close
プログラミング クラウド Microsoft Azure 情報処理資格 基本情報技術者 IT基礎 応用情報技術者 開発・設計方法 オブジェクト指向 内定者・新人研修 プログラミング基礎 アルゴリズム コンピュータ数学 内定者研修 新人研修 ヒューマンスキル プロジェクトマネジメント プレゼンテーション リーダーシップ 組織マネジメント ネゴシエーション ロジカルシンキング Java UI/UX HTTP JavaScript基礎 情報処理資格 ネットワークスペシャリスト ネットワーク インターネットルーティング応用 IPアドレス データベース応用 SQL応用 パフォーマンスチューニング データベース設計 ER図 概念設計(データベース) 論理設計(データベース) IT資格 Linux基礎 OS・システム基盤 セキュリティ TCP/IP OSI参照モデル データベースセキュリティ ファイアウォール 標的型攻撃 SQLインジェクション ネットワーク基本設計 CCNA Cisco プロジェクトマネジメント資格 情報処理資格プロジェクトマネージャ 情報処理安全確保支援士 人事給与 財務会計 管理会計 簿記 生産管理 在庫管理 ERP バランススコアカード 情報処理資格 ITアーキテクト 情報処理資格 ITストラテジスト 情報処理資格 ITサービスマネジメント 情報処理資格 システム監査 PMBOK® PMP® プロジェクト計画 WBS リスクコントロール ITIL ITサービスマネジメント 要求定義 要件定義 見積手法 ビジネスインダストリ 業種・業界知識 業務知識 提案力 ソフトウェアテスト基礎 情報処理資格 データベーススペシャリスト ハードウェア基礎 外部設計(基本設計) 内部設計(詳細設計) データベース基礎 SQL基礎 RDBMS 物理設計(データベース) C++ Ruby MVC基礎 Webアプリケーション開発 JavaEE Javaプログラミング応用 フレームワーク MVC応用 Spring フレームワーク ソフトウェアテスト応用 テスト手法 Junit スマートフォンアプリ開発 Androidアプリ開発 C# 基礎 C# 応用 負荷テスト Javaプログラミング基礎 ソフトウェアテスト コーチング メンタリング HTML/CSS サーバー構築 仮想化技術 KVS (NoSQL) アジャイル スクラム ファシリテーション C言語 ITパスポート JSTQB データサイエンス 単体テスト ユニットテスト キャリアアップ インターネットルーティング基礎 パケット解析 LAN構築 データベース データサイエンティスト トレンド 障害対応 インフラ監視 HTTP/2.0 コンピュータサイエンス VPN ネットワーク物理設計 データベース障害 JavaScript モダンJS (Modern JavaScript) 応用 MVS応用 バックアップ/リカバリ 分散処理 Hadoop Hive Python AI 深層学習(DeepLearning) CentOS Linux応用 Zabbix シェルスクリプト Infrastructure as Code Windowsサーバー基礎 内部設計 Docker DevOps Windowsサーバー応用 NginX chef Ainsible ロジカルライティング R テスト自動化 Jenkins Git 継続的インテグレーション (CI) バージョン管理 Vagrant 要求分析 Redmine 継続的インテグレーション(CI) 継続的デリバリー (CD) ヒューマンリソース管理 Web API マイクロサービス コミュニケーション 業務知識/業界知識 マーケティング 語学 AWS 法務 IoT ビジネスマナー OJT 業務効率化 表計算ソフト オフィスソフト コンプライアンス フロントエンド Subversion PHP 関数型プログラミング Laravel モダンJS (Modern JavaScript) 基礎 Android Studio 機械学習 iOSアプリ開発 ぷプログラミング React 次世代高度IT人材 共創 IPA Raspberry Pi Xamarin スクリプト言語 GoF CUI VBA 資格 ビジネス文書 jQuery 研修参加レポート マネジメント OSPF テーブル設計 アンガーマネジメント クリティカル・シンキング PDU 経営改善 Pマーク 問題解決技法 サイバー攻撃 エンジニア 参加してみた エンゲージメントマネジメント 労働関連法 新人育成 ネットワーク構築 情報セキュリティマネジメント デザインパターン リファクタリング マルチスレッドプログラミング ベンダーコントロール Modern JavaScript 冗長化 VLAN インフラエンジニア チームビルディング テストケース リーダブルコード セキュリティ入門 ネットワーク入門 Node.js npm gulp ビルドツール Python入門 冗長化入門 インフラ実機演習 プロジェクト管理 Active Directory ネットワーク管理 コンテナ 正規化理論 Haskell 品質管理 OpenStack シンギュラリティ DBA中級 プロトコル UX 基本設計 FinTech トラブルシューティング 並列処理 見える化 PMO ロジカルコミュニケーション Deep Learning インデックス設計 超上流工程 BGP Excel C-CENT Selenide プライベートクラウド アセンブラ コンピュータ基礎 工数見積 CCENT 法律知識 失敗から学ぶ プロジェクト失敗事例 PDCA プログラミング入門 非エンジニア向け 4Biz DNS セルフマネジメント 片付け術 サーバーダウン サーバー タイムマネジメント GO言語 プロダクトマネジメント プロダクトマネージャ LVS ロードバランサー 負荷分散 仮想通過 犯罪心理学 情報漏えい SEカレッジ導入事例 IT研修を聞いてみた 会社規模 (100~300名) IT研修制度を聞いてみた CentOS7 開発環境構築 数字力 財務 IT人材 UI Machine Learning Go言語 (golang) データマイニング 統計学 新人教育 やり直し数学 RDB つながる工場 モチベーション WebSocket WebWorker HTML5 CSS3 Bootstrap 微分・積分 システム設計 決断力 LAMP環境 トレ担 教育研修担当者向け ルーティング Linux入門 図解術 目標設定 試験対策 インタビュー技法 Vue.js ブロックチェーン 会社規模 (~50名) DHCP 仕掛け学 BSC 財務諸表 自己分析 RIP スタティックルート バッファオーバーフロー DoS攻撃 システム開発 会社規模 (~99名) Wireshark パケットキャプチャ 管理職研修 部下育成 ワークあり 文章力 情報システム部門向け プロジェクトリーダー プロジェクトマネージャ 塗り絵 リスク管理 法改定 会社の仕組み Chainer AI人材 会話術 会社規模 (~25名) テスト技法 組織規模 51名~99名 組織規模:~199名 [組織規模]199名まで 組織規模 199名まで 組織規模199名まで 会社規模199名まで 会社規模49名まで 会社規模99名まで アプリ開発 サーバサイドJava 営業知識 Cloud

いまさら聞けない IoT基本のキ 研修コースに参加してみた

今回参加した研修コースは いまさら聞けない IoT基本のキ です。

IoTというとイメージするものは何でしょうか? センサー? ロボット? ビッグデータ? AI?
バズワードはときに様々にバイアスを掛けてしまいます。

今回のコースは “IoT” というバズワードに対する様々なイメージや考え、期待を解きほぐし、ビジネスの観点、技術の観点、どちらからも整理できたコースでした。

また、IoTはまだPoC (Proof of Concept: 実証段階) フェーズを出ず、その段階でどのようにビジネスや開発を始めるのか、講師からのアドバイスもありました。

参加された方の事前アンケートでも 「お客様がIoTに興味がある」「IoTとは何か説明できるようになっておきたい」といったニーズが高く、そういった方には今回の内容はふさわしいものでした。

では、その内容をレポートします。

 

講師紹介

 

講師は 久保 幸夫 さんです。
情報処理技術者試験対策などの講師を務められているほか、書籍やマイコン、電子工作、ネットワークの雑誌で執筆されています。

 

コース内容

 

今日のコースの内容を以下の通り、紹介いただきました。

 

  • 人によって様々なものを “IoT” と捉えているので、まずその解説
  • IoTで扱う技術の範囲とその技術者の育成について

 

これを通じて、IoTの全体像を掴んでほしい、というのがコースの狙いでした。

 

IoTを分類する

IoTとは?

 

冒頭にも記載したとおり、”IoT” そのものの定義は曖昧であり、人によって捉え方が様々です。
デバイス屋や、ネットワーク屋、データ屋、様々に “売りたいIoT” が違うので、話を聞く側にもバイアスが掛かってしまいます。

また、成功した海外事例は話半分に聞くほうがよく、成功の主な要因がIoT導入ではなく、単純にIT化できたからという背景もあります。

 

 

では、IoTとは何かと言うと、昔から組み込みや制御に使われている M2M (Machine 2 Machine) がベースとなっています。

M2Mの時代は独自のプロトコルで工場内など特定範囲の機械を繋いでいたのが、IoTではインターネット (TCP/IPやHTTPなど) などのオープンな通信プロトコルを採用することで、繋がる機械の範囲が圧倒的に広がり、それによってデータが大規模に収集できるようになりました。

 

IoTの分類の仕方

 

 

では、人によってバイアスが掛かってしまう中、どのようにIoTを “分類” するとよいか、久保さんから色々な切り口を紹介いただきました。

 

  • 要素技術で分類する
  • 業界で分類する
  • 規模で分類する

 

例えば、電力という業界であれば、スマートグリッド、スマートハウスなどのシステムが話題になり、製造業であれば「つながる工場」「第4次産業革命」などの用語が飛び交います。
予め、用語や技術を “業界” で分類できていると、お客様や会話する相手が指すものを理解しやすくなります。

なお、よくIoTの事例として紹介されることが多い KOMTRAX (コマツ社の建設重機遠隔管理システム)みまもりほっとライン(iポット誕生秘話) は長い年月の取り組みによって実現できたので、IoTを使っても一朝一夕で成果が出る訳ではありません。

 

 

また “規模” の観点で分類することで、例えば、お客様が考えているIoTが、現実的に改善・解決してほしいことなのか、夢物語を話しているのか、それにより取り組み方を変えられます。

お客様に合わせたIoTを考える “身の丈IoT” によって、成熟度を上げていくことが重要です。

 

IoTの技術要素

IoTの3つの階層

これまでは特にビジネスの観点からの “IoT” でしたが、今度は “技術” の観点からIoTを分類します。

 

 

IoT (Internet of Things) の技術は、

 

  • ネット (Internet) やクラウド
  • 通信 Things と Internet を繋ぐもの
  • モノ (Things) 側

 

この3つの階層に分類できます。
IoTに関する技術用語や製品が出てきたときは、どの階層の問題を解決するのか考えてみると理解しやすくなります。

 

IoTの通信プロトコル

M2MとIoTの違いでも触れましたが、大きく変わったのはオープンなプロトコルを使うことが従来と違う点です。
ここでは、IoTで使われるプロトコルを紹介します。

 

 

TCP/IP や HTTP 1.0/2.0 といったインターネットのプロトコルを使うとありましたが、それでは問題があります。

実はIoTのデータは、データ量が小さいことが多いため、HTTPなどの標準的なプロトコルではオーバーヘッド(必要なデータ以外の付随するデータ)が大きくなりがちです。

データの量が多いと、パケット通信などの通信コストの増大や消費電力が多くなることから電池の寿命が短くなるなど問題が発生します。

このため、以下のような軽量(仕組みが簡単な)IoT向きのプロトコルが注目されています。

 

  • MQTT: IBMが開発したものでデータ量が少ない通信に適している
  • CoAP: UDPを組み合わせている

 

また、無線通信でも一般的なWiFi(無線LAN)やBluetoothに加え、以下のような IoT向きの無線が使用されています。

 

  • BLE:Bluetoothの省電力版
  • ZigBee: IoT向け無線プロトコル

 

さらに、最近では、これらの通信に加え、「省電力で長持ちでワイドエリア」に伝送できるLPWA (Low Power Wide Area network) という通信が注目されています。

これらにはLoraやSigfox、NB-IoTなどの種類がありますが、中でもフランスの Sigfox が世界的に構築しているLPWAネットワークが注目されています。

Sigfoxは、伝送速度が100bpsと非常に遅く、1回のデータ長は12バイト、1日当たりの通信回数も上りは140回、下りの場合は4回という厳しい制限がありますが、その分コストが安いのが特長で、ルイ・ヴィトンの鞄の追跡サービスのインフラに採用したことで話題になりました。

 

モノ Things について

続いて、モノのお話です。エッジとも言われます。
このモノにはセンサー、デバイス、電子回路基板など様々にあります。

この中でも、IoTのプロトタイプ作成やトレーニング用に注目されているのが、RaspberryPiやArduinoといった小型のマイコン電子回路基板です。

Arduinoのプロセッサは、8ビットの組込み制御マイコンですので、性能は低いですがハードウェアの拡張性が高いので、デジタルやアナログの数多くのセンサーなどを接続できる特徴があります。

またRaspberryPiは、Lunix系のOSが動作する小型コンピュータで、LANやWiFiを搭載しており、インターネットに簡単に接続できる特徴があります。

これらは値段も安いため、これらを活用してIoTの試作品 (プロトタイプ) を作ることが幅広くおこなわれています。これらの試作品を評価し、その反響や使用シーンを見ながら改良を行い、IoTシステムやサービスへ展開するケースが出ています。

なお、小規模なシステムではRaspberryPiなどをそのまま実システムとする場合もありますが、大量生産が必要な場合は、専用のハードウェアを製作することになります。

 

IoTで必要な技術を身につけるには

技術の階層がわかったところで、次はその技術をどう身につけるのか、というお話です。

 

 

理想的にはすべての階層がわかって開発できる、フルスタックエンジニアですが、、そんな方は 「まず」いません。

このためIoTの開発プロジェクトでは、他の専門技術者や企業と一緒に開発することになります。

このため、IoTを開発できる技術者ではなく、ジェネラルな知識とスキルで “IoTに対応できる技術者” を目指すことが現実的です。

そこで重要になるのが、「IoTの全体像を把握している」かつ「他の階層の技術者とコミュニケーションが取れる」、この2つです。

このコミュニケーションという点では、例えば “リアルタイム” という言葉の感覚値は組み込み技術者と、Webなどの技術者とでは全く違います。

また、全体を知る体験するには、本やセミナーに加えて、電子工作などのハンズオンのセミナーに参加してみることをお薦めいただきました。

 

特にIoTの場合、デバイスが置かれている環境や気象条件によって動きが変わってしまうので、プロトタイピングがとても重要になります。

あわせてIoTの開発では先程のRaspberry Piなどを使ったプロトタイプから量産品を開発したように、プロトタイピングからはじめて、ブラッシュアップしながら完成品を作るアジャイルな開発の進め方がマッチします。

 

IoT開発特有のセキュリティ

また最後にセキュリティについても解説がありました。
先程の技術同様、セキュリティについてもフルスタックに対応する必要があります。

あわせてIoTならではの盲点として、最近、普及が進んでいる監視用IPカメラの例を挙げていただきました。

 

 

IPカメラは、ビルや施設の「安心・安全」のために設置されています。
最近では、クラウドサービスを活用した監視システムのソリューションも増えていますが、セキュアなクラウドサービスや暗号化されたVPN(仮想通信網)を使用して、セキュリティに注意していても、カメラの取り付け方法が悪いと、セキュリティの盲点になる可能性があります。

特にレイヤが低い物理的なセキュリティ対策が遅れていて、いくらクラウドやネットワークなど上位レイヤをセキュアにしても、物理的なセキュリティが甘いと、上位レイヤのセキュリティ対策は意味が無くなってしまいます。

また久保さんが強調されていたのが、

「セキュリティは、一番低いレベルにそろう」

ことで、ここでも全体視野を保つことが重要で、一例として下記のようにマトリックスにして洗い出すことを挙げていただきました

 

 

また、その他IPAから “IoT開発におけるセキュリティ設計の手引き” が公開されていますので、そういったものも参考にすると視野が広がります。

久保さんから締めとして、セキュリティ面でも徐々に完成度を高める方法がよく、IoTの開発全般を通じて、クラウドやビックデータの解析技術、通信プロトコルや対応製品の移り変わりは早く、最初から完全なものを目指すのではなく、プロトタイピングからはじめて、PDCAを廻して完成度を上げることが重要とまとめていただきました。

 

まとめ

IoTというバズワードをビジネス、技術両面から解説いただきました。

ビジネス面ではIoTといってもお客様にも何を求めていて、お客様がどのようなフェーズにあるのか、身の丈にあったIoTを目指すことが重要だというのがわかりました。

技術面では階層が分かれていて、フルスタックに出来るというより、ジェネラルに対応できる技術者が必要で、それにはプロトタイピングを体験するのが一番だということでした。

まだIoTで成功したという国内事例も長年取り組んだ成果であって、まだ試作・実証を進めながら開発を進める段階のため、プロトタイプを開発しながらお客様と一緒に開発するという体制が必要でした。

久保さんにも質問したのですが、現在の人月での契約では成果が出しにくく、また違った契約方法も求められています。

IoTが日常に溶け込むにはまだ幾つかブレイクスルーが必要に感じられましたが、一方で 前述のSigfox社は2012年にLPWAネットワークをローンチしてから急成長しています。また日本でもIoT向けSIMをはじめとしたエコシステムを構築したSORACOM社(2014年11月設立)は200億でKDDIが買収したと報じられています。

急成長している市場だけに、問題は山のようにありますが、それだけに問題解決できることも多いにあると感じられたコースでした。

久保さん、ありがとうございました。

 

 


SEカレッジが気になった方はこちらからお気軽にお問合わせ下さい!

お問い合わせフォーム

SEカレッジの詳細をご覧になりたい方はこちら!!

SEカレッジ

特集・キャンペーン

よくある質問集

タグ一覧

参加してみた研修参加レポートセキュリティJava基本情報技術者プロジェクトマネジメントLinux基礎Pythonプログラミングオブジェクト指向コミュニケーションAISQL基礎プログラミング基礎テーブル設計マネジメントネットワークJavaScriptヒューマンスキルデータベースファイアウォールビジネス文書C# 基礎SQL応用エンジニア仮想化技術IoTソフトウェアテストビジネスマナー資格jQueryPMBOK®アルゴリズムネットワーク入門RDBMSLinux応用トレンドDockerパケット解析データベース基礎コーチング問題解決技法プレゼンテーションコンテナデータサイエンステスト自動化ロジカルシンキングデータベース設計障害対応情報処理資格教育研修担当者向けCCNA要求定義マルチスレッドプログラミングIT研修制度を聞いてみたJavaプログラミング応用Raspberry Piインフラ実機演習新人研修Javaプログラミング基礎SEカレッジ導入事例デザインパターンシェルスクリプトPマークER図財務リファクタリングLAN構築アンガーマネジメントロジカルライティングHTML/CSS新人育成JavaScript基礎単体テスト簿記ITILOSPFSQLインジェクションVLANTCP/IPUI/UXDeep LearningインフラエンジニアJavaEE工数見積IT基礎サイバー攻撃CentOSプログラミング入門ベンダーコントロールデータサイエンティストデータベースセキュリティネットワーク構築応用情報技術者C# 応用クラウド非エンジニア向けModern JavaScript物理設計(データベース)LVS機械学習パフォーマンスチューニングZabbix品質管理GoF経営改善Active DirectoryアジャイルエンゲージメントマネジメントロジカルコミュニケーションPython入門関数型プログラミング統計学ITパスポートCiscoデータベース応用要件定義業務効率化会社の仕組みDBA中級WBSマーケティング正規化理論クリティカル・シンキングVPN内定者研修サーバー構築インデックス設計図解術テストケースAWS見える化データベース障害法律知識プロジェクト管理UX情報セキュリティマネジメントOS・システム基盤冗長化次世代高度IT人材ソフトウェアテスト基礎試験対策セキュリティ入門プロジェクトマネージャWebアプリケーション開発スクラムIPアドレスExcelインタビュー技法セルフマネジメントJunit塗り絵会社規模49名までルーティングPDCA仮想通過IPA会社規模199名までIT人材HTTP/2.0OSI参照モデルWindowsサーバー基礎Vue.js片付け術HTTPLinux入門犯罪心理学会社規模99名までUICCENTプロダクトマネージャ表計算ソフトプロトコルフレームワーク情報漏えいMachine Learning決断力HTML5自己分析法改定インターネットルーティング基礎PMOMVC基礎ロードバランサーCSS3PHPインターネットルーティング応用BGPITサービスマネジメントテスト手法CentOS7プロジェクト失敗事例FinTechインフラ監視Bootstrapコンピュータ基礎chefスタティックルートGO言語テスト技法モチベーション労働関連法Infrastructure as CodeOJTシンギュラリティプロジェクト計画業務知識/業界知識管理職研修概念設計(データベース)トラブルシューティング微分・積分コンピュータ数学バッファオーバーフロープロダクトマネジメント冗長化入門LaravelWebSocketC-CENTNode.js新人教育リスク管理チームビルディングリーダーシップアプリ開発IT資格並列処理財務会計システム設計DoS攻撃モダンJS (Modern JavaScript) 基礎WebWorkerSelenide内部設計見積手法財務諸表サーバーダウンnpmChainer開発環境構築やり直し数学リスクコントロールネゴシエーション情報システム部門向けHaskellスクリプト言語サーバサイドJavaPDU継続的インテグレーション (CI)システム開発プライベートクラウドビジネスインダストリサーバーgulpフロントエンドAI人材RDB超上流工程Microsoft Azure目標設定4Bizリーダブルコードソフトウェアテスト応用プロジェクトリーダー営業知識Go言語 (golang)LAMP環境失敗から学ぶ継続的インテグレーション(CI)Wireshark基本設計アセンブラWindowsサーバー応用RIPタイムマネジメントビルドツール会話術数字力つながる工場DNSOpenStackCloudデータマイニングPMP®パケットキャプチャ負荷分散ネットワーク管理共創

過去の記事