close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 Junit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用

IT研修制度インタビュー | 株式会社グロウ ~毎日技術に触れる習慣をつくる~

IT 研修制度は、よくあるヒューマンスキルや階層別研修とは異なり、情報技術 ( IT ) を専門にするので、なかなか構築が難しく、また移り変わりも速いため、運用も難しいものです。

そこで、IT 研修制度がどのようなものか、実際に企業様にお邪魔してインタビューして、そのコツなどを伺っています。

第 7 弾の企業様は、 株式会社グロウ さまです。

grow_logo
株式会社グロウ

社員数 82 名
売上規模比 開発系 80% | インフラ系で 20%
1985 年設立
主に金融、公共、通信領域での開発実績が多く、SES を行っている。インフラ部門も立ち上がり、AWS などクラウドに注力している。

 

お話を伺った方

小久保 久生 さま
取締役
パンチカードでプログラムを書いていた時代から開発経験を積み、現在は採用や育成など人事部門を管轄

 

研修制度のあらまし

-今日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします。

-まずは、どのような研修制度があるのか、教えて頂けますでしょうか ?

入社前研修 ~ 新人研修 ~ OJT研修 ~ 社員研修 という流れになっています。

looks_one 入社前研修
e ラーニングで 6 ヶ月間、基本情報技術者や応用情報技術者を受講
looks_two 新人研修
外部にて Java を中心とした 3 ヶ月間の開発研修
looks_3 OJT研修
配属先で先輩社員が 9 ヶ月間、マンツーマンでサポート
looks_4 社員研修
1年目以降、外部機関での研修や資格取得支援制度でスキルアップ

-それぞれどのような内容なのでしょうか ?

入社前研修は e ラーニングで基本情報技術者などを受講しています。ただ、採用の大前提として、学部などを気にしておらず、IT に縁のない方もいます。

このため、ガッチリ資格取得させるというより、入社にあたって、不安になることが多いので、用語とか雰囲気をわかってほしい、というニュアンスです。

また、新人研修は外部の研修機関で 3 ヶ月実施していて、システムエンジニアとして基礎的な知識をおさえた上で、最後はプログラミングして、作ったものをプレゼンする、というオーソドックスな流れです。

ただ、新人研修はどうしても詰め込む知識が多く、ついていけない新人が増えてきています。

私どもとしては、6 月の修了時点で新人研修で学ぶすべてのことがわかっていなくても構わなく、配属して仕事がスタートできる状態になっていれば OK としています。

-わりとゆるやかなゴールの設定なのですね

これには理由があって、配属先によって、フレームワークも違いますし、サーバサイド / フロントなのか、また配属されたときの開発工程も異なり、技術も知識も変わります。

また、オープン化によって、ある程度、標準化は進んでいるものの、まだまだメーカーやベンダーによって、使うミドルウェアや開発標準なども変わっています。例えば、基本設計と言っても、それはメーカーによって指す意味が変わることがあります。

さらにいうと、最近では開発だけでなく、インフラ部門も立ち上がっているので、そうすると、さらに技術は全く異なってしまいます。

なので、技術を詰め込んでも仕方がない、と思っているんですね。

-なるほど。そういったお考えがあったのですね

新人研修でコーディングはこういう風にやって、ビルドってこんな風にやって、こうやるとテストができるよ、というのがわかれば良いと思っていて、さらに、極論を言うと、配属されたときに、調べ方がわかって、聞き方がわかればよい、これで十分なんです。

ただ、意外に「聞くこと」がムズカシイんですね。周りは忙しそうにしている、こんな質問をすると恥ずかしい、と萎縮してしまうようなんです。

-たしかに配属されると初めてのことばかりですし。あとは調べ方も初めてだと、どのキーワードで「ググる」といいのかわからないことがありますよね

そういったこともあるので、新人研修期間中に加えて、配属後も新人 1 名に対して、1 名の先輩社員がフォローして、わからないことがあれば、新人が気軽に聞ける環境を用意しているほか、先輩社員が日報に対してコメントしています。

ちなみに、金融や公共などの現場では「ググれない」環境も時々あったりします (笑) 。ただ、逆にそういった現場では、たいていマニュアルなど開発資料があるので、それを丹念に調べれば、解決できるのですが。

-そういった業界ではいろいろ事故があって「ググれない」ことになっていると思うのですが、とはいえ、揺り戻しが欲しいですね。
あとは、お話の途中にあった OJT 研修はどのように進めてらっしゃるのですか ?

新人研修が終わった 7 月からプロジェクトに配属し、配属先で 9 ヶ月間 OJT を行います。基本はマンツーマンで実務を通じて学びます。

期間の最後には、年度はじめの全社の会議で、新人は全員「 1 年で学んだこと」をプレゼンしています。

その場には新年度の新人もいるので、このプレゼンを通じて、次の世代にも継承してもらっています。

あと、お客様先に常駐していると、自らの部門に配属された新人は知っていても、どうしても他部門の新人がやっていることや人柄などがわからないので、そのプレゼンでどんな新人がいるのか、わかるようにしています。

 

資格取得で戦略的に技術に取り組む

- 1 年間の新人研修以降が社員研修ですね

はい、2年目以降は、SEカレッジを使った外部講習と、資格取得支援制度です。(編集部注: 厳密には1年目以降から受講できます)

ただ、この社員研修がまだラインナップとして薄いので、課題に感じています。

SES という業務上、こちらの思いだけで所属変更して、柔軟にキャリアを積むのが難しいというのも関係していて、悩みどころです。

今のところ、金融などの領域では 1 ~ 2 年の比較的期間が長いプロジェクトに配属されることが多く、そのプロジェクトで立ち上がったサブプロジェクトのリーダーを任せるケースが増えています。

それをもとにリーダー層を育成する流れは出てきています。

-先程、お話のあったメーカー独自の技術もあって、スキルセットが共通化しにくいということもありそうですね。
一方で、資格であれば、ある程度、スキルの標準化に繋がりそうですが、どのような制度なのですか?

資格取得支援制度は、受験費用の一部負担 ( 回数制限あり )、合格したときの報奨金などを定めていて、資格によっては、昇進のときの条件になっています。

30年近く運営している制度なんですが、年度のはじめに、全員が資格取得の目標が立てているので、毎年資格リストを見直ししています。

例えば、最近、インフラ部門がクラウドシフトを目指していて、まだ構築運用実績が少ないところを、AWS の資格を全員取得させて、それによって案件獲得につなげようとしています。

このため、リストに AWS の資格を加えたり、毎年アップデートしています。

interview scene

 

研修制度を通じて「当たり前のように毎日、興味をもって技術に触れてほしい」

-資格取得を通じて、戦略的に技術に取り組むこともできますね

そうですね。個人的には、資格もそうですが、とにかく日常的に、技術などを勉強する習慣を身に着けてほしい、と思っています。

やはり、現場では「問題を発見して」「問題を解決する」能力が求められるので、例えば、不具合が見つかったとして、どこにあたりをつけて、あまたある手段・ツールの中から解決方法を絞り込む、そこではテクニックが必要になります。

それを積み重ねると、今度は仕様に基づいて開発するときも、どこに問題が発生しやすいのか、先回りして開発できるようになります。

そうなるためには、研修や資格、書籍など技術に日頃から触れていることが必要で、それが積み重なると、現場のマニュアルや仕様、設計書などドキュメントを読むときにも、スッと理解できます。

-たしかに最初はわからなくても、ただ読んでるだけでも、繋がることがありますよね

なので、研修制度を通じて、毎日のルーティンとして、興味をもって技術に触れるようになって欲しいんですね。

そうすることで、先程の調べ方にあった「ググる」ときの精度もあがり、インターネットの記事の真贋や品質もわかるようになります。

たとえば、StackOverFlow など QA サイトで、ズバッと解決策を言い切っていることもありますが、かなり局所的な解決方法だったりします。日頃、技術に触れていれば、そういった記事も疑問に感じられるようになります。

-小久保さんもそのようなご経験があるのですか ?

そうですね、私自身もSEカレッジ導入の際、見学にいき、 米山 学 さんのコースに参加したのですが、画面を見ながらタイプするのが精一杯でした。ただ、その時間は余計なことを考えずに、集中して技術を触れることができました。

私がこの業界に入ったときも、ゼロからスタートして、一つ一つが初めて知る技術ばかりだったので、失敗もたくさんしましたが、うまくいくと楽しくなり、こうするとどうだろう、と興味を広げながら学んでいましたので、そのころを、見学の体験で思い出しました。

 

なので、SEカレッジの受講もある程度、強制して「技術に触れる時間」を作ろうとしていて、技術社員の大半が平均2コースぐらいのペースで受講しています。

 

まぁ、私が入社したときの学び方なので、紙カードのときですが。

 

パンチカード時代も今も変わらないところ

-紙カードですか? パンチカードと呼ばれるものですよね

そうですそうです。束になるぐらい紙に書いて、また、それを落とすと大変なんです。バラバラになってしまうので、それを並べ直すのも、また一苦労なんです。

-コンピュータの歴史でしか見たことがないものだったのに。。そのときはインターネットもない状況で、どのように技術を学んでいたのですが

そのときはメーカー主導の時代だったので、マニュアルで学んでいました。マニュアルと言っても、部屋いっぱいにあったんですよ。

なので、困ったとしても、必ず、マニュアルのどこかに書いてあるので、マニュアル庫に行って引っ張り出して、解決していましたね。

また、マニュアルだけでなく、今と比べて当時は、仕様書や設計書などドキュメントも真面目にビッシリ書いていたので、それもよく見ていましたし、それで解決できていたので、それも楽しい経験でした。

なので、やはり興味をもって技術に取り組む機会を増やすことが、やりがいや楽しさにつながり、それが研修制度で実現したいことですよね。

-なるほど! ただ、その「興味を持つ」というのが難しく、以前に N 予備校のプログラミングコースの講師の方の記事 を読んだことがあって、そこで「やりたいことが無い問題」というのが挙げられていました。
このケースが結構多いのですが、小久保さんのご経験から何か工夫できる点はありそうでしょうか?

私個人の工夫とはなりますが、開発現場はもちろん、社内の作業でも、とても手間がかかるものがあるじゃないですか。データをコピーしたり入力したり、計算させたり。

それを解決するツールを作るのは、とても良い材料になると思います。最初は自分だけが便利になったりするものでもよいんですね。

-たしかに、そういったものだと規模も小さくて取り組みやすいですね! ありがとうございます!!
では、最後にメッセージをお願いします!!

グロウでは未経験で入社されても、研修制度をはじめ、技術に取り組むマインドや姿勢を徐々にでも身につけてもらえるようサポートしています。
IT エンジニアとしていちばん重要なことを身につけられる環境ですので、ご応募お待ちしています。

株式会社グロウ リクルートページ

-今日はありがとうございました !

ありがとうございました

 

無料見学、資料請求などお問い合わせはこちらから!!

SEカレッジについて

SEカレッジを詳しく知りたいという方はこちら!!

特集・キャンペーン

よくある質問集

タグ一覧

参加してみた研修参加レポート基本情報技術者Linux基礎Javaセキュリティオブジェクト指向プログラミングネットワークプロジェクトマネジメントAIPythonSQL基礎ヒューマンスキルプログラミング基礎資格コミュニケーションIoTLinux入門データベーステーブル設計仮想化技術プログラミング入門C# 基礎アルゴリズムエンジニアSQL応用マネジメントビジネスマナーJavaScriptソフトウェアテストPMBOK®ビジネス文書コンテナjQueryパケット解析シェルスクリプトLAN構築Linux応用データサイエンスサーバー構築ファイアウォール問題解決技法プレゼンテーション障害対応デザインパターンRDBMS情報処理資格教育研修担当者向け工数見積ヘルスケアデータベース基礎AWSWindowsサーバー基礎テック用語DNSVLANER図Dockerネットワーク入門プロジェクトマネージャ機械学習ロジカルライティングSEカレッジ導入事例簿記テスト自動化C# 応用ロジカルコミュニケーションPマークサーバサイドJavaIT研修制度を聞いてみた要求定義プロトコル応用情報技術者プロジェクト管理新人研修品質管理試験対策単体テスト財務トレンドJavaプログラミング基礎アンガーマネジメントIT基礎Raspberry PiCloud図解術GoFJavaプログラミング応用ロジカルシンキングデータベース設計Excelインフラエンジニアアジャイルベンダーコントロールコーチング見える化WBS決断力法律知識Modern JavaScriptLVSITパスポートHTML5パフォーマンスチューニングデータベースセキュリティRDBActive DirectoryCSS3CentOS7データサイエンティストセキュリティ入門フレームワークリファクタリングコマンドマルチスレッドプログラミングCCNATCP/IP営業知識UIインフラ実機演習ネットワーク構築インデックス設計非エンジニア向けテストケースクラウドサーバーHTML/CSS令和時代CentOSLAMP環境OSPFVPNITILネットワーク管理Git物理設計(データベース)Python入門SQLインジェクションセルフマネジメントZabbixルーティング新人育成スクラムJavaScript基礎管理職研修情報漏えいJavaEE法改定DHCP経営改善ロードバランサー基本コマンドBGPエンゲージメントマネジメント会社規模99名までプロジェクト失敗事例システム開発データベース障害関数型プログラミング統計学Deep LearningPDCAUI/UX微分・積分プロダクトマネジメントソフトウェアテスト基礎Vue.js片付け術リスク管理サイバー攻撃DevSecOps犯罪心理学正規化理論Webアプリケーション開発論理設計UX情報セキュリティマネジメント冗長化次世代高度IT人材会社の仕組みLPIC-1PHPOS・システム基盤UMLサーバーサイドJavascriptウォーターフォールモデルM5StackWindowsトラブルシューティング顧客ヒアリングキャリア形成DBA中級Windowsサーバー応用業務効率化データベース応用マーケティングクリティカル・シンキングプロジェクト計画マウスで学ぶバージョン管理プロダクトマネージャ開発環境構築Cisco内定者研修ブロックチェーン要件定義JunitMachine LearningIT資格塗り絵HTTP/2.0栄養学目標設定会社規模199名までPMO失敗から学ぶWeb API財務諸表ビジネスインダストリインターネットルーティング応用文章力自己分析GO言語会社規模49名までモチベーションインタビュー技法OJTIPアドレス情報システム部門向けインターネットルーティング基礎ITサービスマネジメント仮想通過IPAAI人材IT人材MVC基礎レビューテスト手法HTTPシステム設計CCENTリーダーシップワークライフバランス論理設計(データベース)基本用語表計算ソフトOSI参照モデルプロジェクト成果テスト技法PDUApache継続的インテグレーション(CI)ネゴシエーションインバスケットバッファオーバーフローサーバーサイドJava財務会計ニューラルネットワークプライベートクラウド自動構築gulpフロントエンド超上流工程見積手法画像認識4Bizリーダブルコードアプリ開発Go言語 (golang)リスクコントロールMicrosoft AzureEC2DoS攻撃Webサーバー基礎数字力基本設計ハンズオンアセンブラタイムマネジメントビルドツールOpenStackつながる工場内部設計チャットポットRESTful APIデータマイニングLightsailGitHub負荷分散共創Webサーバー応用ChainerFinTechBootstrapコンピュータ基礎シンギュラリティ労働関連法提案力物理設計業務知識/業界知識ソフトウェアテスト応用WiresharkPMP®継続的インテグレーション (CI)RIP冗長化入門Laravel概念設計(データベース)プロジェクトリーダーWebSocketC-CENTコンピュータ数学Node.js会社規模300名以上新人教育チームビルディングエディタパケットキャプチャ会話術並列処理スタティックルートモダンJS (Modern JavaScript) 基礎データモデリングインフラ監視WebWorkerSelenidechefサーバーダウンnpmスクリプト言語やり直し数学Infrastructure as Code教養Haskell

過去の記事