close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 Junit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning 実機演習 インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数学力 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang)

若手向け研修で離職率を低下させたエフ・エムさんのIT研修制度を聞いてみた

IT研修制度は、よくあるヒューマンスキルや階層別研修とは異なり、情報技術 (IT) を専門にするので、なかなか構築が難しく、また移り変わりも速いため、運用も難しいもの です。

そこで、IT研修制度がどのようなものか、実際に企業にお邪魔してインタビューする連載を始めることになりました!!! これからよろしくお願いします!!

記念すべき第1弾の企業様は、 株式会社エフ・エム さんです。

 

取材先企業様

株式会社エフ・エム http://www.fmget.co.jp/

  • ITエンジニア (社員) 182名 [2018.04時点]
  • 2018年で創業43年を数える独立系システムインテグレータ。
    事業内容の中心として(流通業、金融業等)法人企業様向けシステムの開発~運用・サポートまでのソリューションを提供。
    社内に教育部を設置、資格取得や最新技術の習得など社員教育に注力。

 

紹介文にもある通り、社員教育に注力されているとのこと、取材させて頂くと、そのこだわりの内容や、その源泉にあるものが伺えました!

ぜひご覧ください!

 

若手の技術研修がミッションの教育部

 

お話を伺った方

教育部 リーダ 近藤 彩 さま

 

今日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします。

 

まずはエフ・エムさんにどのようなITエンジニアがいらっしゃるのか、教えて頂いてよろしいでしょうか?

もともとはインフラから始まったんですが、徐々にアプリ開発が増え、いまはインフラが60%ぐらい、アプリ開発が40%ぐらいです。
インフラの内訳は、

  • データベース構築・保守
  • ネットワーク構築・保守
  • サーバ構築

この3つで、以前はヘルプデスク・サポートも多かったのですが、今は3つの分野に技術者が均等にいるような体制です。

 

ありがとうございます。では、アプリ開発はいかがでしょうか?

Webアプリケーションの開発が中心で、主に Java/C# が多いですね。

近年は学生を採用すると、配属希望が馴染みのあるアプリ開発になるので、インフラエンジニアの先輩の話を聞かせたり、縁の下の力持ち的なお話や、インフラのダイナミズムを語ってもらって、今年は10人の新人のうち、6割がインフラに配属となりました。

 

なかなかインフラの魅力は伝わりづらいのにスゴイです。 では、年齢構成はどのような分布でしょうか?

20代が35%、30代が30%、40代が25%、それ以上が10%です。

 

とてもよいバランスですね。何か取り組んでいることがあるのでしょうか?

毎年新卒採用で一定数採用していることと、若手層への教育研修に注力しているので、一般的に3年以内の離職率が30%と言われているところ、エフ・エムは 10%以下 と非常に低く、新卒社員が現場で活躍できていることが背景にあると思います。

 

 

講師として研修にも登壇する教育部

 

なかなか離職率高めの業界なのでスゴイですね! では、その若手層への教育研修について、どのように注力しているのでしょうか?

まずこの規模 (社員数200名/売上25億円) では珍しいと思うのですが、技術教育の専門セクション である教育部があることです。

 

確かに、採用など人事の業務の一部として教育研修業務を行っていることが多いので、珍しいですね

教育部は2名が専任で部長1名が兼任という体制で、若手向けのIT教育研修の企画から実施・運営、ふりかえりまで行っています。

若手向けの体制としては教育部だけでなく、1年目は新人1人につき現場の先輩がトレーナーとして必ず1人ついていて、教育部とトレーナーと新人で一緒に目標を立てて、毎月ふりかえりしています。

 

毎月!! とても工数をかけていますね

はい。そのトレーナーとのふりかえりとは別に、1年目は教育部との面談が年間3回あり、2年目~5年目の間も、現場部門の評価査定面談とは別に、教育部との面談が年に1度あります。

 

面談ではどんなことがお話になるのですか?

現場での人間関係の相談もありますが、技術的にどういうスキルが身についていて、今後こういったスキルを身につけたい、という内容が多いですね。

例えば、プロジェクトによって自分が身につけたいスキルとのギャップがあるケースもあり、希望の業務につけるよう、ソースコードを読んで自分なりに書いてみることを勧めたり、資格取得を促してみたり、と一緒に考えながらフォローしています。

 

そうなると、教育部も現場でどんな技術を使っているのか、わからないと相談に乗れないですよね?

そうですね、私たち教育部も現場でITエンジニアの経験があるので、ある程度、把握しています。

 

教育部もITエンジニアの経験がある、というのはこだわりがありそうですね

プロのITエンジニアが教育するという方針で、私も現場で開発をしていたときに、社長から 「技術がわからない若手に、技術を教えてくれ」 と声を掛けられて教育部がスタートしたので、そういった意図があったと思います。

なので、私たちは研修を計画・企画したりするだけでなく、実際に「教える」という講師役もやっています

 

!!えっ、教育部が講師もやるんですか!?

どちらかというと、研修の計画・企画より、泥臭く技術を教えることの方が多いです。「ここタイポしてるよ」とか (笑)。

エフ・エムは未経験の方を積極的に採用しているので、内定者研修からオフィスソフトの操作やVBAなどから手ほどきして、新人研修でのWebアプリケーション開発までプログラムしていて、すべての講師を教育部がやっています。

 

それはスゴイ。内製でそこまでやるんですね。。ちなみに新人研修ではどんなことを重視しているのですか?

新人研修では、インフラからアプリまでIT技術をひと通り経験してもらっています。

この業界は必要とされる知識が幅広いので、一度にすべてを習得することは難しいのですが、研修期間にひと通りの技術を経験することで、新人それぞれが技術知識の「目次」を作ることができます。

その「目次」をもとに、現場に出てから必要な技術知識を深めてもらいたいと思っています。

 

物柔らかな近藤さん

 

 

社長がもともと新人研修の講師をやっていた!

 

「目次」とはいい表現ですね! (メモメモ) 新人研修を内製で行うスタイルはいつからですか?

私が入社する前からずっとやっているので、恐らく20年近く前から行っています。実は私が入社したときのC言語の新人研修は、今の社長、中山がやっていました。

 

ナント、社長は研修部門のご出身なんですか?

はい。私の新人研修を行ったときは営業も兼任しながら研修もやっていました。社長も元は技術者で、技術営業を行うようになり、その一方で教育研修にも携わりながら、社長になったという経歴なんです。

 

なるほど!! 珍しいご経歴ですね。それもあって教育研修に注力しているのですね

もちろん社長だけでなく、エフ・エムでは野球部やサッカー部などスポーツが盛んで「後輩は育てるもの」という価値観が浸透していて、それで育った方が「今度は私も育てよう」というサイクルが回っているのもあると思います。

また各部門のマネージャに育成のミッションがあるので、その部門マネージャがメンバーの教育研修を管理しています。

 

 

20年以上続く社内勉強会とSEカレッジの役割分担

 

配属後の教育研修でも教育部が講師となるケースがあるのですか?

教育部のリソースは新人研修の関連でかなり取られるので、さすがに配属後の技術研修の講師は外部でお願いしたり、各部門主催で社内勉強会 を開催しています。

 

社内勉強会は現場負担があって、なかなか継続しにくいものですが…

半期に1度、各部門ごとに勉強会を計画して実施することがミッションにあるので、これも恐らく20年近く継続されています。

「技術で食べてるんだから、チームとして技術力を上げるのは当然」という考え方、文化が根付いているように思います。

あと社長が「次の勉強会は何やるの?」と口癖のように言うので (笑)

ここ1年のテーマはAWSやAzure、Oracle Cloudなどのクラウド技術、AI、セキュリティの最新テーマもやりますが、エンドユーザーに流通・コンビニエンスストア業界が多いので、その業界のビジネス慣習や業務知識も扱っています。

 

社内の研修ルーム

社内の研修ルーム

 

 

 

外部研修に参加することを普通にしたくてSEカレッジを導入

 

配属後のIT研修では、その社内勉強会に加えて弊社のSEカレッジをご利用頂いていますが、どのように使い分けているのでしょうか?

SEカレッジは、まず若手向けに基礎知識を習得するためと位置付けしています。

現場部門の中には若手ならこのコースとこのコースを受講する、というものが決まっているようで、1つのコースに複数の若手がアサインされていることが多いです。

また、ベテランには自分の専門とは違う分野を受講してもらうようにしているほか、最新動向のキャッチアップで受講しているようです。

もちろん、ここでも社長に「どの部門でどんな人がどんなコースを受講している」というのをレポートして共有しています。

 

なるほど! 直近6ヶ月で、のべ180名もの方が受講されているのは、そういった工夫があったのですね

他にも、SEカレッジに参加後、参加した方にコース内容のレポートを書いてもらって、それを社内で公開・共有しています。

コースのミスマッチを防ぐのが目的で、参加したのに期待したものではなかった、というのが続くと、やはり受講する方が少なくなってしまいます。

 

それは良い仕組みですね。「参加してみたい」という意欲にも効きそうです

とはいえ、実は、社内の目標受講数はまだ未達なんです。

半期で1人3コース受講して欲しい、という目標があるので、まだまだなんです。とはいえ、あまりプッシュしないようにはしていますが、、、 マッチしないコースを受講するようになっても困りますので (笑)

 

確かにそうですね。ただ逆に「研修に参加してよい」ということがそれだけ認識されているのですね

そうですね、SEカレッジの半期ごとのスケジュールをもとに社員は3つコースを選んで、部門が業務調整をして参加するようになっています。

なので、社員も外部研修を受講することへのハードルが低くなっています。

 

ということは、昔は外部研修にいくハードルが高かったんですか?

そうですね、2013年にSEカレッジを導入する前は、外部研修費用がだいたい 1人10万円 だったので、研修を受講するにも申請が必要で、受講できる方も、それなりにスキルとキャリアがある方が前提でした。

なので、SEカレッジで「みんな誰でも受講してよい」と言えるようになりました

 

社内勉強会、SEカレッジと研修は充実されていますが、あえていうと教育研修ではどのようなことが課題に挙がりますか?

知識も経験も一通り積んだベテラン向けの、個々にあった技術研修でしょうか。

若手のうちは勉強したら、その分、伸びるような感覚を得やすいのですが、ベテランになると現場で技術的に困るということが少なくなり、落ち着いてしまいがちです。

一方で、クラウドやRPAの波で、今まで技術者がやってきた業務も自動化されてきています。

会社としては、業務が無くなるのであれば、逆に、積極的にお客様にクラウドやRPAのツールなど提案して、どんどんお客様に近い問題に取り組んでいます。

それだけにベテランが落ち着くのではなく、これまでのスキルとキャリアを土台に、新しい領域に踏み込んでいけるようなものが研修に欲しいと思っています。

 

なかなかむずかしい問題ですね。SEカレッジでもベテランの方を刺激できるようなコースを考えたいと思います!
では、最後にメッセージがあればお願いします!!

エフ・エムでは毎年、大卒・専卒合わせて10名採用しています。

また、中途採用ではアプリケーションエンジニア(Webアプリ)からインフラエンジニア(サーバ、ネットワーク、DB)まで幅広く設計~開発(構築)経験者を随時募集しています。

弊社の研修制度でスキルを磨いてキャリアを積みたい、という方はぜひご応募ください!

 

株式会社エフ・エム 採用サイト

 

近藤さん、今日は、ありがとうございました!! 今後ともよろしくお願いします!

ありがとうございました。

 

 

取材まとめ

エフ・エムさんのIT研修制度を取材してまいりました。

若手への育成が離職率の低下に繋がっていること、教育部全員がITエンジニア出身であり、実際にも研修登壇されることなど、とても特徴的でした。

私自身は社長の教育研修への思い入れもあってか、社員が研修に参加することへのハードルがとても下がっていることが、それこそがとても貴重に感じました。

 

先日インターネットで話題になった開発マシンのスペックに関する論争がありました。

ITエンジニアがスペックの高いマシンを買うことに、いちいち背景を書いて稟議が必要な企業で消耗するより、ノールックで購入できるような企業に移ったほうがよい、という趣旨でした。

 

関連記事: 開発マシンの人権スペックについては俺にも語らせろ | anopara

 

ITエンジニアが研修やカンファレンスに参加して知識を仕入れることにIT企業として抵抗がないことは、開発マシンの論争と同じかも知れませんね。

 

では、今後もこのIT研修制度を取材する連載をよろしくお願いします!!

また、取材に来て欲しいという企業様、お気軽にお問い合わせくださいませ!!

 

 

 

無料見学、資料請求などSEカレッジへのお問い合わせはこちらから!!


SEカレッジについて

特集・キャンペーン

よくある質問集

タグ一覧

研修参加レポート参加してみた基本情報技術者JavaLinux基礎プロジェクトマネジメントプログラミングセキュリティプログラミング基礎コミュニケーションSQL基礎SQL応用AIネットワーク入門オブジェクト指向DockerファイアウォールJavaScriptPythonソフトウェアテストマネジメントコーチングデータベースインフラ実機演習IoTJavaプログラミング応用アルゴリズムRDBMS仮想化技術トレンドテスト自動化Linux応用情報処理資格jQuery単体テストRaspberry PiエンジニアJavaプログラミング基礎ビジネスマナーネットワーク障害対応新人研修データベース設計CCNA資格マルチスレッドプログラミングテーブル設計ビジネス文書プレゼンテーションアンガーマネジメントネットワーク構築JavaScript基礎要求定義シェルスクリプトSQLインジェクション物理設計(データベース)アジャイルロジカルシンキング経営改善デザインパターンパケット解析VLANロジカルライティングクラウドヒューマンスキルOSPFLAN構築インフラエンジニアコンテナUI/UX問題解決技法C# 基礎関数型プログラミングZabbixPMBOK®テストケース内定者研修パフォーマンスチューニング冗長化Active DirectoryWBS業務効率化セキュリティ入門スクラムソフトウェアテスト基礎次世代高度IT人材ロジカルコミュニケーションTCP/IPリファクタリングCentOSCiscoマーケティングデータベース基礎ITIL新人育成簿記JavaEEデータサイエンスデータベース応用データベースセキュリティ非エンジニア向けデータベース障害法律知識ベンダーコントロールITサービスマネジメントデータサイエンティストプロトコルModern JavaScriptプロジェクト管理見える化情報セキュリティマネジメントUXインターネットルーティング基礎IT基礎品質管理プロジェクト失敗事例要件定義機械学習PMOエンゲージメントマネジメントセルフマネジメントGoFインターネットルーティング応用Pマーク工数見積表計算ソフトJunitER図Webアプリケーション開発ITパスポートIPアドレスHTML/CSSVPNOSI参照モデルAWSDBA中級正規化理論IPAサーバー構築インデックス設計LVSC# 応用並列処理プライベートクラウドサーバーnpm数字力4Biz継続的インテグレーション(CI)SEカレッジ導入事例Haskell超上流工程失敗から学ぶWindowsサーバー応用ロードバランサーモダンJS (Modern JavaScript) 基礎ネゴシエーションクリティカル・シンキングOS・システム基盤アセンブラプロジェクト計画タイムマネジメントgulpソフトウェアテスト応用財務DNSリーダブルコード会社規模 (100~300名)スクリプト言語BGPchef負荷分散コンピュータ基礎Infrastructure as CodeGO言語ビルドツールテスト手法IT人材基本設計業務知識/業界知識MVC基礎応用情報技術者CentOS7OpenStackExcelPDCA仮想通過ネットワーク管理インフラ監視Windowsサーバー基礎リスクコントロールプロダクトマネジメントPython入門UIFinTechC-CENT労働関連法片付け術IT研修制度を聞いてみたシンギュラリティプログラミング入門Microsoft Azure犯罪心理学共創Deep LearningCCENT内部設計プロダクトマネージャ冗長化入門フロントエンドMachine LearningトラブルシューティングIT資格SelenideサーバーダウンNode.js開発環境構築チームビルディング継続的インテグレーション (CI)情報漏えいHTTPサイバー攻撃

過去の記事