close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 テスト技法 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界 テレワーク(WFH) ドリル GCP ( Google Cloud Platform ) システム業界 PMS テレワーク ビッグデータ NoSQL OWASP CentOS8 ネットワーク技術 データ分析 デザインシンキング 保険業界 会議リーダー システムエンジニア 段取り術 プロジェクト原論 文章書き換え術 ノーコード No Code MongoDB Redis Cassandra 運用管理 Windows10 仮想マシン リモートワーク 働き方 生産性 IPSec Office セキュリティマナー ソフトウェア・レビュー ライフハック 新しい働き方 エクササイズ ビジネスモデルキャンバス 状況認識 ストレス 必須コマンド Web 今日わかる きほん 状況把握 意思決定 心の健康 IT書籍 書籍紹介 営業マン 類推法 クラス プロセス指向 PdM 共用 ウェビナーレポート 地方創生 GraphQL CSS OWASP ZAP セキュリティマネジメント 問題解決 ソフトウェア 新技術 雑談力 テスト見積もり Scala Go Rust Relay Cloud AI Kaggle ITエンジニア フレッシャーズ 経営戦略 事業戦略 マインドフルネス 基本情報技術者試験 ニューノーマル プロジェクト会議 メソドロジ 講師インタビュー システム障害 販売管理システム VMware セキュリティ事例 ケーススタディ インターネット通信 ビジネスマン 品質向上 提案 ロジック図解術 バーチャルマシン 対策事例 アスリート 国の動向 アンチパターン リモートアクセス 脳ヨガ 自律神経 整え方 組み立て方 コミュニケーション術 リーダー 新人 知っておきたいこと 対人能力 洞察力 一文作成 サッカー業界 グループワーク マネジメント手法 IT業界 Octave セキュリティ管理 IT ネットワーク機器の特徴 ネットワーク機器の仕組み 基本のキ プレゼンテーションの組み立て方 伝え力 試験合格後 時短術 作成のコツ 導入事例 メンタルマネジメント メンタルヘルスケア DXプロジェクト プログラミング教育 プログラミング的思考 子供向けプログラミング データ定義言語 DDL モダンWebアプリケーション ドキュメント作成 Docker Compose Docker Hub AR VBAエキスパート試験 Azure メディア掲載 サーバーアーキテクチャ データ操作言語 DML NewSQL ソフトウェアセキュリティ 数学 VR アパレル業界 Kubernetes Power BI Android プロダクトオーナーシップ プロダクトオーナー 内製化 情報システム部門 Z世代 クラウドネイティブ 技術教育 Windows server 2019 XSS CSRF クリックジャッキング ビジネスパーソン VPC IAM AWS Fargete ECS 問題発見力 問題分析力編 Access

資格の使い方 ~試験合格後に広がる世界~ 「オンライン研修」コースに参加してみた


2020-06-30 更新

今回参加したコースは資格の使い方 ~試験合格後に広がる世界~です。

IT エンジニアのキャリア形成に資格は道具となります。

とはいえ、資格をとればそれだけで収入アップになるかというと、なかなか難しいものがあります。下手をすると、「資格マニア」と呼ばれたり「資格なんて役に立たない」と言われたり、ということもあるかもしれません。

このコースでは、そんな資格の活用方法やキャリア戦略について紹介いただきました。実例を豊富に折り込みながら語られたので、なるほどと思いながら魅き込まれました。

 

なお、今回はこの “参加してみたシリーズ” では初めてとなる オンライン研修 の参加レポートです。

資料は画面共有で表示されるほか、事前にダウンロードするようになっていました。ただし、資料はあくまで進行や学習サポートの位置づけであり、重要なことは話している内容というもので、オンラインで集中させる工夫なのかも知れません。

まだ、馴染みの浅いオンライン研修ですが、休憩時間には画面にタイマーを表示するなどの工夫もあったり、このレポートでも気づいた点を書いていますので、ぜひお見逃しなく。

では、コース内容をレポートします。

コース情報

前提知識
  • 資格取得を目指す方
  • 部下やメンバに資格を取得させたい方
受講目標
  • 資格取得のメリットがわかる

講師紹介

このコースで登壇されたのは 三好 康之さん です。

三好 康之
三好 康之
資格対策のカリスマながら、ビジネス/マネジメント ( プロジェクトマネジメント 含む) と幅広く研修でき、どんなコースでも高い満足度を獲得

さまざまな資格をお持ちで、中でも JAPAN MENSA 会員というのは驚かされました。この資格をどうして取得したのか、どう使っているのかも、後ほどレポート内で紹介します。

 

つづけて、今日の研修内容をスライドで共有いただきました。

資格で収入アップは可能か?

最初のテーマは収入アップは可能か、というお話です。これはとっても気になるテーマです。

現在の働き方の動向と、三好さんの経験談も含め、紹介いただきました。

  • 会社によっては資格をとると報奨金が出るところもある。そのような会社に行くのも一つの手
  • 副業で収入を上げる
    • 厚労省が公開している労働契約の雛形では競業でなければ認める方向になっている。ただし念のため、会社に許可をとって、 OK をもらうというやりかたがベター
      • 多くの場合、競業は禁止。プログラムを書くのも NG になるが、以下のように分けると OK
      • OK: 本業では基幹系の COBOL システムのプログラムを書いているが、副業では iPhone アプリのプログラムを書く
    • 経験上、直接の上司に聞いても、いままでの延長で考えて認められないことがある。相談する相手を選ぶか、動向や規則など理論武装していくこと
  • 転職して収入を上げる
  • 起業して収入を上げる

これからの時代に起こること

“副業” や “転職” 、 “起業” において、これからの時代に求められる自身の価値について、深堀りしてきます。

  • 多様な働き方は競争が激しくなる
    • 副業容認が進むと、本業も副業者との競争にさらされる
    • たとえば素人のカメラマン(副業者)でも、いい写真なら素材サイトで安く販売できるなど、プロ(本業者)と素人の垣根がなくなっている
    • つまり自分自身が評価されて値踏みされ、そこを勝ち抜いていかないと収入が上がらない
  • それまでの会社の看板が使えないことも

つまり、収入を上げるためには、これから幾度となく訪れる “自分自身が評価されて値踏みされる” 機会を勝ち抜く必要があります。そこで勝ち抜けない場合は、収入アップは望めません。

そのために、マーケティングの知識、つまりどうやったら売れるか(自分自身を買ってもらえるか?)について勉強し、自分の売り込み方を考えて実践していくことが必要になる、とのことでした。

マーケティング 3.0

ここで出てくるのが、フィリップ・コトラーが提唱するインターネット/ SNS 時代で必要になる「マーケティング 3.0 」です。

  • プッシュ型の宣伝や過剰宣伝に対する嫌悪感
    • これまでのセールスはプッシュして熱意を買ってもらうということがなされていたが、いまでは問題にもなりかねない
    • セキュリティ上、飛び込みなどプッシュするセールスが難しくなっている
  • (クライアントが)事前に価格や品質を徹底的に比較する
    • とりあえず会ってセールスというのがなくなったぶん、徹底的に調べて比較する

これは、自分を売り込む時(副業、転職、起業等)においても同じことが言えるので、それを踏まえた戦略が必要になります。

  • 自分を売り込む方法も、自分の品質を徹底的に磨いてひたすら待つインバウンド型が主流になる
  • 資格を前面に出してプッシュしてもプラスにはならない
  • 資格をとったら、ブログなどのオウンドメディアで自分をアピールし、見つけてもらう
    • たとえば、会社勤めしている間から、自分は AI を勉強している、AIでこんなことができた、というのをブログで発信
  • 企業が AI で何かをやろうというときに、まず AI の第一人者に行くが、高額だったり折り合いがつかず話が来ることがある
    • AI ではないが、三好さんにもそういったケースがある

AIDMA と AISAS

この自分を売り込むプロセスで考えるのが、マーケティングでいう AIDMA です。

  • A(Attention):注意をひく
  • I(Interest):興味をひく
  • D(Desire):欲しいと思わせる
  • M(Memory):記憶させる
  • A(Action):買ってもらう
コラム: オンライン研修の工夫

ちなみに、この説明の際、オンライン研修ならではということで、スライドで注意を引く、ということを三好さんが工夫されていました。

オンライン研修での座学は、単調になりがちですが、三好さんは意識してオーバーな身振り手振りも交え、「飽きさせない」工夫をしてらっしゃいました

さらに、マーケティング 3.0 では AIDMA が AISAS となっています。

  • A(Attention):注意をひく
    • 交流会などでいろいろな人に会う
    • オンライン交流会が主流になると、不特定多数で会う機会が少なくなるので、資格取得者の集まっているグループが有益
  • I(Interest):興味をひく
    • 最初の会話でマッチングを高める
    • 資格を持っているアピールはしない。資格マニアの変な人と思われかねない
    • 目的は、興味を持って後から検索してもらうこと
  • S(Search):検索してもらう
    • ここでブログなどが効いてくる
    • 資格などのアピールをブログに書いておく
  • A(Action):買ってもらう
    • 一度いっしょに仕事をする
    • ここで成功すれば、あの人は資格をとるためにちゃんと勉強しているんだと信頼を得られ、ほかの仕事に広がる
  • S(Share):共有してもらう

名刺の例( AISAS の “S” = Search の実例)

ここで三好さんの名刺を例に出して、その目的や使い方が説明されました。

  • 名刺の表側に会社やブログ、 Facebook の URL
    • オウンドメディアに引き込むための戦略
  • 裏面には業務内容、保有資格、所属団体
    • 保有資格について聞かれても、その場で話題にしてもらうことが目的じゃなく、あくまでも自分のWebサイトを後で見てもらうことが目的なので、その場ではスルーする
  • 名刺交換の場では、「好印象で、信頼が持てそう」と思ってもらうことに全力をあげる

なるほど、資格は取得してアピールするものではなく、あくまで自身の力を後付けで証明するもの、なんですね。

高速道路を使うように、資格を使う

資格の活用方法として、今までは「収入アップ」そのものの面から見てきましたが、「自身が成長」して収入アップするときにも活用できます。

  • 生産性を高めるなど成長する方法は 3 つ
  • 努力、反復練習、慣れ、自然成長(図の (1) 、S字の成長曲線)
    • 考える力が身につくというメリットもあるが、時間がかかる
  • 標準化やマニュアル、教育を利用する(図の (2) )
    • 試行錯誤せずに最短距離を走れる
    • 資格もこれに入る。体系化して必要なものに絞り込んでくれているので学習効率がいい
    • 試行錯誤するべきなのはマニュアルや学習ツール、資格がないところ
  • ブレイクスルー(図の (3) )
    • いまのやり方では伸びないとき
    • 例)Windows に限界を感じ Mac を覚えるなど

資格は図の (2) になり、ゼロから基礎を身に着けるまで最短距離を走れるとのこと。こういった未学習・未体験を学んで、自身の成長のために使うのも、資格の使い方ですね。

 

ただ、三好さんが注意されたのが、「勘違いすると “資格マニア” になる」でした。

  • 「資格マニアは資格をゴールにしてしまい、資格を持っているから偉いと考えがちです。それでは反発されます。」
  • 「つまり、資格をとってからがスタートラインであり、本当の勝負です。」
SE カレッジならこのオンライン研修コースを含め、

年間 700 コースを
1 社 / 1 部門 / 1 チーム 単位
月額 28,000 円~で
受講し放題!!

詳しくはこちら

裁量を手に入れる

その次は、組織の中で資格を使って仕事を楽しむための裁量の話です。裁量とは、わかりやすくいえば、時間とお金を自由に使っていいよということです。

裁量を自ら勝ち取らないと、資格を取得する意味がないというのが三好さんのメッセージです。

  • 資格をとろうとスキルアップのために勉強している人は、上司から勉強しろと言われない
    • 勉強しろと言われるのは勉強していない人
  • 裁量は与えられるものではなく、自ら進言して勝ち取るもの
    • 優秀な上司は裁量をうまく使う(裁量を与えない上司は見限る)
    • 自分がやったほうが早い仕事でも、部下の能力を見極めて裁量を与えて、自分の時間が空いたと考える
    • ちなみに、マネジメントの本質は、いかに能力を見極めて、裁量を与えるか
      • 優秀でない上司は口を出して管理することで成果を自分の手柄にする
      • 優秀な上司は裁量を与えて部下の手柄にもする
    • 部下の側としても、資格を材料にして裁量を手に入れる

その他の側面でも資格を使う

資格を活用する、最後 3 つの側面をサラッと紹介いただきました。

マネジメントで資格を使う

マネジメントでやるべきものの中に、 “率先垂範” (自分が先行して見本になる)があります。

ここで資格を使いましょう、とのことです。

  • 自分が勉強して資格をとれば、部下にも勧められる
  • さらに自分が資格を取得して裁量を勝ち取ったということをアピールする
  • 自由や裁量のために努力する人が集まる
  • すると、背中を見せるだけで、勉強しろと言わなくても「自分で勉強するような強い組織」になる

仕事を楽しむ/ストレスを無くす

今度は資格を仕事をするうえでのストレスを減らす方法についてです。

  • そもそも必要性を感じてから勉強を始めるから、プレッシャーやストレスになる
    • 必要性があるからがんばれるという声もあるが、それでは常に後追いで、(周りもやるので)常にレッドオーシャンになる
  • 必要性を感じる前に、前もってその分野を勉強して備えておけば、自分自身がやりたくなる
  • 必要とされるようになったときに自分を使ってもらえる可能性が出てくる
  • ただし、(自分が)必要性を感じないものは多く、先を読み対象を絞り込む必要がある
  • そこで、短時間で効率よく優秀な人材を育成したいという国家の思惑と利害が一致する情報処理技術者試験など国家資格を選択すると合理的
  • 好きな仕事 = 上手くできる仕事、感謝される仕事

夢を追いかける

最後は、これまでのテーマとは少し別の、好きなことで稼ぐ可能性についてです。人生 100 年時代では、ひょっとしたら、そればメインになるかもしれません。

たとえば、三好さんは小説家になることを頭の片隅で考えているそうです。そのとき、多くの資格があれば、それが何かに使えないかということを考えることができます。それが糸口になることも。

最後には「好きなことで稼ぐ」というのも考えて、そちらでも楽しめるんだと思っていると、人生が面白くなっていくでしょう。

まとめ

このコースでは、最初に「資格はどのように活用できるのか」というテーマで、収入アップなど響きやすいテーマを掲げつつ、資格をとったあとにそれをどう生かすかという、より大きなテーマを解説していました。

単なるハウツーではなく、どう考えていき、どういうキャリア戦略をとるかについて学びました。単なる精神論でもなく、かといっていままでの職場のあり方べったりでもなく、三好さんの実体験をまじえて一つ上を行くための指針が得られたと思います。

資格取得を目指す人や、それを元に部下に資格を取得させたい人は、目標を明確化してモチベーションがアップできたのではないでしょうか。

 

また、SEカレッジではオンライン研修も増やしながら、講師も一緒になって、新しい研修をどのようにすると、効果が上がるのか、試行錯誤しながら研修を進めています。

ぜひ今後もご期待ください。

label関連する特集

 

特集
「オンライン研修で講師が求められること」

 

 


SEカレッジについて

午前免除 FAQ

タグ一覧