close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 Junit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上

情シス部門のベンダコントロール術 研修コースに参加してみた

今回参加した研修コースは 情シス部門のベンダコントロール術 です。

ベンダコントロールの中でも、重要となるベンダ選定のポイントにフォーカスをあてたものでした。

  • 皆さまは、お客様の「おカネ」を大事にするベンダかどうか、見分けていますか?
  • もしくは、お客様の「おカネ」を大事にするベンダですか?

この大項目からブレイクダウンして、明日からスグにでも使える具体的なチェックポイントを挙げていただきました。

 

では、どのような内容だったのか、レポートします!!

 

コース情報

想定している受講者
  • 情報システム部門の方、顧客心理を掴みたいベンダーの方
  • ベンダー選定のチェックポイントがわかる
受講目標
  • 見積のチェックポイントがわかる
  • WIN-WINでプロジェクトを成功させるコツがわかる

 

 

講師紹介

今回登壇されたのは 三好 康之 さんです。

三好 康之

三好 康之
資格対策のカリスマながら、ビジネス/マネジメント (PM含む) と幅広く研修でき、どんなコースでも高い満足度を獲得

 

三好さんはベンダ側でキャリアをスタートして、現在は、情シス部門に入ってRFPを書いたり、PMをやったり、ベンダ選定もやってらっしゃいます。

ちなみに、このコースはSEカレッジでも長く開催されているコースで、アップデートを重ねながら、2012年から継続開催されています。しかも毎回人気です。

 

 

ベンダとユーザの力関係

プロジェクトライフサイクルの経過とともに、ベンダ側とユーザ企業で力関係が変わります。

契約まではユーザ企業が強く、開発が進むにつれ、徐々にベンダ側の力が強くなります。

 

 

  • なお、納品->運用中にベンダに不満があった場合、ユーザは動く
  • ただし、2回目のリプレイスのタイミングでは、資産があるので、なかなか変えられない
    • もし、リプレイスに失敗したら「なぜ、変えたのか?」と言われる
  • なお、 3回目はない…

 

注文住宅の場合と同じ

  • 情報処理プロジェクトマネージャ試験で出題されたテーマ「信頼関係の構築」
    • 結構書けない受講者が多い
    • 人の印象は、マイナスイメージから入る、ということがわかりにくい
      • 初対面、初取引の場合は警戒から入る
    • 出題は上流工程で信頼構築をしなさい、というのが趣旨
  • そこで一番効くのは「おカネ」
    • 賄賂とかではなく、 見積もり時にベンダ側からユーザに対して誠意が見られるかどうか
      • 例えば、ベンダから「3億から5億ですね」という発言があったりする
      • ユーザ「ん? その2億の差はなに!?」となる
    • 企業の全投資に対して、情報システム投資は 1%~5%
    • 勘違いしてほしくないのは、例えば1%~5%であっても、情シス部門にとっては予算の大半だったりする
      • 住宅と同様に、お客様にとって、高い買い物である、ということを認識すること

 

初期見積もりは、不確実性が高い局面なので、バラツキが出やすいところですが、それをどう伝えるのか、配慮が必要ですね。

 

 

ベンダ選定のコツ

ベンダ選定時に必要なことは、その「おカネ」をどれだけ大切にしているかどうかです。

では、「おカネ」を大切にするとは、具体的にどういうことなのか、チェックポイントとして紹介頂きました。

 

1. 高い買い物であるということをわかるベンダなのかどうか

  • そういったフリをして、あとで釣り上げるようなベンダもいるので注意
  • ↑ には、そういうリスクがあることを忘れずにいれば大丈夫
  • 高い買い物である、ということがわかれば、それだけベンダ側も準備する

 

2. プロジェクトマネジメントスキルは十分か

  • 担当者だけでなく会社としてのスキル
    • 提案時だけ出てくるPMもいるので注意
  • 会社のPMスキルを見抜くには?
    • 会社の品質基準や開発基準があるかどうか
      • 例えば CMMI
      • レベル3以上は属人性を排することが求められるので目安にはなる
      • もっと見てほしいのは、その認証を得ているのであれば、エースのPMがその標準に従っているかどうか
  • 開発標準がない場合
    1. あえていうと、PMBOKを使っているかどうか
    2. かつ、PMBOKをどうアレンジして会社の開発基準にしているかどうか
    3. かつ、その開発標準を今のプロジェクトにどうアレンジしようとしてるのか
      • 我流なのか、標準のアレンジなのか、失敗リスクは全く違う
      • プロジェクト成功の再現性があるのかどうか

 

3. リスクマネジメントができているかどうか

  • リスクマネジメントのやり方
    • どんなリスクがあるか洗い出して、いつ顕在化して、いつ消滅するのか予測を立てる
      • 例えば、時期の特性で、異動の時期をまたぐのであれば大丈夫なのか
      • 三好さんの場合、ベンダ側にリスクの予測を一覧表で出させたりする
      • 標準がある企業であれば、チェックリストを持っていて、それをチェックするだけで出来るところもある
    • リスクが特定できたら対策は2つ
      • 予防
        • 発生確率を下げる (0%にはならない。0%ならリスクではない)
      • 備える
        • 顕在化しても影響を抑える
          • コンティンジェンシー予備と呼ばれる特定リスクへの予算を積んでいる
        • 不測の事態に備えて、予算を積む
          • マネジメント予備と呼ばれる
          • ユーザ-ベンダ双方が想定していないリスクが出てきたときの備え
    • 一般的にどんなリスクがあるのか見たいとき

 

PMの個々のスキルに目が行きがちですが、そうではなく、再現性があるかどうかで見るんですね。いちいち納得のお話です。

「おカネ」を大切にするとは、具体的にはこういうことなのかと気付かされました。

 

安全性分析

また、その他に、選定するベンダの安全性分析について、そのポイントを紹介いただきました。

  • 会社規模
    • プロジェクト期間中に潰れないかどうかを確認
      • 会社が潰れてもエスカレーションできる会社があるのかどうか
    • 身の丈にあったベンダかどうか
      • リスクが一番無い大規模ベンダではなく、リスクがある小規模のベンダでもなく、 その中間
      • 「放っておかれず、手厚くサポートがある」 というのが狙い
        • ベンダ企業規模の人月費用の目安
          • 数万人 120万~150万
          • 数千人 100万~120万
          • 千人 80万~100万

放っておかれず、というのは、双方、野心がある状態なので、お互い緊張感があるのでしょうね。

ちなみに、人月費が赤裸々でビックリしました。。

 

その他の選定ポイント

続いて、他にも、沢山の選定ポイントを解説頂いたのですが、ここでは少しだけご紹介します。

  • 見積もりの根拠のチェック
  • 会議体のチェック
    • 三好さんの場合
      • 計画を聞いて、その上で狙いをチェック
      • 狙いを聞いた上で、その狙いの評価指標を聞いている
      • ちゃんと考えている人は、ちゃんと反論するので、そこをチェック
  • 法律と契約に詳しいか
    • 分割契約か一括契約か
      • 分割を経産省は推奨している
    • (準)委任、請負、派遣、どの契約なのか

 

三好さんからは、一旦、ITコンサルタントを活用してこの辺をカバーするのもあり、とのことでした。

 

 

スキル知識アップ

最後に、情シス部門のスキルアップについて紹介いただきました。

 

 

三好さんからは「名刺に肩書が入るだけで、ベンダ側のメンツが変わる」とのことでした。

確かに、私たちも研修の打合せで、ご担当の方の名刺に「プロジェクトマネージャ」、「ITストラテジスト」と入っていると、かなり身構えたことを思い出しました。

同時に、そのご担当の方から「たいした資格ではなく、会社から言われたんだよ」と軽く言われ、この方は「相当な方」と、一目も二目も置くようになりました。

 

 

まとめ

このコースでは、情シス部門がどのようにベンダをチェックすると良いのか、一通り、解説いただきました。

「おカネ」を大事にする、というお話からブレイクダウンし、いちいち具体的なチェックポイントになったので、毎年人気を継続できている理由がわかりました。 これは自分で説明するより、3時間で研修コースを受講させるほうが、納得感があります。

いやぁ、もし、打ち合わせ時に、三好さんがお客様側にしれっと入っていたなら要注意です (笑)

 

情シス部門だけでなく、ベンダ側企業のPMや上層部門のかたにもオススメのコースです!

 

 

label SE カレッジの無料見学、資料請求などお問い合わせはこちらから!!


SEカレッジについて

label SEカレッジを詳しく知りたいという方はこちらから !!

特集・キャンペーン

よくある質問集

タグ一覧

参加してみた研修参加レポートJavaLinux基礎セキュリティプログラミングプロジェクトマネジメント基本情報技術者オブジェクト指向PythonネットワークAISQL基礎プログラミング基礎ヒューマンスキル資格コミュニケーションIoTアルゴリズムエンジニアデータベースJavaScriptLinux入門マネジメントC# 基礎テーブル設計仮想化技術ソフトウェアテストプログラミング入門SQL応用パケット解析ビジネスマナーPMBOK®jQueryLinux応用ビジネス文書ファイアウォールコンテナシェルスクリプトデータサイエンスデザインパターン教育研修担当者向け問題解決技法工数見積ER図障害対応プレゼンテーションテック用語RDBMSDockerIT研修制度を聞いてみたデータベース基礎LAN構築AWSWindowsサーバー基礎SEカレッジ導入事例テスト自動化DNS簿記情報処理資格Raspberry Pi要求定義ロジカルライティング新人研修サーバサイドJavaPマークVLAN単体テストトレンドネットワーク入門Javaプログラミング基礎インフラエンジニアアンガーマネジメントアジャイルプロジェクトマネージャベンダーコントロールプロトコルコーチングIT基礎GoF品質管理Javaプログラミング応用データサイエンティストC# 応用ロジカルコミュニケーションロジカルシンキング財務データベース設計ヘルスケアExcel営業知識マルチスレッドプログラミングCloudインフラ実機演習CCNATCP/IPテストケース決断力法律知識Modern JavaScriptLVSプロジェクト管理機械学習応用情報技術者WBSActive DirectoryCSS3サーバー構築パフォーマンスチューニング試験対策CentOS7フレームワークリファクタリングZabbixITILルーティングSQLインジェクション新人育成UIスクラムネットワーク構築インデックス設計図解術非エンジニア向け情報漏えい見える化ITパスポートHTML5HTML/CSSRDBJavaScript基礎クラウドOSPFVPNデータベースセキュリティ物理設計(データベース)Python入門統計学Deep Learning微分・積分ソフトウェアテスト基礎Vue.js片付け術サイバー攻撃UI/UX犯罪心理学正規化理論Webアプリケーション開発管理職研修JavaEEDHCP会社規模99名まで経営改善CentOSLAMP環境ロードバランサーBGPエンゲージメントマネジメントセキュリティ入門プロジェクト失敗事例システム開発データベース障害セルフマネジメントOS・システム基盤PDCAトラブルシューティングDBA中級Windowsサーバー応用業務効率化リスク管理マーケティングクリティカル・シンキングプロダクトマネージャLPIC-1ブロックチェーンデータベース応用Junit会社の仕組み法改定UXCisco情報セキュリティマネジメント内定者研修サーバーサイドJavascript基本コマンド要件定義コマンド冗長化Windows次世代高度IT人材UMLPHPウォーターフォールモデルM5Stackネットワーク管理顧客ヒアリング関数型プログラミングDevSecOps仮想通過IPAインターネットルーティング基礎IT人材マウスで学ぶMVC基礎プロダクトマネジメント論理設計IPアドレスITサービスマネジメントテスト手法CCENT塗り絵開発環境構築表計算ソフト栄養学HTTP会社規模199名までMachine Learningプロジェクト計画リーダーシップ論理設計(データベース)HTTP/2.0サーバーOSI参照モデルPMO失敗から学ぶWeb API財務諸表レビュー情報システム部門向けGit自己分析GO言語ビジネスインダストリインタビュー技法OJTインターネットルーティング応用会社規模49名まで業務知識/業界知識ソフトウェアテスト応用教養Wireshark会話術継続的インテグレーション (CI)インバスケットRIP冗長化入門LaravelWebSocketC-CENT自動構築Node.js新人教育画像認識チームビルディング令和時代パケットキャプチャテスト技法並列処理PMP®Apacheシステム設計バージョン管理スタティックルートモダンJS (Modern JavaScript) 基礎概念設計(データベース)インフラ監視ニューラルネットワークWebWorkerSelenidechefコンピュータ数学サーバーダウンnpmやり直し数学Infrastructure as CodeチャットポットRESTful APIHaskellスクリプト言語PDUEC2継続的インテグレーション(CI)GitHubバッファオーバーフローハンズオンプライベートクラウドgulpフロントエンド超上流工程目標設定4Bizリーダブルコード会社規模300名以上アプリ開発Go言語 (golang)LightsailネゴシエーションDoS攻撃IT資格Chainer数字力基本設計財務会計アセンブラキャリア形成タイムマネジメントビルドツールつながる工場内部設計見積手法OpenStackデータマイニングリスクコントロールMicrosoft Azureエディタ負荷分散共創AI人材FinTechBootstrapコンピュータ基礎ワークライフバランスシンギュラリティモチベーション労働関連法基本用語プロジェクトリーダー

過去の記事