close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界

1日で習得する PHP 入門 研修コースに参加してみた


2020-05-12 更新

今回参加した研修コースは 1日で習得するPHP入門 です。

AIブームで Python が目立っていますので、PHP というとアレかもと思っていましたが、満員御礼でした!

やはり Web アプリケーション開発には PHP で入門するのが一番ですよね。受講者の皆さん、さすがです。(個人的に PHP 推し)

このコースでは、事前に用意いただいたサンプルをコピペしながら進めることで、学習のハードルをとっても低くしながら、たった 1 日で貪欲に Laravel を使った Todo アプリの開発まで体験できました!!

PHP に興味がある方はもちろん、最近のフレームワークを使った Web アプリ開発がどんなものか体験したい方にもオススメできます!

 

では、どんな内容だったのか、レポートします!!

コース情報

想定している受講者
  • Web および HTML/CSS の基礎知識
  • 何らかのプログラミング言語の基礎知識
受講目標 PHP を使った簡単な Web アプリケーションを独力で作れるようになる

講師紹介

プログラミングといえば、 米山 学さん です。

米山 学
米山 学
JavaはもちろんPython/PHPなどスクリプト言語、Vue/ReactなどJSだってなんだってテックが大好き。原点をおさえた実践演習で人気

今日も内容の説明からスタートです。

今日の狙い

  • PHP をはじめて触るという方に、ザーーーっと見ていきます
  • Web アプリを開発するにはフレームワークを使うことが一般的
    • PHP に限らないお話
    • 使わないと生産性が極端に落ちる
    • 一方でフレームワークの使い方を理解するのに時間がかかる
  • この講座ではこのフレームワークについても解説します

今日は1日のコースなので、とてもボリュームありますね。(このレポもボリュームあります)

しかもフレームワークまでカバーしているのでワクワクです。

PHPの概要

まずはPHPがどんな言語なのか、概要を説明いただきました。

インストールと環境構築

続いて、今日の環境について説明いただきました。

  • もともとは Linux / Apache 上で実行できるよう作られた
    • 今は他でも使える
  • その他に DB など色々揃えなければならないので、割りと環境構築は大変
  • XAMPP を使うとオールインワンで揃うので、今日はこれを使用
    • 最新版は PHP7.3 に対応
    • PHP はもともと 3 からスタートして、5, 7 と 6 をスキップしている
    • ちなみに 5 系はサポートが切れた
  • 実行環境は 2 つある
    • Web サーバ上で実行
      • Web サーバ上で実行するには HTML や http の知識も必要になる
      • 純粋な PHP だけを実行するものではない
    • シェルで実行
      • 純粋に PHP だけを実行できる
      • もしくは php コマンドで実行できる

5 系のサポートは昨年 2018 年末で切れましたね。書籍で学習する際もバージョンを気にしましょう。
(以前、私は5.5より前の本を買って、mysqliの挙動で泣きました…)

動かしてみよう

ということで、Hello, PHP!! で動作確認します。

  • 対話シェルを使うとカンタンな実行ができる
    • php -a でスタート

  • echo "Hello, PHP!!";
    • 文字リテラルは "文字列" or '文字列'
      • '文字列' の場合は変数の展開ができません
    • 終端には ; がいります
  • 対話シェルを終了するには quit
php > echo "Hello, PHP!!";
Hello, PHP!!

また PHP の format についても補足いただきました。

命名規則やインデントで迷ってしまうので、とても助かります!

  • 世界的に標準になっている PHP のコーディング規約がある
    • PHP-FIG
    • フレームワークもこれに則って書かれている

よくあるインデント問題は正解なさそうですが、調査をみると 4 > Tab > 2 なんですね。

PHPの基本構文

動作確認したところで、いよいよPHPの基本構文を学習していきます。

変数と型

  • 変数
    • 変数には $ をつける
    • 変数名は大文字小文字
  • 動的型付け
    • 型宣言は不要
    • 型がないのではなく、自動的に処理されている
    • PHPで扱える型

型を試してみます。

php > var_dump(1);
int(1)
php > var_dump(1.0);
float(1)
php > var_dump('a');
string(1) "a"
php > var_dump(true);
bool(true)
php > var_dump("abcd");
string(4) "abcd"
  • コードの補足解説
    • var_dump() : 動的に解決された型を確認する関数
    • コメントは // など一般的なもの

なお PHP は文字列連結を + ではなく、 . でやります。

phpファイル

  • 拡張子は慣習的に .php をつけるが、実はなんでも動く
    • Webサーバ上では .php を認識することが多い

作って実行してみます。

<?php
echo "Hello, PHP!!\n";
  • コードの補足解説
    • 終了タグ > は html の中で動かすときは必要
    • htmlの中で使わない場合は、 終了タグを使うとエラーが発生するので注意

実行結果

$ php hello.php
 Hello, PHP!!

条件分岐、繰り返しなど制御構造

続いて、制御構造です。とはいえ新しいものはなく他言語とあまり変わりません。

  • 条件分岐
    • if 文
    • switch 文
  • 繰り返し
    • for 文 / foreach 文
    • while 文

ちょっと書いてみます。

<?php

$a = 2;
$b = 1;

if ($a > $b)
    echo "aはbより大きい\n";
?>

実行結果

$ php if.php
aはbより大きい

あまり他と変わらないなーと油断していると、ここで PHP のハマりどころを補足いただきました。

<?php
if (1 == "1") {
    echo "OK"
};
$ php notice.php
OK

なんとこれで OK になってしまいます…

if (1 ==="1") とすると厳密にチェックするので、これはとても重要です。

配列

続いて、データ構造として配列を取り上げます。

  • PHP はデフォルト連想配列なので注意
  • 配列の書き方
    • インデックス配列
  • 簡易的な書き方もある
    • $a = [1, 2, 3];
<?php

$a = array();
$a = array(1, 2, 3);
$a = [1, 2, 3]; // 簡易的な書き方も出来ます

echo $a[0]; // 1

実行してみます。

$ php def_array.php
1

forとforeachで配列処理

  • for 文を使って配列の繰り返し処理を書いてみる
    <?php
    
    $a = [1, 2, 3];
    
    for ($i = 0; $i < count($a); $i++) {
        echo $a[$i];
    }
  • foreach 文を使うと、もっとカンタンに書ける
    <?php
    
    $a = [1, 2, 3];
    
    foreach($a as $num) {
        echo $num;
    }
  • for と foreach の使い分け
    • 配列を全部取り出すときは foreach が簡単なのでオススメ
    • インデックス番号を指定する必要がある場合は、for が必要です。

まとめとして、連想配列を作成して使ってみます。
key に対して value を与えるという書き方です。なお、key はユニークでなければなりません。

<?php

$a = [1, 2, 3];

foreach ($a as $key => $value) { //連想配列
    echo "{$key} : {$value}\n";
}
  • コードの補足
    • { } で文字列を表示できる

実行してみましょう。

$ php array.php
0 : 1
1 : 2
2 : 3

関数

続いて、関数です。これも特に他の言語と変わらない印象です。

  • php が予め用意しているビルトイン関数がある
    • phpinfo で確認できる
    • 対話モードから phpinfo(); を実行するとバーーーーっと出てきます
  • ユーザが作る関数をユーザ定義関数という

関数の基本的な書き方

 function 関数名(引数リスト) {
    // 処理
}

書いてみましょう。

<?php

function sum($a, $b) {
    return $a + $b;
}

echo sum(1, 2);

実行してみると、3 が出力されました。

無名関数

名前がついていない関数も作れます。高階関数を作りたいときによく使われます。

  • 名前が無いので先程のように sum で呼び出しは出来ません
    • 用途としては、高階関数を作りたいとき
  • 高階関数を一言でいうと
    • 値ではなく、関数そのものを引数として受け取ったり、戻り値を返したり、したいときに使う関数
  • 基本的な書き方
     function() {
        処理
     }

見てみましょう。

<?php
function foo($callback) { //変数名は何でもOKです
    $callback(); // => OK
}

foo(function() {
    echo "OK";
});

function foo() が無名関数 funtcion() を呼び出して、$callback を出力しています。

オブジェクト指向

基本構文の最後はオブジェクト指向です。

  • クラスを型として、関連のあるオブジェクトがクラスを使って実行
  • JavaやC#などをやっている方には馴染みがある
    • なぜなら、Javaの構文の影響を受けている

クラスとクラスの中身

  • フィールド
    • 変数として宣言されます (メンバ変数と言ったりもする)
  • メソッド
    • 関数として宣言される
  • クラスと関数の違い
    • クラスの中に閉じているのがメソッド
    • クラスがなくても存在できるのが関数
  • クラス
    • データと処理をそのまま使える、とも言える

見てみましょう。

<?php

class Person {
    private $name; // instance field

    public function setName($name) { // instance method
        $this->name = $name;
    }
    public function getName() { // instance method
        return $this->name;
    }
    public static function getClassName() { // static method
        return "Person: ";
    }
}

echo Person::getClassName(); // => Person:(static methodの利用)
$p = new Person(); // クラスからオブジェクトを生成
$p->setName("John"); // 名前の設定(instance methodの利用)
echo $p->getName(); // => John(名前の取得)
  • public/private、static は他と同の言語と同じ使い方
  • $this
    • 自分自身のオブジェクトを参照する変数
    • 実際の値などが入った状態のオブジェクトをインスタンスという
    • 例えば、$this->name = $name を $name = $name とすると、setName などの関数の引数が参照されてしまう
    • private $name を使いたいので、$this->name とする
  • クラス名
    • 最初は 大文字
      • × person.php
      • ○ Person.php

クラスの使い方

作ったクラスを使ってみます。

<?php

class Person {
    private $name; // instance field

    public function setName($name) { // instance method
        $this->name = $name;
    }
    public function getName() { // instance method
        return $this->name;
    }
    public static function getClassName() { // static method
        return "Person: ";
    }
}

echo Person::getClassName(); // => Person:(static methodの利用)
$p = new Person(); // クラスからオブジェクトを生成
$p->setName("John"); // 名前の設定(instance methodの利用)
echo $p->getName(); // => John(名前の取得)
  • static の場合は クラス名::メソッド で呼び出し
  • クラスをそのままオブジェクトとして使いたい場合は、 new クラス名()
    • なおこの戻りはメモリのアドレスを返している
  • $p->setName(引数) で p のオブジェクトに引数を setName しなさい、というものになる

実際に Person.php に↑の呼び出す処理を書いてみて、実行してみます。

$ php Person.php
Person: John

これによって、呼び出し側は処理を書かなくとも実行できました。

継承

Java と同じく継承には extends を使います。

  • 基本的な構文
    class Employee extends Person {
        // 追加の処理など
    }

Person.php に書き足して Employee.php を作ってみましょう。

<?php

class Person {
  private $name; // instance field

  public function setName($name) { // instance method
      $this->name = $name;
  }
  public function getName() { // instance method
      return $this->name;
  }
  public static function getClassName() { // static method
      return "Person: ";
  }
}

class Employee extends Person {

}

$e = new Employee();
$e->setName("Eric");
echo $e->getName();

実行してみます

$ php Employee.php
Eric

Employee には何も書いていませんが、 Person を使って実行できました。

Webサーバで実行してみます

いよいよ PHP の主戦場、Web です。ここでは Apahche と連動して PHP を動かしてみます。

  • Apache で実行するにはドキュメントルートと呼ばれる指定のディレクトリにファイルを置く
  • Windows XAMPP の場合
    • C:\xampp\htdocs に配置する
      <!DOCTYPE html>
      <html>
          <head>
              <title></title>
          </head>
          <body>
              <h1><?php echo "Hello, PHP!"; ?></h1>
          </body>
      </html>

html と同じですが、タグ <?php ?>で囲われた部分が実行されます。

Webアプリケーションの仕組み

簡単なWebアプリケーションを作るのに、仕組みを解説します。

  • 基本
    • 1. client からのリクエスト ( HTTP Request ) を WebServer が受け取る
    • 2. Web サーバがリクエストに対するレスポンスを返す
  • リクエスト
    • リクエストは http というプロトコルの仕様に則って行われる
    • リクエストは key - value 形式のデータ
  • リクエストの種類
    • GET
      • なにかファイルをください、という要求
      • Query String で渡す
      • URL の htttp://www.sample.com/member?id=123&name=Jon&... の ?以降のようなもの
      • メンバーから id が 123 で、 Jon という名前で...
    • POST
      • データを送りますよー、という要求
      • HTML Form から渡す

また最近の REST と呼ばれるアーキテクチャを使うと リクエストの種類は PUT (修正), DELETE (削除) も使えます。

Webアプリケーションチュートリアル

いよいよWebアプリケーションを書いてみます!

1. HTMLを書く

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="utf-8" />
        <title>数当てゲーム</title>
    </head>
    <body>
        <h4>1~100の数字を入力</h4>
        <form action="number-guess.php" method="post">
            <input type="number" min="1" max="100" name="num" size="4" 
                   autofocus required />
            <input type="submit" value="Go!" />
        </form>
    </body>
</html>
  • コードの解説
    • <form></form> がリクエスト・パラメータとして送信される
    • method = "post" が指定されている
    • action = で例えば、リロードしたときにどのファイルを読むのか指定されている
    • "num" などの名前属性を使ってPHP側が処理するので忘れないように
    • "submit" がボタンで value がパラメータ

2. PHPを追加

リクエスト・パラメータを取り出し、その値を表示するプログラムを追加します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="utf-8" />
        <title>数当てゲーム</title>
    </head>
    <body>
        <h4>1~100の数字を入力</h4>
        <form action="number-guess.php" method="post">
            <input type="number" min="1" max="100" name="num" size="4" 
                   autofocus required />
            <input type="submit" value="Go!" />
        </form>

        <?php
            if (isset($_POST['num'])) { // POSTリクエストにnumパラメーターが含まれている場合
                $num = $_POST['num']; // パラメーターを取得
                printf($num); // 表示
            }
        ?>
    </body>
</html>
  • コードの解説
    • "num" という属性をもつデータを取得
    • isset()関数は値の存在をチェックするビルトイン関数で、値があれば true を返す
    • true が返るのでif文の中が実行される

3. セッション管理

httpの場合、リクエスト・レスポンスで通信終了します。
なので、数あてゲームのように何回もボタンを押して値を保持するには、別の仕組みが必要です。
そこでセッションという仕組みを使って、サーバ側のメモリに値が保持できるようにします。

これによって例えば、ログイン、ECサイトのショッピングカートなどが実現されています。

  • セッションを使うには
    • session_start()関数を使う
    • $_session
      <!DOCTYPE html>
      <html lang="ja">
          <head>
            <meta charset="utf-8" />
            <title>数当てゲーム</title>
          </head>
          <body>
            <h4>1~100の数字を入力</h4>
            <form action="number-guess.php" method="post">
                <input type="number" min="1" max="100" name="num" size="4" 
                        autofocus required />
                <input type="submit" value="Go!" />
            </form>
              
            <?php
                session_start();
                if (empty($_SESSION['cnt'])) { // 初めてページを表示した場合
                    $_SESSION['cnt'] = 1; // セッションに「cnt」という名前で値1を設定 (カウンタ)
                } else { // 2回目以降の表示
                    if (isset($_POST['num'])) {
                        $num = $_POST['num']; 
                        printf("%s回目: %s", $_SESSION['cnt']++, $num);
                    }
                }
            ?>
          </body>
      </html>
  • コードの解説
    • empty()関数で 'cnt' に値が入っているかどうか確認する
    • はじめてのときは入らず、ボタンを1回押すと 1 が入る
    • empty()関数で空であれば True を返して、if文が実行される

注意したいところが、通常、ブラウザソフトで1クライアントとみなされ別セッションになりますが、タブは同じセッションで扱われます。

4. ランダムの数値と正解判定処理を追加しましょう

数当てゲームになるよう、処理を追加します。

  • 機能を追加
    • 正解をランダムで生成して $ans に保存
    • if文で$ans と $num の正解判定を追加
      <!DOCTYPE html>
      <html lang="ja">
          <head>
            <meta charset="utf-8" />
            <title>数当てゲーム</title>
          </head>
          <body>
            <h4>1~100の数字を入力</h4>
            <form action="number-guess.php" method="post">
                <input type="number" min="1" max="100" name="num" size="4" 
                        autofocus required />
                <input type="submit" value="Go!" />
            </form>
              
            <?php
                session_start();
                if (empty($_SESSION['cnt'])) { // 初めてページを表示した場合
                    $_SESSION['cnt'] = 1; // セッションに「cnt」という名前で値1を設定 (カウンター)
                    $_SESSION['ans'] = rand(1, 100);
                } else { // 2回目以降の表示
                    if (isset($_POST['num'])) {
                        $num = $_POST['num']; 
                        printf("%s回目: %s", $_SESSION['cnt']++, $num);
      
                        $ans = $_SESSION['ans']; // 正解の値をセッションから取り出して変数ansに格納
      
                        if ($num == $ans) { // 入力された値と正解の値が等しい場合
                            echo " 正解!";
                        }
                        if ($num > $ans) { // 入力された値が正解の値よりも大きい場合
                            echo " 大きすぎ";
                        }
                        if ($num < $ans) { // 入力された値が正解の値よりも小さい場合
                            echo " 小さすぎ";
                        }
                    }
                }
            ?>
          </body>
      </html>

実行してみます。

あ、れ、当たらないぞ。。突然判明した、私のあたまのわるさ。。。

composer

チュートリアルを終えたところで、話がガラッと変わり、PHP のライブラリ管理です。

ガラっと変えても触れざるを得ないぐらい、いまの開発では必須です。
このコースでも、このあと色々インストールするので、解説されました。

  • 現在の開発ではすべて 1 から書くことはない
  • ライブラリと呼ばれるプログラムを使いながら開発する
  • ただしライブラリはそれぞれ依存関係が強い
    • 例えば、あるライブラリのバージョンを上げると、それに依存している他にライブラリが壊れたりする
  • ライブラリの依存関係を管理するのが PHP の場合、composer
    • Ruby の場合、gem であったり、JavaScript の場合、npm であったり各言語にだいたいある

というわけで、あとで使うように composer をインストールして動作確認します。

$ composer -v
   ______
  / ____/___  ____ ___  ____  ____  ________  _____
 / /   / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__  )  __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
                    /_/
Composer version @package_branch_alias_version@ (1.0.0-beta2) 2016-03-27 16:00:34

Usage:
  command [options] [arguments]

(中略)

無駄にアスキーアートがカッコイイ。。

フレームワークの準備

続いて、本丸のフレームワークです。

フレームワークは Web アプリケーションに必要な基盤機能、例えば、ログイン、MVC モデル、テンプレートなど様々なものを用意しています。

なので、開発するビジネスアプリケーションだけの機能に集中して開発ができます。

いいことづくめのような一方で、デメリットもあります。

  • 学習コストの増大
    • フレームワークが用意している機能が膨大
    • 呼び出し方、使い方などお作法の学習が必要
  • 柔軟性の低下
    • カスタマイズして使う、ということが難しい
    • 例えば、ログイン機能を変える、など

フレームワークを選定するときには以下のことに注意しましょう。

  • フレームワークの特徴と提供される機能
  • フレームワークのサポート
    • ほとんどが OSS なので、問題があれば自分たちで対応する
  • 開発者のスキル

PHPで使えるフレームワーク

  • PHP で使えるフレームワークは一時期は 100 ぐらいあった
  • 今人気が高く、使われているのが Laravel (ララベル), CakePHP など

今回は Laravel でチュートリアルをやってみましょう。

(ちなみに、Laravelそのものを学ぶには 2 ~ 3 ヶ月必要とのこと)

Laravel インストール

さきの composer からインストールしてみましょう。

$ composer global require "laravel/installer"

コマンド 1 発でインストール完了です! いえーい!! すごーい!!

Laravel プロジェクトの作成

Laravel コマンドでプロジェクトを作っていきます。

ちなみに、最近のフレームワークはコマンドからファイルを作成することが多いんですって。

$ Laravel new laravel-sample
:
:
:
Generating optimized autoload files
> @php -r "file_exists('.env') || copy('.env.example', '.env');"
> @php artisan key:generate --ansi
Application key set successfully.
> Illuminate\Foundation\ComposerScripts::postAutoloadDump
> @php artisan package:discover --ansi
Discovered Package: beyondcode/laravel-dump-server
Discovered Package: fideloper/proxy
Discovered Package: laravel/nexmo-notification-channel
Discovered Package: laravel/slack-notification-channel
Discovered Package: laravel/tinker
Discovered Package: nesbot/carbon
Discovered Package: nunomaduro/collision
Package manifest generated successfully.
Application ready! Build something amazing.

これで必要なライブラリがインストールされ、スケルトンができました。

Laravelチュートリアル

Laravel のスケルトンが出来たところで、Web ページを表示するチュートリアルをやります。

起動

artisan コマンドを使うと、CLIからファイルを作ったり、色々な操作が行えます。

動かしてみましょう。

$ php artisan serve
 Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>

http://127.0.0.1:8000 にアクセスしてみます

いえーい、動きました!!

Routing

ルーティングとは? の前に MVC について解説です。

  • MVC
    • もともとはデスクトップアプリを開発するために考えられたアーキテクチャ
    • いまは Web アプリで使われるアーキテクチャ
    • クライアントから Controller がリクエストを受け取る
    • リクエストを処理するのに必要な処理を Model に依頼する
      • 通常 Model は DB にまつわるもの
    • Model から受け取ったあとにレスポンスを作るよう View に依頼
    • Controller がレスポンスをクライアントに返す

このリクエストに対して適切な処理を振り分けるのが Routing ルーティング といいます。

Laravel では /routes/web.php に書かれています。

View

  • View のファイルは /resouces/views に配置する
  • View では通常、html の中にPHPのプログラムを書かない
  • とはいえ、何らかの戻り値や処理を入れる必要がある
  • そこでテンプレートエンジンと呼ばれるものが使われる

Laravelは Blade と呼ばれるテンプレートエンジンがあって、html を生成します。

では、ページを表示するまでのチュートリアルをやってみます。

1. /resouces/views/greeting.blade.php を作成

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <title>Greeting</title>
        <link rel="stylesheet" href="{{ asset('css/app.css') }}">
    </head>
    <body>
        <h1>Hello, {{ $name }}</h1>
    </body>
</html>

{{ $変数名 }} で埋め込みます

2. routes/web.php に greeting.blade.php を表示できるよう追加

<?php

// Laravel の初期ページ
Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

// 以下に /hello がリクエストされたら greeting.blade.php を返すよう追加
Route::get('/hello', function() {
    return view('greeting', ['name' => 'Laravel']);
});

表示されました!!

Todoアプリを作ってみよう!

最後に、米山さんが予め用意された雛形に書き足して、Todo アプリを作ってみます。

テーブルを作成

XAMPP に入っている MariaDB を使ってデータベースを作成した上で、テーブルを用意します。

php artisan コマンドで出来ます (!)

  • php artisan make:migration create_tasks_table --create=tasks を実行
    • /database/migrations/[yyyy-mm-ddのようなタイムスタンプ]_create_tasks_table.php が生成される
  • 生成された migration ファイルに name カラムを追記
  • /.env ファイルにDB接続情報を入力
  • /config/database.php に接続設定を記述

php artisan migrate を実行!!

$ php artisan migrate
 Migrating: 2019_01_17_075918_create_tasks_table
 Migrated: 2019_01_17_075918_create_tasks_table

テーブルができました。SQL で書かなくてもよいの、ラクすぎる。。

しかも、例えば、開発チームに新しく入った人でも migrate を実行すれば同じテーブル作れるので良すぎる。。。

ORMを使ってモデルのファイルを作成

続いて、ORM と呼ばれる、task テーブルへの接続を担うファイルも artisan コマンドから作成します。

$ php artisan make:model Task
Model created successfully.

View を作成 と Routing を設定

Laravel チュートリアルで行った手順で、ここからはテキストを見ながら、受講者自身で米山さんが用意したコードをコピペして Routing と View のファイルを作成します。

  1. resources\views にテンプレート base.blade.php を作成
    • すべてのページのテンプレートとして使う
    • css として Bootstrap を使う
  2. resources\views にタスクを扱う画面 tasks.blade.php を作成
    • base.blade.php を継承
    • タスクを追加するフォームを記述
  3. routes\web.php でRoutingを設定
    • get で / がリクエストされれば tasks.blade.php を返す
    • tasks.blade.php からTaskテーブルに get をリクエストできるよう追記
  4. タスクを post できるようRoutingに追記
    • routes\web.php にリクエストを取得して save するよう追加
  5. タスクが追加されるとタスクが表示できるように追加
    • tasks.blade.php にTaskテーブルから一覧を取得できるよう追記

余裕がある方は、テキストにある削除ボタン、フォームの validation を追加実装していましたが、一旦、ここまでで php artisan serve で実行して確認します。

完成版のサンプルは米山さんに許可を頂いてGitHubに置いていますので、ぜひダウンロードして使ってください。
https://github.com/sezemiadmin/todo-app

作った Todo アプリを確認して、盛りだくさんの 1 日は修了しました !!

まとめ

このコースでは PHP の基本構文から、簡単な Web アプリに加えて、Laravel を使った Todo アプリ開発のチュートリアルをやってみました。

最後、Todoアプリ開発のチュートリアルは貪欲に広げた結果、ちょっと駆け足気味でしたが、雛形にサンプルコードを書き足しながら進めたので、Laravelなどフレームワークを使った開発の雰囲気がわかりました。

改めて、ラクチンすぎる。。。

 

またスクリプト言語なので、いわゆる "おまじない" がほとんどなく、つまづきポイントがなかったです。また HTML 内にも書けるので、Web アプリケーションの動作に慣れながら学習できるのは、本当に PHP ならではだなぁと感じました。
(個人的にはプログラミング未経験者には、PHPで新人研修やるのが一番だと思うんですが、皆さんはどうでしょう?)

 

その PHP の特性と、米山さんの事前準備のおかげで、とにかくハードル低くひと通りの Web アプリケーション開発が体験できるので、プログラミングをはじめたばかりの方にもオススメです!!

 

 

label SE カレッジの無料見学、資料請求などお問い合わせはこちらから!!


SEカレッジについて

label SEカレッジを詳しく知りたいという方はこちらから !!

SEcollege logo
SEカレッジ
IT専門の定額制研修 月額28,000円 ~/ 1社 で IT研修 制度を導入できます。
年間 670 講座をほぼ毎日開催中!!

午前免除 FAQ

タグ一覧