close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門

ソフトウェア レビュー 手法を学ぶ 研修コースに参加してみた


2021-03-03 更新

今回参加したコースは ソフトウェア レビュー 手法を学ぶ です。

レビューと言うと、皆さんはどのようなものを思い浮かべられますか?

最近はすっかり GitHub などが普及し、コードレビューを真っ先に思い浮かべられるかも知れません。今回のコースは、コードではなく、それより前の工程にある仕様や設計など、ドキュメントを中心としたレビューです。

アジャイル開発でも、現在は「正しくつくる」に加えて、「正しいものを」正しくつくることが求められるようになり、より仕様や要求へのレビューが行われるようになっています。

そのレビューでで使われる手法は様々あり、そのメリット / デメリットを学び、最終的には各工程でアウトプットされるドキュメントにあわせて何を適用させるのか、わかるようになりました。

 

では、どのような内容だったのか、レポートします!

コース情報

想定している受講者 システム開発経験者
受講目標
  • レビューの原理原則を理解する
  • レビューを実施する文化を作るテクニックを知る

講師紹介

品質やテストと言うと、多くのコースに登壇いただいてるのがクロノスさんです。今日は 藤丸 卓也 さんです。


label藤丸さんの過去の登壇

JUnit ではじめる単体テスト入門 研修コースに参加してみた

今日の内容

講師紹介とともに今日のやることを紹介いただきました。


この中で、前提となるレビューをやる方にまず触れました。

  • 人事評価者が入るのは NG (ルール化されている)
  • できるだけ若手のときから入るとよいです

確かに、レビューで評価が入ってしまうと、怖がったり敬遠しますね。

またレビューはリードエンジニアぐらいの方がやるように思われがちですが、いろいろな手法があるので、若手からどんどん参加しましょう、とのことでした。

テストとレビューの違い

  • ソフトウェアテスト
    • バグを発見すること
    • バグが存在しないことを証明はできない (バグ 0 はできない)
    • バグが見つからない、というときは、だいたいテスト設計が悪い
  • レビュー
    • コードだけでなく、ドキュメントもレビューが必要

冒頭にもある通り、今日はこのドキュメントのレビューです。

レビューを妨げる壁

  • 納期に間に合わせようとするとレビューなどが簡略化されがち
    • 品質に基準がないことが多く、品質が犠牲になりがち
  • 仕様変更が多いので、レビューしない
  • テストの方がよいと思われがち
    • 一方で、上流工程の欠陥は下流工程で工数を増加させる
    • IBM の調査では総欠陥数の 45 % ~ 80 % の欠陥が上流工程に起因する

テストの方がよい?

先程挙がった、レビューするより、テストの方がよい、とすることの問題点を深堀りします。



  • ソフトウェアテストでは発見が遅くなる
    • 発見したときには上流工程の担当者がいないことが多い
  • レビューを各工程で行うことで発見が早くなる

レビューで遅くなる?

また、レビューをやらない理由として、遅くなってしまう、という言説もあります。

  • そもそもレビューの工数を WBS の中に入れておらず、追加すると遅くなる
  • レビューを工数に入れると、今度はその効果が見えにくい
    • レビューは「予防」なので、未来の下流の炎上は見積もれない
  • レビューをやらない結果

確かに、仕様をもとに、いざ開発しようとすると、漏れや不整合が発生しがちですよね(わたしの経験談)。。仕様を書いてる人も気づきにくいんです(言い訳)。

レビューとは

ここまでレビューが行われていない現状を解説きましたが、ここからはいよいよ、レビューのやり方に触れるのかと思いきや、、、似非レビューをもとに、必要な原則に気づくグループ演習を 2 つ行いました。



Zoom のブレイクアウトルームを使って、各グループでこの絵から問題点を洗い出しましたが、講義やプレゼンになっている、議事録をとってない、なにか討論になってしまっている(恐らく解決方法でも揉めている)など、様々に挙がりました。

ここで藤丸さんから、レビューについて、そもそものところから解説いただきました。

  • レビューとは各工程で 曖昧なこと、問題点を洗い出すこと
    • プレゼンや説明ではない(説得ではない)
    • 解決策は考えない
  • レビューは大きく分けると 2 つの種類がある

    • 今回はピアレビューが中心

なるほど、問題が見つかると、解決策まで踏み込みがちで、ただでさえレビューに工数がかかると言われるので、目的を絞るのはとっても合理的ですね。

レビュー手法

ここから、レビューの手法の解説です。

作業成果物レビュー(ピアレビュー)には、以下の種類があります。下に行くほどカッチリとしたものになります。

  • アドホックレビュー
  • ペアレビュー
  • パスアラウンド
  • ウォークスルー
  • インスペクション

では、それぞれの手法を見ていきましょう

アドホックレビュー

  • やり方
    • ちょっとデスクに立ち寄ったときにレビューしてもらう(軽いノリに近い)
    • 非公式なレビュー
    • かんたんにできる
  • 注意点
    • 優秀な人、親切な人に集中しやすい
    • タスク化が困難

ペアレビュー

  • やり方
    • レビュイーとレビュアーがペアを組んで行う
      • シニアレベルとジュニアレベル or 同じレベル同士
    • 比較的低コスト
  • 注意点
    • レビュアーの知識・経験に依存してしまう
      • セキュリティだけに詳しいなど
      • チェックリストを入れると良いでしょう

パスアラウンド

  • やり方
    • 成果物を回覧・配布・掲示板でレビューする
      • ミーティングは実施しない
    • 招集コストが少ない
    • 遠隔地含め、多人数からレビューをもらえる
  • 注意点
    • 多人数のため、レビュアーが積極的でなくなる
    • フィードバックが重複する
    • フィードバックが矛盾し、解決コストがかかる

ウォークスルー

  • ピアレビューというと、ウォークスルーを指すこともある
  • やり方
    • レビュイーが成果物を説明する
    • 事前に資料は配布する
      • レビュイーのプレゼンで欠陥が見過ごされる可能性がある
    • レビュイーの批判をしない
    • 欠陥の修正はしない

インスペクション

  • やり方
    • 第三者がチェックリストをもとにレビューする
    • もっとも公式なレビュー
    • レビュイーは何もせず、第三者がプレゼンする
    • 参加者の役割を明確にする

  • 注意点
    • 時間とコストがかかる ( 15 % 工数が増加する)
      • 82 % のエラーが見つかる ( Michael E. Fagan [IBM] の論文)
      • エラーが発生しやすいところでやるとよい

最適なレビュー手法を考える演習

先程解説いただいたレビュー手法をもとに、各工程の成果物はどの手法でやるべきか、演習しました。


藤丸さんからその考えるポイントと解答例を紹介いただきました。

  • 前半の上流工程に力を入れる
  • 欠陥があると、影響が大きいものに力を入れる
  • リスクの高い重要なドキュメントに力を入れる
解答例はこちらarrow_drop_down

リーディング技法

ここまで演習してきたレビュー技法でも問題点があり、それをさらに改善できる、新しい手法も紹介いただきました。

  • これまでのレビュー技法では罰のようになってしまう可能性がある
    • 結果、隠す、非公式に直す、などの結果を引き起こしてしまう
  • 合わせて使うと効果を発揮するのが、リーディング技法
    • 名古屋大 情報学研究科 森崎 修司 准教授が提唱
    • “「何を重視してチェックするか」という目的を決めたら、その範囲内で、できる限りさまざまな視点からチェックすることが大切”

    • ドキュメントの種類によって手法が変わる
      • パースペクティブ・ベースド・リーディング
        • ユーザが使うドキュメントのレビュー
        • 基本設計以前のレビュー
      • ディフェクト・ベースド・リーディング
        • 開発者が使うドキュメントのレビュー
        • 詳細設計以降のレビュー

ディフェクト・ベースド・リーディング

  • 複数のエラーシナリオを用意
    • ex. 一貫性の欠如、機能上の誤り、曖昧さ、機能の不足などのエラーのタイプごとに作成
  • 1 シナリオにつき、担当者 1 人で行う
    • 抜け漏れダブリを防ぐことができる
  • 他プロジェクトや製品でも流用しやすい
  • シナリオの出来次第でレビュー結果が変わる
    • 徐々に成長させるという観点が必要
  • シナリオを用意するのにコスト (時間含む) がかかる

パースペクティブ・ベースド・リーディング

  • 異なる立場でチェックする
    • admin なのか、 user なのか、 未 login なのか
  • 多様な視点のチェックで抜け漏れダブリを防ぐ
  • 立場に慣れていない方がレビューすると漏れる可能性がある
  • 流用が難しい

リーディング技法の演習

最後に、習ったばかりのリーディング技法を使って、実際に演習してみます。


先程の似非レビューの絵の演習と同様にグループに分かれて、予め用意された、以下のドキュメントをもとにレビューします。

  • 画面遷移図
  • 画面レイアウト
  • 画面項目定義
  • 入力チェック仕様
  • テーブル定義
  • 単体テスト仕様書(レビュー対象)
  • 観点(チェックシート)

この演習が終わったところで、コースは修了しました。

まとめ

以前、テストのコースで紹介されてから、いかに上流で欠陥やバグが見つけるのか、レビューの手法が気になっていたのですが、ようやく学べました!

ソフトウェアテストの進め方 研修コースに参加してみた

また、リーディング技法の「視点を変える」というのは、とっても秀逸で、実際、受け入れテストのときにやってみましたが、効率的に、また今まで見落としがちだったエラーがたくさん見つかりました。

ただ、レビューも、やはり銀の弾丸ではなく、工数がかかります。そうなると、現場で導入させるのが難しそうに感じました。セキュリティのように予防コストをどれだけ理解してもらえるかが鍵になりそうです(となると、アドホックレビューやペアレビューで試してみてみるのも手なのかも知れません)。

なので、プロジェクトの手戻りや炎上で困っている方は、ぜひぜひこのコースを受講して、レビューの効果を説明 → 導入しましょう!


SEカレッジについて

午前免除 FAQ

タグ一覧