close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 Junit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールにおけるWBS入門 研修コースに参加してみた

今回参加した研修コースは ウォーターフォールにおけるWBS入門 です。

いつもはテック系のコースばかりですが、今回はマネジメント系です!

ウォーターフォールなプロジェクトではWBSとガントチャートは必須のものですが、このコースではその分解や演習だけでなく、プロジェクトが失敗するポイントも合わせて紹介頂きました。

近い将来にプロジェクト計画を考えるポジションにつく、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャの方にはオススメの内容です!

では、どんな内容だったのかレポートします!

 

想定している受講者

  • システム開発に携わったことがある方

 

受講目標

  • WBSがつくれる、工数見積りができる

 

講師紹介

テック系だけでなくマネジメント系でも登壇できる 大石 宏一さん が登壇されました。

 

略歴紹介とともに、日本の開発モデルに関して小話されました。

 

  • 日本だけが圧倒的なウォーターフォール主義
    • 欧米ではアジャイルが増えているというのに
  • 契約書からそうなっている
    • 何をいくらでいつまでに作る、という契約
    • 課題解決に向いてない
      • 欧米ではインハウスでエンジニアがいる
  • 一応日本でも総務省が頑張って情シスの人口を増やそうとしている

 

なかなか契約スタイルは変わりませんが、とはいえ時間契約にしても、いつまでに開発できるのか、というのがアジャイルでは見積もりにくい、というのも大きな背景にあります。 難しいところですね。

 

今日の狙い

  • 主にはWBSとガントチャート
  • WBSをうまく作るというより、システム開発を成功させるという視点でお話します

 

圧倒的なウォーターフォール

 

  • 96%がウォーターフォール
    • 計画重視型
    • 計画を作る上で必要になるのがWBS
    • ウォーターフォールは計画でミスできない構造
      • 夏休みの宿題すら計画的にできないのに?
      • 計画するのは難しいのです。。
    • WBSが開発に役立っていない
      • プロジェクトマネージャだけのツールになっている

 

なぜWBSが必要なの?

では、WBSやめればよいのでは?

  • WBSが無い世界
    • 何からやるのか見えない
    • 誰がやるのかわからない
    • スケジュールが見えない
    • などなど

 

やっぱりWBS必要ですね。

 

WBSとは?

  • 現場ではツリー構造を見ることはないでしょう
    • なぜならガントチャートになってるから
  • ただツリー構造を見ると 100% ルール が見える
    • 100% ルール
      • 分解したら子要素を足すと親ノードが100%になる
      • 分解しっぱなしではなく、検算しましょう
      • 検算するときレベル別に横串で見るとヌケモレに気付きやすいです
    • 親ノードから数えて 7段階までしか分解してはいけない
      • 超えると失敗可能性が高い
      • 7段階を超えると、多段階リリースなどでプロジェクトを分けるとよいです
  • 要件定義後に再見積もりしましょう
    • 営業が契約しているので、モレがあることが多いです
    • 契約のときに必ずこの条項を入れましょう
    • 普通のことなので、何ら恐れる必要はありません

 

要件定義後で再見積もりするのは、ちょっと意外でしたが、当たり前なんですね。確かに、精度の悪い見積もりのままではお互い不幸になってしまいます。

 

7 × 7 ルール

 

  • 個人的には 10 × 6 ルールを使っている
  • ウォーターフォールではレベル2がフェーズ
    • 基本設計、詳細設計、実装、テストなど
  • フェーズを高次元にしておくと、子要素を展開しやすいです
  • タスク完了の成果物を書いておきましょう

 

目的と目標

目的と目標は違うんですね。

  • 目的: 的、ゴール
  • 目標: チェックポイント
  • 計画: 目標を繋いでゴールにする

 

目標の立て方

目標の立て方にはいっぱいありますが、SMARTというオススメの方法を教えていただきました。

 

日本人にはA、Rがとても重要。ちゃんと背景を説明して、納得してもらいましょう。欧米では実はあんまり関係ない。。。

 

計画の立て方

  • 無理、無駄、ムラを排除しましょう
    • ただ、日本のプロジェクトでは無駄、ムラはあんまり発生しない
    • 無理が一番多い

 

WBSでチーム演習 !!!

ここからは実際にある仮想の開発プロジェクトをもとに、実際にWBSを作ってみます。

 

セミナー会社のwebシステムが題材

 

  • データ移行はなし
  • 基本設計以降からプロジェクト開始
  • 各フェーズでお客様が捺印して承認

 

4名1グループでWBSを書いてみました。

 

回答例と質問応答

大石さんから回答例を挙げてもらって質問応答に移りました。下はその回答例の一部です。

 

Q. 末端のノードのサイズはどれぐらいがよい?

A. それはこれからやります!

 

WBSのサイズと工数見積

ここからはWBSの分解レベルと漏れがちなところ解説いただきました。

 

8/80 ルール

  • 末端ノードのサイズ
  • 8時間 ~ 40時間
    • 8時間未満はキリが無くなる
    • 80時間を超えると、途端に人間は精度が悪くなるので、分解しましょう
  • 複数人で見積もりしましょう

 

不確実性のコーン

 

  • x軸が時間
  • プロジェクト初期では誤差が16倍あります
    • なので要件定義後に再見積もりするというのは理にかなっている
  • 複数人で見積もりすると、精度が上がります

ちなみに、この不確実性を減らすために、どんどんやって学習していく、というスタイルがアジャイルですね。

 

ガントチャートに品質を盛り込む

  • 45%~80%が上流にバグがある
  • 40~60%が手戻り工数
    • 以上はIBMが発表
  • ちゃんと上流でレビューをタスクに入れましょう
  • バグをテストで取ろうとするのでは遅い

 

受講者の中にもレビューを入れて、後半の開発時間がうなぎのぼりにならない方がいました。

 

誰が工数見積をするのか

実際に大石さんが会場で誰が見積もりするのかアンケートを取ってみました。そうするとPM、メンバーそれぞれ約半数ずつという結果でした。どちらもやるべきということですね。

  • PMがやる
    • 初期フェーズで計画できる
    • 現実的ではない
  • メンバーがやる
    • スケジュールが立たない
    • 現実的になる
  • PMがWBSを悲観的に作って、メンバーが作ったものとで差分比較する
    • PMの見積より多ければ確認しましょう

 

体制

 

  • 成果物を作ることがプロジェクトを前に進める // 会議ではない
    • 作る人が100%専念できるよう、PM・PLが立ち回る
    • PMはメンバーと一緒に走るのではなく先を見ておきましょう

 

見積の単位

 

1日8時間ではなく6時間で計算しましょう

 

ガントチャートを運用する

計画したらそれで終わりでなく、ちゃんとチェックしようというお話です。

 

WBS の見直すときの注意

  • 計画は計画通りにいきません
  • ヌケモレがあれば、スグに反映しましょう
    • スナップショットを取るとよいです
  • 100%ルール / 7×7 / 8/80ルール とかチェック
  • 余裕があれば検算しましょう

 

この運用方法を解説頂いたあと最後の質問コーナーに移ったので、私も質問してみました。

 

Q. ガントチャートだけではクリティカルパスが分かりませんが、どうするとよいのでしょうか?

A. クリティカルパス。。情報処理技術者試験ではよく出題されますが、現場では見たことがありません。

 

なるほどー、と一人合点しながら、このコースは終了しました。

 

まとめ

WBSの分解するときのルールだけでなく、要件定義後に再見積もりなどプロジェクト計画で失敗しがちなところも解説いただきました。

伺っていて、超計画的ということは、極端に失敗することを嫌う、という意識の現れかも知れません。AIの開発プロジェクトがなかなか立ち上がらないというニュースも、このあたりが背景にあるのかも知れません。

とはいえ、メンバーが開発を進めないことにはプロジェクトが終わらない、なので100%集中できる環境を作ろうというメッセージは、当たり前なんですが、忘れがちなことに気づけました。

プロジェクトリーダーやマネジメントに近い将来携わるかたにはとてもオススメのコースです!!

 

 

無料見学、資料請求などお問い合わせはこちらから!!

SEカレッジについて

SEカレッジを詳しく知りたいという方はこちら!!

特集・キャンペーン

よくある質問集

タグ一覧

参加してみた研修参加レポートJavaセキュリティプロジェクトマネジメント基本情報技術者Linux基礎Pythonプログラミングオブジェクト指向コミュニケーションプログラミング基礎AISQL基礎ネットワークマネジメントヒューマンスキルJavaScriptテーブル設計ソフトウェアテストデータベースファイアウォールビジネスマナー資格ビジネス文書C# 基礎SQL応用エンジニア仮想化技術IoTPMBOK®jQueryパケット解析アルゴリズムネットワーク入門RDBMSLinux応用トレンドDockerデータベース設計障害対応情報処理資格教育研修担当者向けコーチングデータベース基礎プレゼンテーションコンテナ問題解決技法データサイエンステスト自動化ロジカルシンキングデザインパターンシェルスクリプトER図PマークCCNALAN構築要求定義マルチスレッドプログラミングIT研修制度を聞いてみたJavaプログラミング応用Raspberry Piインフラ実機演習新人研修Javaプログラミング基礎SEカレッジ導入事例アジャイルOSPFSQLインジェクションVLAN財務リファクタリングHTML/CSSアンガーマネジメント工数見積ロジカルライティング新人育成JavaScript基礎単体テスト簿記ITILActive Directory経営改善エンゲージメントマネジメントロジカルコミュニケーションUI/UXTCP/IPインフラエンジニアJavaEEDeep LearningIT基礎プログラミング入門サイバー攻撃CentOSWBSベンダーコントロールC# 応用データサイエンティストデータベースセキュリティネットワーク構築応用情報技術者非エンジニア向けクラウド物理設計(データベース)LVSプロジェクト管理機械学習パフォーマンスチューニングModern JavaScript品質管理GoFZabbix次世代高度IT人材冗長化ソフトウェアテスト基礎試験対策セキュリティ入門プロジェクトマネージャWebアプリケーション開発スクラムPython入門関数型プログラミングITパスポート統計学データベース応用Cisco業務効率化会社の仕組みDBA中級要件定義マーケティング正規化理論内定者研修サーバー構築クリティカル・シンキングVPNプロトコルテストケースAWSインデックス設計図解術見える化データベース障害法律知識UX情報セキュリティマネジメントOS・システム基盤MVC基礎ロードバランサーPMOPHPインターネットルーティング応用CSS3テスト手法CentOS7BGPITサービスマネジメントプロジェクト失敗事例IPアドレスインタビュー技法セルフマネジメントJunit塗り絵会社規模49名までExcel仮想通過IPAルーティングPDCA会社規模199名までIT人材トラブルシューティングHTTP/2.0Vue.js片付け術HTTPOSI参照モデルWindowsサーバー基礎犯罪心理学リスク管理Linux入門プロダクトマネージャ会社規模99名までUICCENT表計算ソフトフレームワーク情報漏えいMachine Learning決断力自己分析法改定HTML5インターネットルーティング基礎Wireshark営業知識Go言語 (golang)LAMP環境失敗から学ぶ継続的インテグレーション(CI)RIPタイムマネジメントビルドツール会話術数字力基本設計アセンブラWindowsサーバー応用DNSOpenStackつながる工場パケットキャプチャ負荷分散ネットワーク管理共創CloudデータマイニングPMP®スタティックルートGO言語テスト技法FinTechインフラ監視Bootstrapコンピュータ基礎chefOJTシンギュラリティモチベーション労働関連法Infrastructure as Code業務知識/業界知識管理職研修概念設計(データベース)栄養学プロジェクト計画バッファオーバーフロープロダクトマネジメント冗長化入門Laravel微分・積分コンピュータ数学Node.jsWebSocketC-CENTチームビルディングリーダーシップアプリ開発IT資格基本コマンド新人教育DoS攻撃モダンJS (Modern JavaScript) 基礎並列処理財務会計システム設計財務諸表サーバーダウンnpmChainer開発環境構築WebWorkerSelenide内部設計見積手法ネゴシエーション情報システム部門向けHaskellスクリプト言語ウォーターフォールモデルやり直し数学リスクコントロールシステム開発サーバサイドJavaPDU継続的インテグレーション (CI)サーバーgulpフロントエンドAI人材プライベートクラウドビジネスインダストリ目標設定4Bizリーダブルコードソフトウェアテスト応用プロジェクトリーダーRDB超上流工程Microsoft Azure

過去の記事