず、受講者全員で意見をどんどん出して、一緒に考えて、楽しく参加できる内容でした。

 

では、どのような内容だったのか、レポートします!

コース情報

想定している受講者 特になし
受講目標 ビジネスを成功に導く、スピード感をもった「解」を見つけるための手法やマインドセットの醸成を体得する

講師紹介

このコースで登壇されたのは、このレポートでは初登場となる 今津 美樹 さんです。

今津 美樹
今津 美樹
IT エンジニアの経験を活かし、デザインアプローチによるビジネスモデル構築の分野で多くの実績とそのノウハウを紹介する著書多数。国内外の数多くの企業および大学でビジネスモデルの研修を手掛け、受講者は延べ 23,000 人を超える。

柔らかな物腰に加えて、巧みなファシリテーションが印象的で、 IT エンジニア出身とは思えない方でした。

今津さんの著書や監訳書

なぜデザイン思考が注目されているか

なぜ、いまデザイン思考が注目されているのでしょうか。

  • 現在は「計画に時間をかけるのは時代遅れ」
    • 日本の企業、特に大企業は、中期計画や長期計画の戦略に時間をかける
  • 状況は変化する(たとえばこのコロナ禍の 1 年間)
  • 計画しているうちに市場と乖離してしまうという皮肉

そこで登場するのが、デザイン思考です。

    デザイン思考とは

  • Empathize (共感) / define (問題定義) / ideate (アイデア) / prototype (試作) / test (検証) / implement (実装) という 5 つのプロセスに分かれる
  • 特に「仮説検証」というプロセスが重要
    • 小さく仮説シミュレーションして、状況変化に応じて変えていく
    • この仮説検証のサイクルをどれだけ速くできるかが重要

DX が意味するもの

状況変化が激しい現在において、 DX(デジタルトランスフォーメーション)熱が上がり続けています。

  • DX は、ともすると、自動化や AI / IoT の活用と考えられがち
  • もともとの本質は「企業がデータやデジタル技術を使って組織やビジネスモデルを変化し続け、価値提供の方法を抜本的に変えること」
  • 市場が「製造」から「サービス」にシフトしている
    • 従来はいいものをたくさん作るというモデル
    • クルマが所有からサービスに
    • お客様の多様化で、顧客の課題ありきになった
  • (そのサービスとは) 1 to 1 マーケティングのようなもの
    • 街の魚屋さんが、なじみの人にあわせて商品すすめるようなプレミアムサービスではできている
    • それをもっと広範囲に普及させるようなものが今のサービス

デザイン思考を活かしたアプローチ

DX でのポイントは 2 つ。

  • 仮説検証のスピード
    • 次の打ち手を複数考えておく
  • (仮説検証中の) 目標の可視化と共有
    • これを組織やチームで共有するのが、以外に難しい
  • 一度仮説で作ったものを捨てるのは、とても難しい

この仮説検証で使えるメソッドが、これから演習を行う ビジネスモデルジェネレーション です。これを使うと、仮説が立てやすくなり、検証の結果、ピボットが必要となった場合にも方向修正がしやすくなる、とのことでした。

仮説検証で使えるビジネスモデルジェネレーション BMG とは

  • ビジネスモデルとは「儲かる仕組み、および組織が成り立つ仕組み」
  • BMG は 2 つのフレームワークでビジネスモデルを可視化する
    • ビジネスモデルキャンバス
    • VP (バリュープロポジション) キャンバス
  • 可視化することでチームとスピーディに共有できる
    • 途中で新たなメンバーが加わったときにも履歴を辿ることができる
  • BMG は顧客デマンドを起点に考える
    • なぜか
      • コーヒーショップの差別化要因は、豆の品質 → バリスタなど → 顧客体験に変化
      • 一方で「安さ」を重視する顧客もいる
      • 顧客からニーズや問題が生まれる

ちなみに、リーンスタートアップで登場するリーンキャンバスもビジネスモデルキャンバスを元にして考案されたそうです。

ビジネスモデルキャンバスで演習する

ここからは先程登場したビジネスモデルキャンバスを使って演習します。本来の教室開催であれば、ここからはグループに分かれて演習になるところ、今回は受講者全員で 1 つのキャンバスで演習します。

  • 9 つのブロックがある
  • 中でも VP ( Value Propositions = 価値提案) が一番重要
  • ブロックに考える順番がある
  • 今回のお題は「スターバックスコーヒー」
    • 現状の可視化をする練習
    • こういった練習から新規事業も考えられるようになる
    • 競合分析にも使える
    考える順番

  1. CS (Customer Segments): 顧客セグメント
  2. VP (Value Propositions): 価値提案
  3. CH (Channels) チャネル: 顧客との接点 (タッチポイント)
    • どのように顧客にリーチするか
    • 販売チャネルやアフターフォローのチャネルが入る場合もある
  4. CR (Customer Relationships): 顧客との関係
    • 顧客を囲い込む、つなぎとめるための手段
  5. RS (Revenue Streams): 収入
  6. KR (Key Resources): ヒト・モノ・カネ・知的財産
  7. KA (Key Activities): 必要な活動
  8. KP (Key Partners): チームだけでは提供できない(提供するためには時間やコスト比重が大きくなる場合の回避策も含め)、重要なパートナー
  9. CS (Cost Structure): コスト構造

ということで、早速、顧客セグメントから考えます。今津さんが受講者に聞きながらブロックを埋めていきます。

共有されたキャンバスの様子

ここでは、その演習中に今津さんから伺ったブロックごとの考えるコツを紹介します。

  • CS は顧客の行動動機や課題に注目するとよい
    • 「 20 代 女性」のような属性で考えるのは NG
    • 「甘いものが好き」とか「カフェで作業したい」など
    • 挙がったら同じような動機や課題を持つ人をグルーピング
  • VP の考え方
    • CS でグルーピングしたものを VP で結びつける
    • こうやって見てみると、価値がコーヒーだけでないことに気づく

このあと、今津さんが解説を交え、各ブロッグに入れる項目を埋め、キャンバスが完成しました。

なお、今回はオンライン開催なのでコンピュータ上でしたが、本当にやるときはアナログが推奨とのことです。考えが固まっていないときは、アナログのほうがスピードが速いとのことでした。

ビジネスモデルキャンバスの活用

完成したキャンバスの見方と、その活用方法を紹介いただきました。ここではポイントを絞って紹介します。

  • キャンバスの見方
    • 儲かる仕組みを可視化している
      • 成立条件は簡単で、収入がコストを上回ればいい
    • マズい点があれば捨てればよい(キャンバスだけなので抵抗が少ない)
    • 右側(収入)はお客様との関係性
      • CS → VP → CH → CR → 収入 の流れで売上
      • 顧客を理解して価値提案ができていると、お金が入る
    • 左側(コスト)はバックオフィス
      • KR → KA → KP → コスト
      • お金が出て行くコストに関わる活動
    • この右側と左側を対比してみる構造
  • ビジネスモデルを変化させるときに使える
    • ex. スターバックスコーヒーを B2B 向けに変える
      • コンシューマーモデル ( B2C ) の場合には、 KR として挙げられた、ブランドなどの知財や原料のコーヒー豆は、 B2B に変えたとき、顧客にとっての価値 ( VP ) となる
    • 新たな仮説検証にも使いやすい

B2B での注意点

B2B の場合、 CS は顧客を書くのか、エンドユーザーを書くのか、よく迷う点です。

たとえば、自動車メーカー向けの自動運転のコア技術を持っていて、自動車メーカーに売り込む場合を考えます。

  • 自分の会社にとって
    • 直接の顧客となるのは例えば部品メーカーのデンソー
    • エンドユーザーは例えばトヨタ自動車
  • デンソーにとって
    • 直接の顧客はトヨタ自動車
    • エンドユーザーはドライバー
  • トヨタ自動車にとって
    • 直接の顧客が自動車購入決定権者
    • エンドユーザーがドライバー

こう見てきたように、 B2B でも最後はコンシューマービジネスにつながるので、それを丁寧に追うと良いとのアドバイスでした。

 

また、このキャンバスはその他、組織やチーム、個人にも使えるなど、その活用法とそのときに使える参考書を伺ったところで、このコースは修了しました。

まとめ

DX が求められる時代に、必須となる仮説検証のやり方を、ビジネスモデルキャンバスで学びました。

スターバックスのビジネスモデルキャンバスを作る作業では、今津さんのファシリテーション力もあって、受講者から多様な意見やアイデアが伺え、それにより、これまでにない視点や発見につながり、とても面白い演習でした。

受講者からも経営から現場まで、あるいは企業合併などにおいても共通言語として使えそうという声もあり、皆さん手応えを感じたようです。

新しいアイデアや革新的な業務改善を求められても、スグに出てこないものですが、このように既存のビジネスモデルを分析することで、新たな問題やアイデアを見つけるられるように感じました。

これから DX に取り組む方にはとてもオススメのコースでした!


SEカレッジについて

午前免除 FAQ

タグ一覧