close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 Junit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解

研修コースのつくりかた


2019-03-15 更新
illustration by Ouch.pics 

新人研修の詳細を詰める時期ですね。トレーナーとして開発現場からアサインされる方も増えてくる時期です。

そこで、普段は開発をされていて、これからはじめて研修コースを開発しようとする方に向けて、どうすると研修コースが作れるのか、記事にまとめました。

 

研修もプログラム

プログラムを考えるとき、Input/Outputから処理を考えるように、研修も同じように考えられます。
 

  • Input: 受講者のスキル・知識の前提
  • Output: 受講したあとの到達目標・ゴール
  • 処理: 研修プログラム

(個人的にはカリキュラムやアジェンダというより、プログラムという表現が合っているように思います)

 

また、プログラムにおける制約条件(マシンスペックやOS etc.)も、研修では下のように置き換えられます。

  • 期間
    • 時間/日数/月数/年数
  • 場所
    • リモート/オンサイト etc.
  • 環境
    • ネットワーク環境や電源、受講者のPCスペック etc.
  • お金
    • 予算, テキスト, トレーナー etc.

 

プログラミング同様、研修プログラムも制約条件から考えたほうがアイデアは出てきやすいです。

 

 

サンプルプログラム

より具体的につかめるよう、プログラミング同様に、サンプルプログラムで考えてみます。

 

お題

初心者向けJavaプログラミングの習得

 

IOを考えましょう

まずはIOを整理します。

かなり重要な工程で、自分の思い込みが入りやすく、周りの思惑と異なっていた場合、大きな手戻りが発生します。なので、周りの人が多い場合、必ず確かめましょう。
 

  • Input: コンピュータの中身を知らない人と定義
    • “初心者” や “初級者” の定義は本当に難しいので決めが必要です
    • ex. プログラミング未経験を指すのか、本で学んだことがあるレベルを指すのか
  • Output: サンプルプログラムをマネしてオリジナルのプログラムが作れるレベルと定義
    • 初心者という表現と同じように “習得” という言葉も曖昧性を生みます
    • ex. Webアプリを開発できるまでを指すのか、あるシステムの1つのクラスを開発できるまでなのか

 

処理のステップを考えましょう

IOがわかったところで、処理 (研修プログラム) をステップに分けて考えます。

  1. コンピュータを知る
  2. OSを知る
  3. 開発環境を整える
  4. Javaプログラミングをやってみる
  5. Javaプログラミング演習

 

こうすると所要期間や時間もだいたい見えてきますね。

 

段階的詳細化で中身を考えましょう

ステップを分割したところで、詳細を掘り下げます。
 

  1. コンピュータを知る
    1. プログラムが動く仕組み
    2. バイトコードとソースコード
  2. OSを知る
    1. OSの仕組み
    2. Linux / Windows のコマンド操作
  3. 開発環境を整える
    1. エディタやIDE
    2. 環境構築
  4. Javaプログラミングをやってみる
    1. プログラミング言語の歴史とJava
    2. 変数と型と演算
    3. 制御構造
    4. ・・・

 

ここから、さらに段階的詳細化を行い、1日単位のプログラムまで作ります。
 

  • プログラムが動く仕組み
    • Input
      • とくに前提となる知識はなし
    • Output
      • プログラムが起動して命令が実行されるまでコンピュータの5大装置を使って説明できる
    • Program
      1. サーバやモバイルなどコンピュータのアレコレ
      2. コンピュータの5大装置
      3. プログラムが実行されるまでの流れ
      4. Webで座席を予約するまでの流れ

 

このようにして研修コースをつくりますが、いかがでしょうか? このサンプルプログラムで雰囲気がわかれば幸いです。

なお、新人研修やマネジメント研修などのような長期のコースもこれを繰り返すだけですが、長期の場合、 Output 到達目標が曖昧になりがち (ex. 自律的に成長できる新人など) なので、この仕様を固めるのにだいぶ苦労します。。

 

 

研修プログラムにおけるアルゴリズム

さて、ここからはオプションです。

研修もプログラミングと同じように考えられるということは、アルゴリズムのようにある程度、パターン化できます。

ちなみに、定量化して効果を計測していないので、以下は完全に私の主観です。
個人的にはクイックソートなどの名前がないので、名前付けが得意なエンジニアのアイデアを聞いてみたいです。

 

演習は講義の2倍のコスト

講義で聞いても使えるレベルには至らないので、手を動かすものであれば、必ず演習をすることになります。

その演習時間には、講義に使った時間の少なくとも倍以上の時間を割くと良いよというものです。

もちろん、理想論なので、あとは宿題でやってね、ということで切り上げるのが常道です。

 

まとめて演習は危険

バッチ処理のように全部講義をしてから、まとめて一気に演習をやることもありますが、だいたい朝にやった講義は、その日の終わりには忘れているケースが多く、出来る限り、しょっちゅう演習するほうがよいです。

なお記憶の定着には、失敗が一番です。(失敗すると人間の心が一番動くので脳が必死になります)

講義だけでは失敗できないので、演習して失敗させましょう。

 

事前学習をやるのは2割が前提

期間等の制約から本やWebなどで事前学習をするケースがあります。

ただし、事前学習を完全にこなしてくるような意識高い人は、受講者の中で2割いれば良い方だよ、というものです。

受講前提がマストになる場合は、事前のテストをやってクリアした人だけが参加できる、というように厳密にしたほうが良いです。
(だから入試は必要なんですね)

 

内容をわからない人に合わせるか、分かる人に合わせるか問題

これは完全に、その研修コースのオーナー (担当者というより部長など決定権者) の考え方によりますが、特に企業の研修は “わからない人に合わせる” ケースが多いです。

なぜなら研修で落第者が増えてしまうと 負債 になるためです。

ちなみに、オーナーから「分かる人にあわせてくれ」と言われても、トレーナーは、わからない人が多いとそれに合わせることが多いです。

(アンケート結果が悪いと、トレーナーにとっては次の機会に差し支えが出るのと、精神衛生上もやりづらいのです)

 

スコープは広めに取ると死ぬ

研修プログラムとは完全に別な話ですが、これもあるあるなので入れておきました。

これはコースを企画する人で、参加人数がお金や目標になる人が特にハマりやすいものです。

コースを企画する人はどうしても、いい感じのタイトルと参加制約(場所や拘束時間)を下げるなどして、スコープを広く取って参加者を多く集めたいので、初心者層も中級者も狙いたくなります。

が、だいたいアンケート結果がズタズタになり、そのコースは二度と開催できないだけでなく、研修制度そのものも信用を失われることがあるので注意が必要です。

(これは書籍でも同じようなことが起こりがちです)

 

    • コース名: マスタリング Java入門
    • 概要: 入門から現場の必須ワザまでマスターできます
    • 時間: 2時間

 

 

まとめ

研修コースもプログラムとして考えると、整理しやすいということを中心に、オプションとして研修プログラムにも定番アルゴリズムがあることを書きました。

もし、他に研修プログラムの定番アルゴリズムがあれば、ぜひぜひ教えてくださいませ。

この記事を通じて、よりよい研修コースが開発できるとうれしいです。

 

 

この記事は3年前に書いたものを、筆者自身が再編集したものです。

 

 

label 関連するタグ

特集・キャンペーン

午前免除 FAQ

タグ一覧