close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 JUnit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud 栄養学 基本コマンド ウォーターフォールモデル ヘルスケア 論理設計 ニューラルネットワーク ハンズオン UML 顧客ヒアリング マウスで学ぶ Apache EC2 Lightsail M5Stack DevSecOps プロジェクト成果 画像認識 チャットポット コマンド レビュー 基本用語 自動構築 LPIC-1 サーバーサイドJavascript キャリア形成 ワークライフバランス インバスケット テック用語 GitHub Windows エディタ 教養 令和時代 RESTful API 物理設計 会社規模300名以上 データモデリング サーバーサイドJava Webサーバー基礎 Webサーバー応用 Watson IBMWatson Learning Topics OS モバイル コンテスト トレーニング手法 アーキテクチャ 人材モデル インフラ CI/CD Infrastructure as a Code チーム開発 制度づくり Special_Intro AI市場分析 研修ロードマップ 仕事術 デジタルトランスフォーメーション 財務分析手法 情報整理 PowerPoint 新しい研修 オンライン研修 見どころ紹介 統計分析 ディープラーニング G検定 情報処理技術者試験 販売管理 C# テスト計画 Linuxサーバー WEBサーバ構築 http/2 Postfix イーサリアム プロジェクト・メンバ 正規化 パケット実験 作業分解 トラブル調査 ネットワーク設計 Windows server 2016 ネットワーク機器 DX 管理職 最新動向 ポストコロナ時代 IoTデバイス マイコンボード センサ サーバー仮想化 仮想ルータ WAN インターネットVPN 若手エンジニア ITプロジェクト 人事面談 DX人材育成 Java基礎 ZAP 脆弱性診断 NWサービス構築 イノベーション・マネジメント ネットワークセキュリティ ストレッチ

アルゴリズム再入門 研修コースに参加してみた


2020-05-12 更新

今回の研修参加レポートは ↓ です。

アルゴリズム再入門

はじめてプログラミングを学ぶ方には、アルゴリズムは苦手意識を持ちやすい分野ですが、今回のコースではとにかく苦手意識を持たないよう工夫が凝らされたコースでした!!

また、ここまで出来るようになればアルゴリズムの基礎はおしまい、というところを最後に紹介頂いたので、とても見通しが良くなりました!

アルゴリズムに苦手意識を持ってしまった方はもちろん、アルゴリズムをはじめて学ぶ方にもとてもオススメのコースです!

では、どんな内容だったのかレポートします!

 

受講前提

特になし

 

受講目標

  • フローチャートを描ける
  • フローチャートを読める
  • 代表的なアルゴリズムとデータ構造を理解できる
  • 文書で与えられた問題をフローチャートに置き換えられる

 

講師紹介

講師はお馴染みの 矢沢 久雄 さんです。
お馴染みの「オヤジギャグにリアクションしてね」という つかみ でアイスブレイクしてスタートです。

 

皆さんの自己紹介

  • Q. プログラミングの経験
    • はじめても、少しだけも、それなりに、という方も均等にいらっしゃいました。
  • Q. フローチャートを書いたことありますか?
    • 少しだけという方が心持ち多かったです。
  • Q. ユーグリッド互除法って知ってますか?
    • あまり知らないという方が多かったです。

 

アルゴリズムとは?

まず冒頭から、矢沢さんから不安を解消するような話をされました。

「先輩たちがアルゴリズムを考えられるのは、知識や才能がある からではありません。やったことがあるから分かるのです。

確かにそうですね。料理の手順などはじめからわかる訳ではなく、マネをしてみてやったことがあるから分かるものです。これだけでも初めから苦手に思う必要はないというのが伝わりました。

続いて、ウォーミングアップとして、コンピュータアルゴリズムとは違った「手順」を考える問題に取り組みました。

この問題を通じて、アルゴリズムを考えるコツを教えてもらいました。

 

  • 1回でやろうとするのではなく、コツコツ繰り返す
  • ステップごとに出来ること、出来る処理を考える (この場合、汲む、移す、捨てるしかない)
  • 答えを急ぐのではなく、1回ステップを考えたら休憩して眺める (植木職人は何かのアクション毎に出来映えをみてお茶を飲む)
  • 処理が終わるたびに値が変わるので、それに注目する
  • 手順を減らしたほうが早い = 手順を減らせるように考える (今回は3Lから始めると8回だけど5Lから始めると回数を減らせる)
  • スグには出来るようにならないので、毎日やることがコツ

 

[宣伝: 矢沢久雄さん著の計算ドリルのように毎日やるアルゴリズムドリル]

アルゴリズムドリル

 

というわけで、各自で ↓ を考えてみました。(ご覧の皆さまもやってみましょう)

 

コンピュータのアルゴリズム

ここからはコンピュータアルゴリズム独特の話に移ります。

まず、どこまで知っておくと良いのかというお話で、基本情報技術者のレベルであれば、 たった10個を覚えるだけで良い のことです。

このコースでは、まずこの10個をやってみましょう。

 

コンピュータアルゴリズムのノリ

出てきました有名なやつです。
が、矢沢さんから衝撃の一言、「この3つ実用的なモノではないんです。あくまで、 コンピュータアルゴリズムのノリを掴む ことが重要なんです」

基本情報技術者の本を見るたび、これ何に使うんだろうなぁと毎回思ってました。。

コンピュータアルゴリズムのノリとは

 

  1. ユーグリッドの互除法 => 人間の勘ではなく明確な手順が必要
  2. 素数の判定 => 愚直に順番に割るしか無いけど、 コンピュータなら何万回でも出来る
    • ただし、 何万回もしないよう工夫はしよう
  3. うるう年の判定 => 世の中のルールもアルゴリズム (聞いていると、法律もアルゴリズムなのかも知れません)

 

とのことでした。

 

フローチャートの描き方

「描き方そのものにはあまり学習する必要はありません。」
なるほど。。この図の5つの記号と3つの処理がわかれば良くて、アルゴリズムをフローチャートを使って、どうやって現せるのかのほうが重要とのことでした。

プログラムで表現できるのはこの、順次、分岐、繰り返し、3つしかないんです。

というわけで、フローチャートの描き方、以上!

 

実用的なアルゴリズム

ここからは残り7個のアルゴリズム、ノリではなく実際に使うアルゴリズムを紹介していただきました。

 

ソート

ここでポイントなのが、 ソートをトランプでやったこと でした。これはフローチャートやソースコードを見るより、直感的でとてもわかり易いものでした!

なお、ソートのアルゴリズムはデータベースの中の仕組みでも使われていますね!

 

サーチ

ここでもトランプを使いながらサーチを体験しました。

また計算量についてもお話があり、場合によって1回目で検索できたりするので、その比較は最大処理回数で比べるとのことでした。

ということで10個のアルゴリズムを体験できました!!

 

データ構造

10個のアルゴリズムを紹介し終わったところで、どのようにデータを置いておくとサーチなどがしやすくなるのか、データ構造のお話を補足的にいただきました。

 

最後に

まとめとして、矢沢さんの駆け出しのときのアルゴリズムの失敗談を紹介いただき、改めて、

「アルゴリズムはわからないのではなく、やったことが無いだけ」

このことを強調されました。何となくわかりにくそう、こんなの思いつかない、のように思うのではなく、今日のようにトランプでもなんでもやってみることが大事なのですね。

 

 

そして最後に、ここまで出来るとアルゴリズムの基礎は終了です! ということでバブルソートの演習をして、コースは修了しました!!

 

まとめ

アルゴリズム再入門ということで、10個のアルゴリズムとデータ構造を体験・演習しながら学べる内容でした。

また何より、マネしてやってみること、考えるコツなど様々に苦手意識を持たせず、できるかも楽しいかもと思えるよう工夫された内容でした!!

新人の方やプログラミングがはじめてということ方、アルゴリズムちょっと苦手だなぁと思う方には、オススメのコースです!

 

 


SEカレッジが気になった方はこちらからお気軽にお問合わせ下さい!

お問い合わせフォーム

SEカレッジの詳細をご覧になりたい方はこちら!!

SEカレッジ

午前免除 FAQ

タグ一覧