午前免除制度とは

「午前試験免除制度」とは?

午前試験免除制度とは、IPAが認定したeラーニングや講座の修了者だけが「午前試験免除に係る修了試験」を受験できるという制度です。(通称:午前免除)

午前免除試験は各期の試験に対して最大2回開催され、どちらかに合格すれば、以降1年間の科目A(午前)試験が免除される仕組みです。

午前免除試験は、12月と1月と、6月と7月に開催されます。また、2023年4月以降の試験制度変更後も、科目A試験(午前試験)の免除申請が可能です。例えば、直近で2023年4月の試験で科目A試験(午前試験)を免除したい場合は、12月または1月の午前免除試験を受験し、どちらかに合格すれば本番試験では科目B試験(午後試験)のみ受験するだけでOK。

※「2023年4月以降の試験制度変更について、よくわからない...」という方は、まずこちらをご覧ください!

独習ゼミ
独習ゼミ2023年春向けコースは、
午前免除制度が活用できるeラーニングです(現在は1月免除試験に対応)
詳しくはこちら

午前免除制度を活用したいけど、どうすればいいの?

IPA認定のeラーニングや講座に申し込もう

午前免除制度を活用したい(午前免除試験を受験したい)場合は、IPAが認定しているeラーニング(認定講座)などに申し込む必要があります。eラーニング等に申し込んだ後は、学習を進めながら午前免除試験の受験条件を達成し、指定の午前免除試験を受験します。

午前免除試験の開催月・最大受験数・免除可能期間を確認しておこう

eラーニングなどを申し込む時に注意しておきたいのが、「受験できる免除試験の開催月はいつか」という点です。通常、ひとつのコースで受験できる午前免除試験の日程は、「12月または1月」か「6月または7月」のどちらかに予め決まっています。

また、ひとつのコースを申し込んだだけで最大2回受験できるのか、1回のみ対応なのかもチェックしておきましょう。

免除試験に合格したら、その後1年間は、本試験の科目A試験(午前試験)を免除できます。2023年4月以降の通年開催時も、免除期間中であればどのタイミングでも科目B試験(午後試験)のみ受験でOK。安心して本番試験に挑むことができます。

このサイトで申し込める独習ゼミでは、8月1日から2023年春向けコースの受付を開始し、12月・1月の免除試験を最大2回受験することができます。コースに申し込んだ場合は、午前免除が適用できるのは2023年4月の通年試験から。免除ができる期間と試験日程を確認して、間違いのないようにしておきましょう。
※独習ゼミで免除試験が2回受験できる申込期間は11/4 正午で終了いたしました。現在は1月試験を受験可能です。

午前免除資格を得るために、コースの学習条件と試験内容を理解しよう

午前免除試験を受験する前には、各コースが定めた学習条件の達成が必要になります。
例えば独習ゼミなら、

① (eラーニング上の)修了テストの合格
② 67時間以上の学習時間登録

この2つの条件を、午前免除試験の前日までに達成しておく必要があります。
もし達成していない状態で試験を受けて、合格点に達していても、免除資格は適用されません。

また、午前免除試験は現在、マークシート方式による会場試験が実施されています。開催会場は申し込むコースによって異なりますので、必ずご確認ください。

午前免除試験は本試験の現行の午前試験と同じく、全80問の四肢択一式となっており、合格ラインは正答率60%以上(48問以上正解)です。試験の出題分野は、本番と同じです。※2023年6月以降の免除試験では、60問の出題となります。

午前免除試験の傾向と対策を考えよう

午前免除試験の傾向や対策については、こちらをご確認ください

ここでは、午前免除制度と独習ゼミ(2023年春向けコース)を使った流れを解説します

このサイトからコースをお申込

※2023年試験向けコースお申込期限は12月8日正午まで

午前免除試験合格を目指して、
条件を達成しながら学習を進める

試験の前日までに2つの学習条件をクリアします。テキストや動画、webテストで試験までの学習を継続しましょう

午前免除試験を受験!

指定の試験会場に向かい、マークシート方式で受験します。
6割以上の正答率で合格です!

合格なら

その後1年間の科目A試験(午前試験)を免除
あとは科目B試験(午後試験)に合格するだけ!
不合格の場合でも、独習ゼミなら次回免除試験にチャレンジできる
再受験コースもご用意しています!

本試験の制度変更後も午前免除を活用すべき?
3つの活用メリット

通年試験でも、「1年間」以内で
科目A試験(午前試験)をずっと免除!

基本情報技術者試験の午前免除試験に合格すれば、合格した日からその後1年間の本試験で午前分野が免除されます。通年試験になった後でも、期間中であれば免除の申請回数に制限がないとされています。科目B試験が上手くいかなかった場合、次の受験時も科目A(午前)のことは考えなくてOK!

参考:https://www.jitec.ipa.go.jp/
1_80tokurei/_index_tokurei.html

新しい科目B試験に集中して学習できる

本番で科目A(午前)試験・科目B(午後)試験をどちらも受験するとなると、試験範囲も広く、学習しなければならないことも増えるため、対策に穴があきがちです。先に免除資格を獲得しておけば、本番試験までは科目B試験について集中して学習することが可能です。

免除試験は最大2回、
不合格でも科目A(午前)試験は受験可能

免除試験は本試験の前に最大2回開催されます。このどちらかに合格すれば免除可能ですが、例え不合格だったとしても本試験で科目A(午前)試験を受験することができます。はじめての受験で不安な方は、チャンスをとにかく増やす意味でも有効です。

※独習ゼミで免除試験が2回受験できる申込期間は11/4 正午で終了いたしました。現在は1月試験を受験可能です。

午前免除試験 詳細

日程

第2回試験:2023年1月22日(日)

試験時間

9:30~12:00(150分)

出題数

80問

出題様式

四肢択一式

試験範囲と難易度

基本情報技術者試験 午前分野相当

合格ライン

正答率60%以上 (80問中48問以上正答)

受験地(独習ゼミ利用の方)

札幌・仙台・東京・金沢・名古屋・大阪・広島・福岡

午前免除試験を受験するための修了条件

修了期日

第2回試験:2023年1月21日(土)まで

修了条件

独習ゼミ内で、以下の条件を期日までに達成すること

①修了テスト の合格
※科目A(午前)分野全範囲から出題、70%以上正答で合格

②67時間以上の学習時間登録
※IPAが定めた100項目の学習項目のうち、3分の2以上を学習している必要があります

※IPAの発表により変更になる可能性があります

出題傾向と対策方法

出題傾向

午前免除試験の出題範囲は、本番試験の出題範囲と変わりません。

これまでの傾向を調べると、過去の本試験で出題された問題が多く利用されています。実際にIPAで問題・解答が公表されていますので、確認をしてみましょう。
IPA:基本情報技術者試験(FE)の午前試験が免除される制度について
IPAの提供する修了試験の過去問題・解答

対策方法

上記の出題傾向を踏まえると、午前分野の知識をインプットしたら、「過去問」をとにかく解くという学習方法が効果的です。

数多くの過去問に触れることで、午前免除試験でも問題に見慣れた状態で挑むことができます。
独習ゼミを利用すれば、書籍や動画、過去問を中心としたwebテストを活用しながら、午前免除試験の受験に臨むことができます。

独習ゼミで午前免除資格を取得

2022年1月の午前免除試験に合格すれば、1年間本試験は午後のみ受験でOK

全国5都市(仙台・東京・名古屋・大阪・福岡)で試験を開催

午前免除試験の費用(2,000円/1回)は弊社が負担します

「午前免除のメリットはわかったけど、合格できるか不安・・・」

独習ゼミでは午前免除対策だけではなく、「基本情報技術者試験の合格」を目指せる学習コンテンツを用意しています

> 翔泳社書籍とwebテストを繰り返し、知識を定着

> 対策本の著者が登壇する解説動画が170本以上、ひとつひとつ理解できる

> 2023年4月以降の新制度にもいち早く対応 !

> 受講者限定の無料特別講座にもご招待

独習ゼミコース一覧

午前試験のみ対策

午前対策コース

27,280円(税込)

午前免除試験をオトクに利用するならこのコース!

午前・午後試験どちらも対策

総合対策コース

43,780円(税込)

新内容の午後試験も対策するならこのコース!

11000
OFF
学生限定の総合対策コース

学割コース

43,78032,780円(税込)

学生限定!総合対策コースがお得に!

通常価格から11,000円OFF!

本コース対応の午前免除試験(2022年12月/2023年1月)につきましては、
紙媒体による試験での開催を予定しております。
※今後IPAにより試験の変更・中止などの指示が出た場合は、その指示に沿い対応を行います