close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 Junit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向

IT人材白書 2020 から読み取る これから目指すべき方向!


2020-09-07 更新

先日( 2020 年 8 月 31 日)、 IPA から IT 人材白書の最新版… 2020 年版が刊行されました。

今回のポイントを要約すると次のような感じです。

  • DX への取り組みが加速
  • IT 業務の内製化の進展
  • 技術者のスキルを従来型技術から先端技術へ転換させることが課題

これだけを見ても、内容に目を通すまでもなく、 必要とされる IT 人材として DX へのスキルチェンジが必要だということは想像できるでしょう。

実際、これまでに IPA から公表された数々の資料同様、この IT 人材白書 2020 年版でも…その方向にはなっています。

しかし、果たしてそれだけなのでしょうか?

誰もが皆、先端技術を学び直し DX の案件をこなさなければいけないのでしょうか?

そのあたりも含めて、 IT エンジニアの目指すべき方向を考えて行きたいと思います。

IT人材の数

これによると、 2019 年の我が国の IT 人材は 1,253,000 人。 IT 企業に勤務する IT 人材が 959,000 人で、ユーザ企業に勤務する IT 人材が 294,000 人です。

出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.27 より

自分と同じような仕事をして、同じような悩みや苦労を抱えている人が…あ、喜びもか…、とにかくそういう人がこれだけいるのです。同業でもあり、ライバルでもある人数です。

IT 人材白書には、他にも、これをもう少し細分化したIT企業の “職種・レベル別推計” やユーザー企業の “業種別” 、 “従業員数別” 、 “IT 人材率” などのデータもあるため、自分自身の位置付けがわかる興味深い内容になっています。

しかも、今回の 2020 年版は、 DX(デジタルトランスフォーメーション)への転換が強く求められるようになったことを反映して、 IT エンジニアとして…自分がどの方向を向いて、何をするべきかを考える上で、とても参考になるものになっています。そのため、できれば全編を( PDF 版はアンケートに回答すると無償でダウンロードできます)、まずは概要からでも構わないので、目を通しておくことをお勧めします。

ITエンジニアに対する需給バランス

まずは、自分自身の “仕事” に関係してくる IT エンジニアに対する需給バランスを確認しましょう。

「第 2 部 第 1 章 2 節 ユーザー企業の IT 人材を取り巻く変化」では、ユーザー企業が、 IT 業務のうち企画・設計など上流工程を内製化する動きが顕著に上昇していることを示しています。それに伴ってでしょう、 IT 人材の “質量” ともに不足感が増しています。これは、他のデータと合わせて見ると明らかですが、ユーザー企業が競争力強化のために DX に取り組み始めている、もしくはその必要性を感じているからに他なりません。

出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.33 より
出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.34 より

一方、ユーザー企業のニーズは、同時に IT 企業のニーズでもあります。したがって「同 3 節 IT 企業の IT 人材を取り巻く変化」でも、ユーザー企業同様、 IT 人材の “質量” ともに不足感も増しています。

出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.55 より
出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.58 より

これらのデータは、経済産業省が 2019 年 3 月に公表した「 IT 人材需給に関する調査の調査報告書」でも、 2030 年には最大で約 79 万人不足するという試算が出ていますし、特に、先端 IT 従事者の不足感が大きいことを示している点とも合致しています。以前からずっと言われてきたことが確認できますよね。筆者が肌で感じていることと相違ありません。

厚生労働省から公表されている有効求人倍率の推移(一般職業紹介状況)や、リクルートワークスの一般職業紹介状況「ワークス大卒求人倍率調査」によると、このコロナ禍で求人の落ち込みが見られますが、こと IT 企業に関していうと…リモートワークが可能な点、政府も今後 3 年間は IT に集中投資する意向を示したことなどで、この不足感はしばらくは解消されないと思います。

このような不足感は企業にとっては大きな課題ですが、 IT エンジニアにとっては一つの安心材料になるのではないでしょうか。

企業の IT エンジニア獲得戦略

人材が質・量ともに不足している環境下では、企業の取り得る戦略は “人材確保、人材育成の強化” になります。具体的には、既存社員のスキル転換やスキルアップ、優秀な社員の離職防止、有望もしくは優秀な社員の獲得を狙いますからね。

  • 教育制度の充実
  • 雇用環境や労働環境、福利厚生の充実による魅力アップ

しかし、その一方で…働き方改革は、教育制度を充実させること(就業時間内に研修を行う)のマイナス因子になりますし、労働者の権利強化は「勉強しろ!」という働きかけを阻害する要因にもなっています。今年( 2020 年)の 4 月からは時間外労働の上限規制が中小企業にも適用され、 6 月からは、俗にいうパワハラ法案も施行されましたからね。

そのあたりのバランスをどうとるのか?様々な戦略が考えられます。

どの戦略を取るのかは企業によって異なるので、 益々多様なものになっていくでしょう。

自分以外の IT エンジニアはどう考えているか?

このような環境下において、当の IT エンジニアはどう考えているのでしょうか?

特に、自分以外の…あるいは自分の見えている範囲のエンジニアはどう考えているのでしょう?

類は友を呼ぶので、どうしても自分の周囲がデフォルトだと思ってしまうんですよね。だから、時にはより多くのデータで世の中の趨勢を知ることも必要です。

そのあたりも IT 人材白書 2020 を読めば見えてきます。 IT 人材白書 2020 の「 4 節 学び直し・人材流動に関する意識調査」( P.085 ~ P.101 )によると、次のようなデータが取れたようです。

出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.91 より
出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.99 より

これらのデータは、先端 IT 従事者と先端 IT 非従事者に分けてデータを取っているのですが、図表 2-2-24 ではそれぞれの勉強時間が、図表 2-2-33 を見れば “自発的かどうか” 、 “モチベーションがあるかないか” がわかります。

先端 IT 非従事者の約半数が「ほとんど勉強しない」になっている点や、先端 IT 従事者は(今が旬なのでしょう)業務が多忙で時間が取れない中、必死で時間をやりくりして勉強している姿勢が見えています。

それに、”業務が忙しく” という理由は、先の人材不足からくるものなので、そこに巻き込まれると悩ましいですよね。また、家事及び育児等で忙しいという要因も、人生 100 年で考えれば…それを犠牲にするというのも本末転倒かなと。

しかし、「活かす場がない」、「必要性をあまり感じない」という理由だけの場合は、その人の思想や哲学によって変わってくるのかなと。

自発的に勉強している人、モチベーションの高い人は逆の発想をしているからです。筆者の知人の中でも、自発的に勉強する人の多くは「活かす場所は自分で作る」、「自分が必要性を感じない時には他人も必要性を感じていないはず。だとしたら逆に先行者利益を得るチャンス」と考えているからです。逆にモチベーションが高くなるようですね。

このあたりは、インターネットが登場してから言われていることです。インターネットが情報を得るために必要なものを画期的に変えたからです。

インターネットが無い時代
“お金” や “有利な環境” で情報量に差が付く
インターネットがある時代
“モチベーション” で情報量に差が付く

モチベーションは、お金では買えませんからね。

但し、こういう論調の IT 人材白書 2020 を読んで、ほとんど勉強しないITエンジニアが悪い、そうなってはいけないと考えるのは早計です。

IT エンジニアの働き方も多様化していきます。

こなれた技術だけでのんびり仕事をするという選択肢も無くなりはしないでしょう。全てのエンジニアが先端技術を学び、 DX を推進し、仕事以外でも勉強し続けなければ仕事にならないという世界ではないということも、実は、この IT 人材白書 2020 から読み取れます(その観点ではまとめてくれていませんけど)。

まぁ…自分に鞭打って “先端技術を勉強しなければならない” と考えるとしんどいですからね。誰もが勉強好きというわけでもありませんし。

もしも自分が「仕事以外では勉強したくない」と考えているのなら、後述するように、その自分の戦略に合致する企業を見つけ、そこで、自分らしい働き方をすることを考えましょう。この不足感は、それを可能にすることも示唆しています。

選ばれる企業、自分の価値を高めるために

ところで、この IT 人材白書 2020 の 22 ページでは、「 4. 選ばれる企業、自分の価値を高めるために」として、「企業も人も、お互い選ばれるようになりましょう」と提言しています。

出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.22 より

これは、企業も個人も選ばれるためにお互い価値向上の取り組み、すなわち先端技術を学び DX を推進していきましょうという論調なのですが…もう少し拡大解釈して “個人” の立場から考えると…

自分の生き方に合致する企業を見つけよう!

ということになると思います。

先端技術や DX がすべてではありません。こなれた技術への需要がすぐになくなるわけでもありません。図表 2-2-33 のような状況でも成立しているわけですから。

今後は、人生 100 年で働き方も多様化していくし、企業も人材不足への対応で独自の強みを出しながら多様化していくでしょう。これまでのように「会社とは…」とか「働くということは…」というように画一的なものはどんどん無くなりつつあります。

そうなると重要なのは、お互いに相性の良い相手を選ぶこと、これに尽きます。

モチベーションが高く、自分の興味ある分野を勝手に勉強する人には、画一的な教育カリキュラムは合いません。逆に、会社でしか勉強したくないという人は、教育制度の充実した会社でないとスキルアップができないでしょう。お金を稼ぎたい人は先端技術を自ら習得すればいいし、そこそこの稼ぎで良いのでプライベートを充実させたいという IT エンジニアはスキルアップの圧力の無い会社で自分にあった仕事を全うすればいいと思います。

豊富で潤沢な仕事量があるわけですから、自分にあった働き方をすることができる。

加えて、企業の多様化が進めば、労働環境や労働条件を細部にわたって吟味することができるようになるということも…しっかりと考えた方がいいと思います。

そういうわけで。この IT 人材白書 2020 からは、そういう点も読み取れるので…モチベーションの高くない人も、ひとまずは安心しましょう!

その上で、先端技術や DX には大きな可能性、一攫千金の可能性があることも示唆しています。若い方は狙ってみると面白いかなと。というのも、まだまだ DX には課題が多いからです(図表 2-A-5 )。課題を解決できる人材を目指すことは人生戦略の王道ですからね。

出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.105 より

とりあえず情報処理技術者試験も

なお、「何を勉強したらいいのかわからない」という方には、 “とりあえず” 情報処理技術者試験をお勧めします。国動向に合致していますし、そんなに難しくはないし。

このデータから、企業もその重要性に気付いていることが伺えます。

出典: IT人材白書2020 今こそDX を加速せよ ~選ばれる “企業” 、選べる “人” になる~ p.59 より

情報処理技術者試験は、それこそ「活かす場がない」「必要性をあまり感じない」と考えてしまい、やる気にはならないかもしれませんが、前述のとおり「活かす場所は自分で作る」、「自分が必要性を感じない時には他人も必要性を感じていないはず。だとしたら逆に先行者利益を得るチャンス」と考えるのも悪くないと思います。

“とりあえず” 情報処理技術者試験 “も” 勉強しておくという程度で考えれば。

それだとノーストレスで気楽に、結果スキルアップしていることになりますから。

資格のカリキュラムというものは勉強しやすく考えてくれいるし、知識を体系化してくれているし、近い将来必要なことを厳選してくれているし、基礎でしかなくそんなに難しくないし…少なくとも何を深く勉強すればいいのかはわかるし。そんなに悪いものでもありません。

それに…そもそも資格制度って、必要性を感じていない時からたっぷり時間をかけて勉強させるツールですからね。必要ないと考えるのは当たり前。今の自分にはまだ必要ないものを、「資格には価値がある」「資格を取りたい」と…自分で自分を騙すため、自己暗示をかけるためのものなんです。

それができれば、モチベーションは高まります。

最初の方に書きましたが、今の時代、情報を得るためには “お金” や “環境” ではなく “モチベーション” 次第ですからね。考え方一つで、それが得られるというわけです。

必要性を感じない時から準備しておけば、必要性を引き寄せたり、必要性を感じるようになるまでに十分な備えができていたりするわけです。

そう考えれば、積極的に乗っかってセルフコントロールのために利用するのも悪くないでしょう。

午前免除 FAQ

タグ一覧