close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ Google Cloud Platform 不動産業界

はじめての Go 言語 ( golang ) 入門 研修コースに参加してみた


2020-05-12 更新

今回参加した研修コースは はじめてのGo言語 です。

Go言語、いよいよエンタープライズな開発でも使おうという機運があるのでしょうか、満員です!!

業務をやりながら、未経験の言語を入門書やネットで独学しようとすると、まとまった時間が取れずに困るケースが多いのですが、このコースは 1 日間コースで、

  1. 基本構文やライブラリ、並行処理 ( goroutine ) 、処理の書き方など他言語と比べて特徴的なところを講師がピックアップ -> 解説
  2. 受講者各自で気になるところを自由に触って Go言語 を体験する

他言語経験者向けに配慮された、いわゆる「もくもく会」っぽい学び方でした。

最終的には http サーバや API サーバを動かしたり改造したり、実践的なものまで踏み込んだので、自分なりに Go言語 を感触を確かめられたと思います。

 

では、どんなこのコースだったのかレポートします!!

コース情報

想定している受講者 JavaやC言語など、なんらかのプログラミング経験がある。
受講目標 Go言語で簡単なツールが作成できるようになる。

講師紹介

このコースで登壇されたのは 冨原 祐さん です。この参加してみたレポートでは初登場ですね。

冨原 祐
冨原 祐
現場の技術をどう学ぶか、工夫を凝らした演習をデザインできる講師

冨原さんはもともと三好 康之さんのお知り合いで、三好さんからの呼びかけで講師育成のプロジェクトに参加されて講師になられた方です。(現場開発も継続されています)

その縁から徐々に登壇いただき、弊社の DOJO という新人研修プログラムの Web アプリ開発演習コースでは毎年登壇頂いています。

SEカレッジでも幾つかプログラミングのコースを中心に登壇されていますので、ぜひ ↑ の講師紹介ページの実施講座をご覧ください。

ということで、冨原さんも研修では自己紹介がお名前だけのシンプルスタイルなので、このページで紹介させていただきました。

 

まずは冨原さんから受講者の方に質問です。

Q. Go言語 をすでにプロジェクトで使っていらっしゃいますか?

-> 5% ぐらいの方が手を挙げられました

これからという感じですね。また、今日の狙いとして、

「今日ははじめての方向けのものです。Go素晴らしい、という訳ではなく他と比べてどうか、という観点でコースをみて欲しい」

とコースをスタートされました。

Go言語の特徴とできること

まずは Go言語の特徴です。

  • Google が開発したプログラミング言語
    • Google が開発した言語でほかに話題なのは Dart があります
      • ちなみに Dart はネイティブアプリのクロスプラットフォーム開発ができる Flutter ( Google が開発) で再注目されてます
  • Go だとググらビリティが低い
    • golang, Go言語 で検索する
  • 静的言語
    • Java や C と違う点は、実行ファイルを渡せば、実行エンジンが無くとも動く (!)
    • 簡単な CLI ツールを作ったりする人が多い
  • クロスコンパイル
    • Mac, Linux, Windows でも動く
  • 並行処理が得意
    • ここが一番強い
    • 100 万リクエスト / 1 min でも余裕
    • 大量ユーザを抱えるアプリケーションで使うだろう
    • コンテナのオーケストレーションツール Kubernetes も Go で書かれています
  • なぜそんなに速いのか
    • CPU のコアをフルに使い切ることができる
  • 言語設計した 3 人が「 C++ が嫌い」から生まれている
    • 「楽」たのしくラクできる
    • 例えば型を厳密に書かなくてよい (あとで試してみます)

特に冨原さんのお気に入りの点はランタイムが無くてもアプリゲーションが動く、というところでした。
たしかにそんな言語は無い気がします。あとで実際、試してみます。

あとは、なぜ Golang とよく言われているのかが分かりました。ググラビリティ大事ですね。

ちょっとした注意点

  • gofmt (ゴーフォーマット) がある
    • コードを自動整形する
    • 予め用意されている社内のコーディング規約のようなものは使いにくい
  • GoDoc を使うとドキュメントも自動生成 (めっちゃ便利っぽい)

コーディング規約をいちいち作ったり、レビューコストが減るというメリットもあるので、Go に入れば Go に従え、ですね。

セリフの参考:
(Go Con 2014)  Goに入ってはGoに従え

インストール環境構築とHello World

  • 今日は Go, Git, MySQL を使います
  • その他ライブラリのインストール
    • go get -u -v github.com/golang/lint/golint
    • go get -v golang.org/x/tools/cmd/goimports
    • go get -v github.com/nsf/gocode
    • go get -v github.com/rogpeppe/godef
    • go get github.com/go-sql-driver/mysql
  • エディタは Atom を使います
    • Atom にもライブラリをインストール
    • go plus
    • godef

ちなみに教室の仮想環境ではなく自分のPC ubuntu 16.04 で GOPATH を設定しようとすると詰まりました。。

Hello World

  • hw.go を書く
    • $ go run hw.go でコマンドプロンプト上に表示されます
    • $ go build hw.go で実行ファイル `hw.exe` が生成されます
package mainimport (
	"fmt"
)

func main() {
	fmt.Print("Hello World\n")
}

基本構文

環境構築したところで基本構文について解説いただきました。

パッケージ

  • golang はオブジェクト指向言語ではない
    • Java などのようなクラス、パッケージの概念はない
  • GOPATH の /src から相対パスを作れば呼べる
    • GOPATH/src/funcA.go
    • ただし複数の golang のプロジェクトがあるとツラみがある
    • Docker などで環境を作るのも一つの手
    • なお main パッケージはプロジェクトに1つ
      • main パッケージから実行される
  • hw.go の package main はコレ
  • パッケージの注意点
    • ディレクトリ名と同じパッケージ名をそろえる
    • パッケージを呼び出すときは ディレクトリ名 で呼び出す
      • GOPATH/src/directory_name
      • package directory_name
    • 関数名では呼び出せずエラーになる

今日の演習では特に気にせず、自由にプロジェクトフォルダを作りましたが、実際に開発するときはハマりポイントかも知れません。

参考
他言語から来た人がGoを使い始めてすぐハマったこととその答え

基本構文

というわけで、ここからは具体的な基本構文となります。

ここが冨原さんのうまいやり方で、特徴的なことだけザッと説明して、そのあとに色々自身で試してみる、という進め方をされました。(いわゆる もくもく会 のような進め方に近いです)

  • 末尾のセミコロン ; は省略できる
  • 変数宣言
    • 型をあとに記載する
    • 省略することも出来る
var (
	a, b = 10, 20
	c, d = 10.5, 20.5 //自動的にfloatと認識される
)
  • 配列
    • 値渡し ( call by value ) になる
    • 固定長の配列に近い
var a [5] int // a[0]~a[4]
var b [3] int {1, 2, 3}
var c [...] 
  • スライス
    • 他言語の Array に近い
    • 配列の参照版
    • こちらがよく使われる
    • 型宣言無しでよい
a := [5]int{1, 2, 3, 4, 5}
b := make([]int, 3) //[0,0,0]
c := []int{1, 2, 3}
  • 条件分岐
    • if の ( ) がいらないぐらいしか他言語と変わらない
    • if 文に初期処理を持てる
    • switch 文もあまり変わらない
    • break も省略可能
if a := 1 ; a == 1 {
  // 処理
}
  • 繰り返し
    • for しかない
    • do while などはない
for i = 0 ; i < 5 ; i++ {
  // 処理
}
    • int だけの宣言だと CPU に依存してしまう
    • int64 のように指定する
    • string が read-only の文字列型になっている
    • 編集したいときは strings パッケージを使う
  • 定数定義
    • const を使う
  • ポインタが使える
    • C 言語と同じく * & を使う
  • 関数
    • func で宣言する
    • 左が引数、戻り値が右
    • 複数の戻り値を返せる (!!)
    • 特にエラー情報を返すときによく使う
func test1(name string) (msg string) {
   msg = name + "さん、こんにちは"
   return
}

配列、スライスの扱い方など特徴的なところはありますが、やはり色々な言語の影響を受けていそうです。個人的には結構 C言語 に近い印象を持ちました。

皆さんの印象はいかがでしょうか?

実際試してみよう (もくもく Go)

紹介された構文の中で、気になったところを中心に書いてみながら確かめます。なお、冨原さんにサンプルコードを用意頂いていたので、コードを見ながら実行したり、かなり自由に取り組めてよい感じです。

個人的には配列とスライスを色々やってみました。

標準ライブラリ

次は標準ライブラリでよく使いそうなものを、こちらも特徴的なところのみをザックリ紹介いただき、そのあと、自分で「もくもく」します。

  • ファイル入出力
    • os パッケージ
    • ファイル読み書きやファイル操作 (ディレクトリ作成や編集)
    • C 言語のファイル操作に近い
  • io/ioutil パッケージ
    • ファイルの読み書きに使うユーティリティ関数がある
  • bufio
    • 1 行ずつ読み込みたいときなどに使う
func main() {
  file, err := os.Open(`ファイルパス`)
  defer file.Close() // defer をつけると処理の最後に実行される
  sc := bufio.NewScanner(file) //Scanner構造体を利用
  for i := 1; sc.Scan(); i++ {
    if err := sc.Err(); err != nil {
      // エラー処理
      break
    }
  fmt.Printf("%4d行目: %s¥n", i, sc.Text())
  }
}

なお Go言語 では null は nil と表現します。

  • 日付/時刻など
    • time パッケージがある
    • Local や ロケーション (Asia/Tokyo) など指定できる
    • フォーマットは実際の数値を使う
    • yyyy/mm/dd ではなく 2018/11/28 Wed のように書く
    • fmt.Printf("%s¥n", now.Format("2006/01/02 Mon 15:04:05"))
    • 日本ロケーションでの標準フォーマット (米国はまた別の書き方)
  • 文字列操作
    • strings パッケージ
    • 文字列置換
      • 引数で int を渡すと最大何個、置換するのか指定できる
    • 文字列分離
      • SplitN で分割指定ができる
    • 文字列結合
      • Join という関数を使える
data := []string{"山田", "24歳", "男性"}
fmt.Println(strings.Join(data, ","))
// "山田,24歳,男性"
  • JSON 出力
    • encoding/json パッケージを使う
    • 要素ごとに型の定義が必要
type City struct {
  ID int
  Name string
  CountryCode string
  District string
  Population sql.NullInt64
}

私はこの中で time パッケージと strings パッケージを中心にやってみました。

なお標準ライブラリは翻訳が遅れ気味なので、公式を見るのがオススメとのことでした。

Go言語 の特徴的な処理(メリット)

ここからはGo言語特有の処理の書き方を紹介いただきました。

エラーハンドリング

まずはエラー処理です。

  • エラーを throw するのではなく、正常終了させてエラーを受け取る
  • 関数の複数の戻り値をエラー情報に使う
    • なので try catch を使わない
    • ここがオブジェクト指向とは違うところ
    • finally の代わりに使うのが defer
  • Error 関数を使う
    • fmt の エラーメッセージ を返すこともできる
  • 例外に近いものをパニックという
    • 例外 ( exception ) でなく panic 関数を使う
func myFunc() (result,error){
  //処理
  if isError {
    //fmt パッケージを使うと 0,fmt.Errorf("ERR: %s",msg) 
    return 0,errors.New("エラーメッセージ")
  }
}
func recoverPanic() {
  defer func() {
    if err := recover(); err != nil {//復帰させる
      fmt.Println("recover:", err) //panic時の情報取得可能
    }
  }()
  panic("panic発生")
  //これ以下は実行されない
}

並行処理 goroutine

きましたマルチスレッド。... 難しいやつです。。以前に Java のマルチスレッドのコースでレポートしましたが、ほとんど理解ができなかった記憶が蘇ります。

マルチスレッド プログラミング 入門 研修コースに参加してみた

  • ユースケース
    • 業務系システムにおける夜間バッチ (ex.複数店の売上処理とかを行うとき、店舗ごとに並行処理して集計する)
  • ゴルーチン ( goroutine )
    • 他の言語ではスレッドが残っていたり、同期非同期の処理が難しかったり
    • スレッド間のデータ通信はチャネルという機構を使う
    • 同期化 (待ち合わせ) にはチャネルより WaitGroup を使うとラク
  • ゴルーチンの書き方
    • 関数の前に go をつければ良い
func main() {
  sample()
  go sample
}
func sample() {
  //処理
}
  • チャネル
    • 通信を使う側にチャネルを書く
      • ch1 := make(chan int)
    • 受信は無限ループ + select case とすることが多い
      • val := <-cha1
//並行処理からの通知を受け取る
func sample20() {
	fmt.Println("開始")
	//チャネルの生成
	ch1 := make(chan int)
	ch2 := make(chan string)
	//終了用チャネル
	chend := make(chan struct{})

	//チャネルを送信するゴルーチン
	//ここでは、別関数に切り出さずに中で処理を行っている
	go func(chint chan<- int, chstr chan<- string, end chan<- struct{}) {
		for i := 0; i < 10; i++ {
			time.Sleep(1 * time.Second)
			// 偶数回はint型チャネル、奇数回はstring型チャネルを送信する
			if i%2 == 0 {
				fmt.Println("intチャネルへ送信")
				chint <- i
			} else {
				fmt.Println("文字列チャネルへ送信")
				chstr <- "test" + strconv.Itoa(i)
			}
		}
		close(end) // クローズして通知
	}(ch1, ch2, chend)
	//非同期処理なのでここまで一瞬で終了。下のループに入る
	// 受信用の無限ループ
	for {
		select {
		case val := <-ch1:
			fmt.Println("ch1から受信:", val)
		case str := <-ch2:
			fmt.Println("ch2から受信:", str)
		case <-chend:
			fmt.Println("終了")
			return
		}
	}
}

実行してみます。

  • WaitGroup
    • すべてのゴルーチンを完了するまで待機できる
    • セマフォとかに近い
    • add してカウントアップ
//並行処理の全終了を待つ
func sample21() {
	// WaitGroup構造体を初期化
	wg := new(sync.WaitGroup)
	// 3つのゴルーチン(3タスク)を実行します
	for i := 0; i < 3; i++ {
		wg.Add(1) // WaitGroupの回数分Addする
		go syncProc(wg)
	}
	// wg.Addで追加したすべてゴルーチンが、Doneで終了通知されるまで待機
	fmt.Println(time.Now())
	wg.Wait()
	fmt.Println(time.Now())
}
func syncProc(wg *sync.WaitGroup) {
	//処理A~Cまで、時間のかかる処理
	fmt.Println("処理A")
	time.Sleep(1 * time.Second)
	fmt.Println("処理B")
	time.Sleep(1 * time.Second)
	fmt.Println("処理C")
	// このタスクが終了したことを通知する
	wg.Done()
}

実行してみます。

マルチスレッドがこれだけ制御できるというのは驚きです。また Java に比べて、コードも読みやすいですね。

Java などが何年もかけ、これまでの互換性も担保しながら進化したのに対して、後発言語はその影響を受けながら開発できるので、これだけシンプルになっているのかも知れません。

Goでアプリケーション開発してみよう

ここからは実際にアプリゲーション開発など業務寄りのお話です。冨原さんいわく、golang のスゴイところはここだと思う、とのこと。 (冒頭のランタイムが必要とせず実行できるというお話です)

ソケット通信

  • net パッケージを使う
    • リスナを作るのに2行
    • 実行ファイルを渡せば、Web サーバなしで Web アプリを配布できる、ということも出来る

コードを解説いただきましたが、驚きの記述量で簡単に Web サーバを書けました。

package main

import (
	"fmt"
	"io/ioutil"
	"net/http"
	"os"
	"strings"
)

//サーバが保持するメモのリスト
var memos []string

func main() {
	fmt.Println(os.Getwd())
	//メモの初期化
	memos = make([]string, 0)
	//memosにアクセスが来た場合、showMemo関数を呼び出す
	http.HandleFunc("/memos", showMemo)
	//memos/addにアクセスが来た場合、addMemo関数を呼び出す
	http.HandleFunc("/memos/new", addMemo)
	//リスナを起動する
	http.ListenAndServe(":80", nil)
}

// memoへのアクセス時に応答する
func showMemo(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
	//index.htmlファイルを読み込み
	index, err := ioutil.ReadFile(`./index.html`)
	if err != nil {
		fmt.Print(err)
		return
	}
	//メモのリストから、表示用HTMLを生成
	memo := "
  • " + strings.Join(memos, "
  • ") + "
  • " // HTML中の[[LIST_AREA]]をmemoのHTMLに置換 ret := strings.Replace(string(index), "[[LIST_AREA]]", memo, 1) //ResponseWriterにHTMLを書き込む fmt.Fprintln(w, ret) } // memo/addへのアクセス時に応答する func addMemo(w http.ResponseWriter, r *http.Request) { //POSTされた"memo"の値を受け取る receiveValue := r.FormValue("memo") //保持しているメモリストに追加する memos = append(memos, receiveValue) //memosにリダイレクトさせる http.Redirect(w, r, "/memos", 303) }

    ちなみにこのコードを実際に go build して実行ファイルを作ると、そのファイルだけで動きますので、ぜひぜひ試してみてください。

    mysql 連携

    • 環境構築でインストールしたパッケージを使う
      • 使ってないと削除されてしまうので、import 文に ↓ のように _ "" を書く
      • import _ "github.com/go-sql-driver/mysql"
    • Rowbytes と interface の値を合わせるということをやってる
    • 配列処理がややこしいので、先程のスライスを使います
    • gorp という ORM をインポート
      • ビジネスロジックを書かずともサクッと書ける ( ↓ のような感じ)
      • _, err2 := dbmap.Select(&list, "SELECT * FROM city WHERE CountryCode = ?", countryCode)
      • _, でエラー情報を受け取らない、ということも出来る

    SQL をベタ書きなので、もそっといい感じに書けるといいのに、と思って冨原さんに質問すると他に OR マッパーはたくさんあるそうです。

    調べてみると下のライブラリが GitHub のスター数も 11481 (2018.12時点) で Pulse を見る限りアクティブなので、いい感じな気がします。

    jinzhu/gorm: The fantastic ORM library for Golang, aims to be developer friendly

    クエリの書き方も ORM っぽい感じですね。

    // gorm の書き方
    db.where("countrycode = ?", "?").Find(&countries)
    // Laravel などのEloquent
    App\Countries::where('countrycode', ?);
    // Rails の ActiveRecord
    Country.find_by countrycode: ?

    ユニットテスト

    • ファイル名が _test.go で終わるとテストコード
      • Sample.go
      • Sample_test.go
    • go test [パッケージ名] でテストが実行できる
    • 関数名は test で始まらなければならない
      • Test_funcA()
    • カバレッジは go test -coverprofile=cover.txt とオプションをつけると出せる

    API サーバを書いてみよう

    • RESTful を想定
      • その中でも Get で /users/view/{user_id} のようなものを書いてみましょう
      • ルータとして mux というパッケージを使う
      • router.Handlefunc("/users/view/{user_id}", viewUser) と書くだけでよい
    package main
    
    func main() {
    	//httpパッケージでは、エイリアスをパラメータにすると手間がかかる
    	//muxパッケージを利用
    	router := mux.NewRouter().StrictSlash(true)
    	//ルータの設定
    	router.HandleFunc("/countries", Countries)
    	router.HandleFunc("/cities/{countrycode}", Cities)
    	//リスナを起動
    	log.Fatal(http.ListenAndServe(":8080", router))
    }
    
    //すでにmysqlとのコネクションは出来ている前提
    //テーブル作成と定義も完了している前提
    //実際には、データアクセスは別ファイルに切り出す
    func Cities(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    	vars := mux.Vars(r)
    	countryCode := vars["countrycode"]
    	//mysql接続
    	db, err := sql.Open("mysql", "seplus:seplus@/world")
    	if err != nil {
    		panic(err.Error())
    	}
    	//gorpを利用し、Countryとデータのマッピングを楽にする
    	dbmap := &gorp.DbMap{Db: db, Dialect: gorp.MySQLDialect{}}
    	defer db.Close()
    
    	//受け取るための変数を宣言
    	var list []City
    	//戻り値を受け取る必要がないのでアンダースコアにしている
    	_, err2 := dbmap.Select(&list, "SELECT * FROM city WHERE CountryCode = ?", countryCode)
    	if err2 != nil {
    		panic(err2.Error())
    	}
    	//構造体からjsonデータに変換
    	jsonBytes, err := json.Marshal(list)
    
    	fmt.Fprintln(w, string(jsonBytes))
    
    }

    こちらも実行してみました。

    このあたりの書き方は PHP や Python などスクリプト系の言語と似たような感じですね。

    このテストコードを書いてみたり、POST を作ってみるなど余力がある人は試しながら、このコースは修了しました。

    まとめ

    このコースでは Go言語 の基本構文やゴルーチン ( goroutine ) など特徴的なところをピックアップして見ながら、サンプルコードをもとに自身で動かしり改造したり、ということを自由にやってみて、最終的に RESTful API サーバを書いてみました。

    他言語経験者向けの研修コースらしく、学び方も特に自由にできる時間を豊富に用意いただいたので、受講者の方もご自身が気になるところをやってみて、講師に質問することが多いコースでした。

    なかなか 1 日がかりで未経験の言語をさわる機会は少なくなっているので、他言語の経験者で Go が気になるという方にはとても有意義なコースの進め方でした。 オススメです!

     

     

    label SE カレッジの無料見学、資料請求などお問い合わせはこちらから!!


    SEカレッジについて

    label SEカレッジを詳しく知りたいという方はこちらから !!

    SEcollege logo
    SEカレッジ
    IT専門の定額制研修 月額28,000円 ~/ 1社 で IT研修 制度を導入できます。
    年間 670 講座をほぼ毎日開催中!!

    午前免除 FAQ

    タグ一覧